ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ ”感情の職業”としての感情の伝達

☆asiae.co.kr



<アジア経済新聞コ・ギョンソク記者>
イ・ミンギは独特の俳優だ。 極めて平凡な3次元の青年のように見られるが時には突然に4次元の世界へ陥る。 理事が好きで,一戸で11ヶ月以上山ことがないという話やオーディションに出て行って,一言しなくて出てきたというエピソードはイ・ミンギを平凡という(のは)単語で一歩落とす。

善良なように鋭い目つき,視線と事故(思考)の指向するところが違ったような互いの行き違いはイ・ミンギをより一層'4次元'の世界へ追い詰める。 しかしそのすべてはイ・ミンギが持った一部分だけのことだ。 すべての人々が何か独特の面を持っていて,よく表わさないことと違い彼の個性はとりわけ眼差しによく付くだけだ。

◆ '海雲台(ヘウンデ)',イ・ミンギ最高の演技

映画'海雲台(ヘウンデ)'はイ・ミンギが自身の3次原籍魅力を遺憾なく発揮した作品だ。 以前作品らで見られた'とんでもないイ・ミンギ'はこれ以上ない。 キャラクターの変化のためだけではない。 前作'おいしいマン'と'海雲台(ヘウンデ)'そして最近封切りした'10億'を通じて,演技のスペクトラムが順次広くなっているためだ。 そのうち'海雲台(ヘウンデ)'のイ・ミンギは非常に注目するに値する。 緊張と弛緩の柔軟さという側面でイ・ミンギ最高の演技ということができるためだ。

イ・ミンギは'海雲台(ヘウンデ)'出演を提案受けた時"通常の映画と同じ考えだった"として'私が大作に参加することになったんだな'とする感情は全くなかったと話した。 "ユン・ジェギュン監督様が私に一緒にしようというと感謝しましたよ。 (正月)警句ヒョンドそうですごい俳優らが出てくると大作かよりしました。 私がすごい作業を一つより考えたりしたが結局究極的には一つのキャラクターを演技することだけでしょう。"

イ・ミンギは'海雲台(ヘウンデ)'を通じて"真剣で本当にのように見えてこそ自然なことだと思ったが必ずそうでもないということを知ることになった"と話した。 'おいしいマン'で緊張を見せたイ・ミンギは'海雲台(ヘウンデ)'で弛緩を見せた。 たびたび硬直していたイ・ミンギの演技が今は一層やわらかく見える。

映画'10億'のチョルヒ役は窮極的に'海雲台(ヘウンデ)'のヒョンシクと似た人物のように見られるがもう少しタフで純粋で人間的だと彼は説明した。 '海雲台(ヘウンデ)'をとって水を相手に苦労したのに続き'10億'ではオーストラリア砂漠で大変な余情(旅行日程)を終えた。 しかし彼は"いつまたそのような経験をしてみるか"として幸せな記憶だと話した。

◆俳優イ・ミンギ,歌手デビューする

"運が良くて,俳優になった"と幾度も話していたイ・ミンギは普段抱いていたミュージシャンの夢をかなえた。 ミニ アルバムを一つ完成したのだ。 11日発売されるこのアルバムの題名は'ノーキディン(No Kidding)'で海外有名ミュージシャンらが大挙参加したエレクトロニカ系列の音楽6曲が入れられる予定だ。 8日には釜山(プサン),海雲台(ヘウンデ)で開かれる'ビーチ パーティーウィーク アン ティー(Beach Party Week & T)'で最初の舞台を広げてみせる計画だ。

一時は"'私が何のドラマ主人公か'とする考えに音楽にどっぷり浸かって,演技を止めて音楽をするか考えもした"だが,そのように好む音楽が自身にあたえる意味に対しては"感情"と簡単に表現した。 映画も音楽もあるいは写真を撮ってもその全てのものは感情という単語で帰結されるという意味だ。 "いくらきらびやかな演奏を聞いても感情の変化がない時はむなしい"と彼は付け加えた。

イ・ミンギは映画'おいしいマン' '海雲台(ヘウンデ)' '10億'を通じて,成長しているだけに音楽をしながら少しずつさらに成長している。 音楽的成果が彼が好むコルドゥプルレイ,アクティクモンキース,マクシミリアン,ヘッカー,プレこの,フィーリングぐらいすごいのかが重要なのではない。 '感情の職業'として自ら感情を感じて見る人に感情を伝達できるならばそれで充分だ。 ひとまず'海雲台(ヘウンデ)'でだけ限定するならば,現在のイ・ミンギは'大成功'だ。

コ・ギョンソク記者kave@asiae.co.kr写真イ・キボム記者metro83@<(c)アジア経済&ストゥダッコム(stoo.com)が作ってきたオフライン演芸ニュース>記事入力2009.08.10 09:45最終修正2009.08.10 09:45 0 0
by kazem2 | 2009-08-10 10:48