カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

キム・ジェウク,俳優+ミュージシャン'魅惑の二重奏'

☆osen.mt.co.kr

「タルジャの春」では市場のお兄ちゃん
「コーヒープリンス一号店」ではウェイターでした



<OSEN=イ・ジョンア記者>
ぜい肉一つなくスリムなスタイル,ウェーブ陣短い髪,大きな目が自ずと人々の視線をかき集めるこの男,キム・ジェウクが自身の魅力を精一杯入れたポスター一枚で女心を揺さぶった。

キム・ジェウクは24,25日ソウル,芳夷洞(バンイドン),オリンピック公園で開かれる'グランドミントフェスティバル2009(以下GMF2009)'の'フェスティバル行き'に選ばれた。 'フェスティバル行き'としての初めての任務,予備観客らの視線をひきつけろ。 それが最初の任務ならば彼はこの任務をとても立派に消化して出した。 緑色うねる芝生に座って本を読む彼の姿は自然と一緒にする暖かいフェスティバルというGMF2009の情緒をそのまま見せた。 '草食男'が押し寄せるというこのフェスティバル,そのフェスティバルの適任者でそれ位の人がまたあるだろうか。

#草食南二(ナミ)という話...初めには別に

キム・ジェウクは全身に秋香りをいっぱい抱いてインタビュー場所に現れた。 白い顔にウェーブ陣頭がより一層フェスティバルを思い出すようにさせる。 このフェスティバルが'草食男'らがたくさん訪れるといったからキム・ジェウクはそのまま草食人を代表するように考えられることもした。 彼はこの'草食男'という話に対してどう思っているだろうか。 '草食男'は事前的には'男性らしいということ(肉食的)を強くアピールしないのに主に自身の関心分野や趣味活動には積極的や異性との恋愛には消極的な男性を称する言葉'と説明されている。

キム・ジェウクは"草食南二(ナミ)という話をこのフェスティバル ガイをしながら初めて分かったが初めにはその単語自体が若干弱い感じが出る単語なので否定的に考えた。 ところで意を解かってみるから納得が細い面もあった"と話した。

俳優キム・ジェウクが音楽フェスティバルの広報大使役割を受け持ったという事実は彼がどれくらい音楽が好きなのかを分かればさらに理解が出来る。 彼はウォルロスというバンドを作って音楽活動をしている。 今回のフェスティバルで初めてウォルロスの公式舞台をリリースする。 彼は"音楽祭りを本来好んだしバンド活動をした時期であった。 初めて(フェスティバル行き)提案を受けた時は出てきてよく合うか心配をしたが多くの方々が上手に出来るといって勇気を得た。 拒絶したら素早く後悔をするところだった"として今回のフェスティバルに対する強い愛情を隠さなかった。

#私たちのウォルロス

果たしてウォルロスはどんな音楽をするバンドであろうか。 外部にあらわれた事実がなくてより一層気がかりなことをかもし出す。 同じ学校先輩,友人と構成したこのチームはチームの名前だけでも何度も変わった。 そのようなビハインド ストーリーがなぜかウォルロスをさらに身近に感じられるようにさせる。 キム・ジェウクは"このように大きい舞台は初めてであるから負担はなる。 ところでその負担が大きくはない。 失うことがないチームの自由だということというか。 舞台で上手にしてできなくての負担より準備過程で負担になるのがある。 ちょっと簡単に鋭敏になる性格で何の仕事をする時自ら疲労するようにする方だとそうだ。 意外に舞台舞台上に立つ考えれば興奮になる。 この程度規模の公演は初めてだが公演はしてみたことがあってその感覚は知っている"として自信を見せた。

歌を歌う時は果たしてどんな声か期待されるといおう"歌を歌うのが好きではない。 大学行く前までは好んだが大学に行っては歌には興味がなくなった"という意外な返事が帰ってきた。 彼のこうした話に後ほどある関係者は"話はあのようにしても歌とても上手にする"と親指を褒め称えた。

モデル出身で演技をしてまた音楽を愛するというキム・ジェウクの話を聞いていようとすればこの前にアルバムを出したイ・ミンギが浮び上がった。 イ・ミンギと親しい方かとしよう"(この)ミンギがとても純粋だ。 恐れがなくて計算をする方法も知らずにそうだ。 事実その他を教えてくれときていた。ところで一二度オーダーとかさらにアノドラ"と話して笑いをかもし出した。

