ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Cover Story。。。外貌で犯人を捜し出すことができるか

☆news.naver.com



警察は観相学籍偏見を持って捜査する時むしろ混線をもたらすと言う. 連鎖殺人犯柳永哲の現場検証姿.

“私の目をまともに見て話して!”
映画 ‘殺人の思い出’からソン・ガンホ(迫頭だけ役)は自分の肉感が最高と信じる田舍刑事に出る. 彼は連鎖殺人容疑者に考えられる人々の写真を手帳に付けておいてした人ずつ召還する. 見るにも一様に険しい顔たち. こんなに自分の ‘目’を姜早夏や捜査夏至だけ, 客観的証拠を信じるソウル刑事キム・サンギョン(ソテユン役)に物笑いだけ受けるだけだ. ソン・ガンホはここにものともしなくて腕のいいという巫俗人を尋ねて犯人の顔を見られる方法を求めて, 犯人の身体的特性を類推して風呂場で潜伏勤務をするなどどんぶり勘定式で捜査をする.

最終容疑者は 3人. “ヒャングスックイはきれいだった”を叫ぶパク・ノシック(白光号役), のぞき見症患者リュテホ(ゾビョングスン役), 儲けてしなさいと言うにはすぎるほどハンサムな迫害である(バックヒョンギュ役). 結局朴津波が一番有力な人物に数えられるが, 観客はもちろん映画の中刑事たちまで美少年みたいな彼が果して天人共怒する連鎖殺人犯なのかホンランスロウォする. 映画は結局誰が犯人なのか現わさないでやや苦い後味を残したまま幕を閉じる.

‘堕落の烙印’に対する長年の信頼

無惨な犯罪をやらかした人の顔を見る時私たち反応はふたつに分けられる. 凶悪で険しい顔なら “それではそうなの, 犯罪やらかす観相だね”だと言って, 一般人と違うところない平凡な顔やハンサムな顔なら “いや, あんな人がどんなに犯罪をやらかしたの?”と言いながらノルラウォする. 殺人犯は本当に人を殺すほど残忍に生じたし, 詐欺師は嘘を食事するようにしそうな狡い顔であり, 強姦犯は変態性慾者みたいな姿であると思う. ‘犯罪をやらかす観相は別にある’と言う偏見を持っているのだ.

外貌で犯罪者を識別することができるという信頼は西洋人相学で長年の歳月続けて来た. 16世紀に暮した最初の犯罪学者であるデルだとポルタは犯罪者の身体的特性と犯罪類型の間には明らかな関係があると主張しながら “泥棒たちは小さな耳, 濃い眉毛, 小さな鼻, よく動く目, 鋭い視線, 起った唇, 長くて細い指を持った”と記録した.

人相学が科学の外被を使ってもうちょっと体系的に研究されたことは 19世紀末イタリア犯罪学者ロムブロソに義解書だ. 彼は犯罪の原因を身体的特性と結合した犯罪人類学の基礎を立てた. 彼は ‘犯罪者では’で頭蓋骨と帰依模様, 顔面の骨と額模様, 唇と歯牙, 髪の毛などが犯罪性をトックジングジッヌン重要な要素と指摘した. ロムブロソの後を引き継いで 20世紀初アメリカの人類学者E.A.フトンも ‘犯罪と人間’という著書で “背が高くて痩せた人は殺人者や強盗になる可能性が高くて, 倭小な人は窃盗犯になる可能性が高くて, 小さくて太った人は性犯罪をやらかす傾向が強い”と言った.
これらは観相と犯罪を連結する自分たちの理論を科学的に包装した. 幾多の事例を分類して, 統計を通じて体系化する過程で人相学が ‘科学的実証主義’を基盤とした学問なのを強調した. 人相学が主張する客観性を否定することができないようにしたのだ.

こんなに西洋の人相学が犯罪と観相の連関性を科学的に分析するところ集中した一方, 東洋の観相学者たちは個人の気質と犯罪の関連性に注目した. 東洋, 特に韓国の観相学者たちは ‘犯罪型’ 観相があると断定することはできなくても荒っぽい気質を持った顔型がいることを不正ではない. 犯罪者たちはたとえ外貌が平凡とかハンサムできわまりないとしても暴力気質が顔あちこちにあるというのだ. 特に強調することは目つきだ. 彼らは凶悪な犯罪をやらかした人は ‘百なら百’ 狂気じみた目つきを持っていると説明する. 世の中を騒がすようにした連鎖殺人犯たちの目つきもこれらの分析から脱しない(箱記事参照). 観相専門サイト ‘ペイスインポ’ 催筆陣代表は “犯罪者の目つきで瞬間的に狂気を読める”と “眉毛がすぎるほど短いとか瞳が中心にないで上下左右限り方へかたよった姿でも自分の性格が負けて犯罪をやらかす, かっとする性格を読める”と言った.

