カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[PIFF]'小さい池'ムン・ソングン,"ソン・ガンホ 分けて記者会見

☆cbs.co.kr
e0109292_22425562.jpg




ノーカットニュース映画チーム ファン・ソンウン記者

"論争をしたくない。 こういう観点があるということをそのまま受けてくれ。"

テーマがあるニュース第14回釜山(プサン)国際映画祭安城(アンソン)用ポイント ニュース'ついにみな集まった'ホ・ジョンム号,'パク・チソン シフト'点検アナログ感性'最後の20分の間話す'キム・サンギョン・キム・ソンス,同じ配役で初めての演劇外出1950年7月,忠清北道(チュンチョンブクド),永同郡(ヨンドングン),黄澗面(ファンガンミョン),老斤里(ノグルリ)の悲劇的事件を土台に作った映画'小さい池'が多くの困難終わりにいよいよ光を見ることになった。

ムン・ソングンは12日午後7時30分釜山(プサン),海雲台(ヘウンデ),センタムシティ新世界文化ホールで開かれた'小さい池'分けて記者会見に参加して"老斤里(ノグルリ)被害者らがくやしさを訴えて50年がすぎてAP通信の報道で知らされることになった"として"容易ではない映画なのに投資をして,参加した多くの方々に映画を作ることができるようになったのに感謝申し上げる"と話した。

'小さい池'はとても重くて,貴重な主題を含んでいるだけでなく社会的波紋も予想される作品だ。 イ・サンウ監督は"絶対的客観はない。 また作業する人の主観が入らなければならない"として"客観,主観を離れて時代良心,または時代正義が優先視されたし,こういう観点があるということを受けてくれたら良いだろう"と説明した。

だが俳優らは予想とは別に"とても楽しく撮影した"という所感を伝えた。 キム・レハは"映画内容が重くて大変だが,避難民がわけも分からなくて死ななければならない内容"としながら"川辺で魚を釣ってメウンタン沸かして食べて時間を過ごせば撮影するなど遠足出てきたような雰囲気であった"と伝えた。

何と50人が主演のこの作品は'老斤里(ノグルリ)事件'を映画化するという趣旨に俳優らがノギャランティーで参加したし,故パク・クァンジョンの遺作でもある。

ムン・ソングンは"映画が産業であることは宿命だ。 必ず作られればという映画らが作られない場合をたくさん見る"として"後輩らに薦めてはいないが以心伝心でよく分かることと考えた"と伝えた。 引き続き"各自日程に合うように参加した。 ソン・ガンホはぴったり一度来て行ったが現場ではそのような俳優を王族といったし,初めから最後まで出てきた前奴隷と呼ばれた"と笑いを見せた。

イ・サンウ監督は"キム・レハが撮影途中結婚式を挙げたが(式が終わって)撮影会場近隣に旅館を捉えて初夜を送るようにした。 その翌日には夫人も共に出演した"とエピソードを伝えたし,"詩録音する時パク・クァンジョンが病院に行ってみなければならないようだとしはやくしようといったことがある。 その日入院したが結局遺作になった"と胸が痛かったエピソードも公開した。

民福期は"劇中避難を行く道にパク・クァンジョンが家族に行かなければならないとし離脱する場面がある"として"映画を見てパク・クァンジョンを記憶できるというのが気持ち良い"と追慕した。

一方,'小さい池'は今年の下半期に正式開封される。

jabongdo@nocutnews.co.k r 記者2009-10-12 22:08
by kazem2 | 2009-10-12 22:40