#が男の趣味

こういう男は休む日何をして余暇を送るのか気になる。 この頃は主に家にいる時間が多いんだ。 新しく人に会う方でもない。 以前にはCD集める趣味があったがMP3時代になってどうしてもそのような趣味はちょっと減った。

それと共に彼が挙げたもう一つの趣味は本を読むことだ。 "しばしば読みはしないのに最近ではパウロ鼻エル料の'ポロトベロの魔女'をおもしろく読んだ"という彼の話にこの本がたちまち読んでと思われた。 パウロ鼻エル料の作品をそのように好む方ではないがこの本だけは既存の彼のスタイルとは少し違った,余白が感じられて良い。

#演技-音楽ができるという事実に感謝

キム・ジェウクはどんな俳優よりシックな魅力があふれる俳優だ。 もちろん'風の国'という史劇をしたのだがそれでも彼が演技する人物は全部都市で生きて息をする主人公らのようだ。 自ら自身を見た時も都市的な指向が強い人なのか,でなければ意外に田舎の感性がいっぱいである人か尋ねた。

どんな質問をしようが率直によどみなく話すことがすがすがしいという感じを与えたキム・ジェウクはこの質問にもやはり"都市をより好きだ。 普通年を取れば空気がきれい田舎に行って小さい家作って妻,子供と生きたいというのに私は今のところは都市がより良い。 旅行に行っても休養地よりは都市に行くほうだ"と打ち明けた。

無理に急激な演技変身をしなければならないという強迫観念のようなものもない。 誰でも上手なのがあって極大化させたい長所があるだけに(もちろん完全に違ったことに対するのどの渇きはあるが)今自身ができることに対して考えを集中している。

音楽,演技どんなものがより良いかと尋ねよう"二種類一丁も度が過ぎたくてそのようにすることができる環境に感謝する"という彼らしい返事が帰ってきた。

# 9年を洗わなかったジーンズ

このようにスタイルが良い彼に"平常時にはどのように着て通うのか?"と尋ねよう"そのまま,気楽に着て通うけれど。 私は服を着る時誰によく見えたいからというよりは私が着たいから着る。 私が気分が良い服が良い。 服は分けはしないのにシンプルに着るほうであるようだ"と話した。

ふと映画'エンティク'試写会当時話題になった衣装が浮び上がった。 一部では"魔術師のようだ""オダギリでしょうスタイルか"として驚くこともした。 当時服を着る時何を考えたかとしよう"みな以前に山 内服だ。 ところでスタイルが平常時に着ることより公式席上で着れば良いそうだった。 ところで舞台がちょっと大きかった"として笑った。

気楽なスタイルが好きな彼だが一つ,守ることがある。 ジーンズを洗わないことだ。 ジーンズを洗濯をすることになれば形が変わる。 一番永らく洗わなかったジーンズは約9年間洗濯をしなかった。 "全く気にかからない"でこのジーンズに対する愛情を説明することができる。

キム・ジェウクは本当にさっぱりしながらもおもしろい。 自ら考える時どんな姿が最もすばらしいようかとしよう本当に意外な返事が帰ってきた。 一度清掃を始めれば非常に永らく真心を込めて清掃をする。 請願所,大掃除で分けて清掃をしていればはい,五時間程度がかかる時もある。 このように精魂を込めて清掃をし終えてタバコを漢大咲いてきれいに片づけた寝室に行ってみて台所に行ってみてしながら見回せばそのように満たされることはできない。 まさに,そのような自身の姿が素晴らしいと考える時があるということだ。 また清掃をしながら考えもたくさん整理する。 考えはシャワーをしながら水の流れをむかえながらもたくさんする。 この時は4年前に考えたメロディ,1,2年前に友人に聞いた助言も突然浮び上がる時がある。

こういう愉快なフェスティバル ガイが話す祭りを楽しく楽しむ方法はまさに酒を飲むことだ。 酒を楽しいほどまで飲めば祭りは申し分なく幸せな思い出になるだろうというのが彼の助言だ。 こういう彼と共にする祭りがどうして楽しくないだろうか。 今回の祭りを成功的に開催してウォルロスロソも初めての公演を終えて次には良い作品でファンたちを訪ねてくるというキム・ジェウク,彼の明日は今日よりさらにおもしろくてさらに独特だと思うという感じがする。

happy@osen.co.kr<写真>ユン・ミンホ記者ymh@osen.co.kr 2009.10.16 07:52
by kazem2 | 2009-10-16 08:40