“観相と犯罪は全然無関”

しかし今日大多数学者と専門家は観相と犯罪の関連性は専務(全無)すると言う. 頭蓋骨の形象で人の性格や心的特性, 運命などを推正することができるという ‘骨相学’を含めた犯罪と観相の係わり合いに対する研究はもう 20世紀初に寿命をつくしたとまで表現する. 警察隊行政学科表彰院教授は “犯罪と観相が関連があるという主張は科学的根拠が全然ない. 警察官ひとりひとりの境遇で自分の経験を土台で犯罪をたくさんやらかす顔象を話すことができるものの, それを ‘犯罪をたくさんやらかす観相がある’と言うふうに一般化することはできない”と説明した. 切符教授は “犯罪に対する観相学籍接近が解剖学, 統計学, フィジオロジーなど多くの学問を動員してまるで合理的な科学であることのように包装するがこれは似以非科学”と付け加えた.

捜査実務でも観相と犯罪は無関係だと強調する. 一強力係刑事は “科学捜査を強調するこのごろ警察が ‘殺人の思い出’のように観相を見ながら捜査したら多分多くの人服を脱ぐこと”と言いながらソンサレを打った. 警察捜査研究員奥地型教授室長は “例えば ‘犯罪をたくさんやらかす顔’というふうに予断したあとは捜査に混線をもたらすから実務では容疑者の観相には全然気を使わない”と言った. 犯罪と観相(印象)の関係を教える ‘犯罪人商学’は捜査科目に含まれていない.

警察所属モンタージュ要員たちは外貌と特定犯罪はどんな関連がないと強調する. 中写真は火星連鎖肉である容疑者モンタージュ(左). 20世紀初盤ナチは観相学籍偏見に捕らわれた人種差別注意で数百万名のユダヤ人を虐殺した. 子供の目を通じて人種差別の虚構性を批判した映画 ‘縞模様寝巻きを着た少年’.

警察は 1999年から 1万1000余個の韓国型顔データを入力したモンタージュグラフィックプログラムを開発, 犯罪者の印象を追跡するのに活用する. データは顔輪郭と目, 鼻, ほお骨, ボール, 口, でんとなど 16個部位に 1000余個ずつなのに, 毎年アップデートされる. それでも警察モンタージュ要員たちも特定犯罪と観相の連関性を捜すことができないと言う. 科学捜査隊(CSI) 所属の一モンタージュ要員は “過去にはたまに犯罪型顔があったが今はそうではない. 性暴行やセクハラ事件はむしろハンサムでハンサムな犯人がもっと多い”と言った. 彼は “モンタージュ要員たちは自分の考えを描き出すのではなく被害者の陳述に注いで描き出す位観相学籍先入観に抜けてはいけない”と強調した.

観相学籍偏見は人種差別株の根源

犯罪と観相が科学的に無関係なのに私たちはわれしらず犯罪は特定外貌の持ち主がやらかす行為で認識する. こんな考えの基底には ‘美しいことはすなわち浮ぶこと’という偏見が落ち着いている. 覆して話せば見かけが美しくない人は悪漢人だろうという先入観だ.

問題は観相学籍偏見が先入観水準に止めないという点. 観相学籍偏見は対象のうちまくまで正確に分かって判断したことだと言うよりは第一印象だけ見るとか外貌, 写真など表で現われた姿だけ見て予断して下した決定だ. このように不器用な先入観は対象に対する理由のない不信と憎悪で拡大再生産される. 延世大史学科ソルヒェシム教授は “人相学が人種や階級を区別する表紙で使われる時それは差別を正当化する力強い年祭になることができる”と警告した.

人類は観相学籍偏見で人種を差別しておびただしい悲劇を経験した. 20世紀全般の人相学は外貌を指摘, 倫理的資質と連結するのに止めないで, 社会進化では及び優生学と結合して ‘堕落の烙印’が遺伝の結果と規定した. ドイツのナチは観相学籍偏見を収容して劣等な因子たちを ‘品種改良’ 次元でとり除かなければならないという反ユダヤ主義を掲げたし実際ホロコーストをほしいままにした. 東国大警察行政学と利潤号教授は “去る歴史が言ってくれるように人種差別注意には外貌で人の価値を判断する極端的な観相学籍概念が内包する”と指摘した.

私たちは今も観相学籍偏見から始まった言葉を思わず吐き出す. “あの人はよく遊ぶようだ” “初初しくてまろやかに見える印象だ” “顔を見たら性格が気難しいようだ”…. もちろん科学的根拠は捜してみることができない. 問題はそんな観相学籍偏見が罪もない犠牲者を作ることができるという点だ. 観相学籍偏見そのものが他人にやらかす儲けてすかも知れない.

※ 参考文献 : ‘西洋の人相学その長い影’(ソルヒェシム), ‘Crime and the Man, 1939’(E.A.Hooton)
手英和記者 scud2007@donga.com 記事入力 2009-05-13 12:05
by kazem2 | 2009-05-13 13:29