ANEMA E CORE


by kazem2

<   2008年 10月 ( 258 )   > この月の画像一覧



イ・ビョンホンさんインタビュー後期からあげます.

何回明らかにしたように,

すべてのインタビューが

すべて楽しいことではないです.

あるインタビューはしながら

早く終わらせることだけしてたい時もあります.

反対に特にインタビュー雰囲気が

好きになる場合もあります.

イ・ビョンホンさんインタビューがそんな場合でした.

一般的に俳優たちインタビューは

決まった日決まった場所(普通はカフェー)からするのに,

この日インタビューだけは別に日を取って

時間の制約を受けないで

イ・ビョンホンさんの会社事務室でしました.

おかげさまでコーヒーも飲んでタバコも吸いながら

かなり多い話を交わすことができました.



コーヒーを飲みながらインタビューする

イ・ビョンホンさんの表情からが楽に見えましょう?

イ・ビョンホンさんもその日インタビューを

すごく面白がったんですよ. ^^



(上の写真を含んで,

このポストのイ・ビョンホンさん写真は全部

金財宝写真作家様が取ってくださいました.)

私は今は本当に良い俳優と思うが,

初めにはイ・ビョンホンさんを俳優として

とても高く評価した方ではなかったです.

そうする '我が心のオルガン' 時から

俳優として本当に良い顔を持ったと感じたし,

'共同警備区域 JSA'と

'バンジージャンプをする'を相次いで見ながら

彼の演技力に感嘆し始めました.

イ・ビョンホンさんの演技はとても映画的です.

スクリーンにとてもよく似合う演技と言いましょうか.

その中でも '甘い人生'での

イ・ビョンホンさんの姿と演技は本当に立派です.

ところでその日イ・ビョンホンさんが

写真ポーズ酔う姿を見ながら

一つ面白い点を見つけました.

それはカメラを突き付ける時イ・ビョンホンさんが

左側顔を出すという点だったです.

まさに上のサジンチォロムです.^^

それで問って見たら,

やっぱり左側顔がもっと自信あるとなさいますね.

そちらが写真がずっとちゃんと出るんですって.^^

その日撮った写真を

後できちんきちんとよく見たら,

案の定,

ポーズ写真の場合ほとんど全部が

左側顔主としてなっていますね.

(やっぱりプロだ! ^^)

そしてそれを念頭に時間をかけて見たら,

確かにイ・ビョンホンさんは

左側顔と右側顔の感じが

ちょっと違ったりしますね.

左側顔の表情を支配するのが

感情を管掌する右脳というのを勘案すれば,

俳優たちは大部分左側顔が

もっとましさそうだという推測も聞いたんです.

俳優たちは自分が

ある角度でどんなに撮れるとちゃんと出るのか

あまりにもよく分かっている人々です.

イ・ビョンホンさんは演技経歴 17年目だから,

もっとそうですね.



この写真での感じは

'良いやつ悪いやつ変なやつ'で

イ・ビョンホンさんが引き受けた

チャンイのキャラクターの感じとちょっと似ていないんですか?^^

その日私に一番印象深かった

イ・ビョンホンさんの言葉は

下の部分でした.

==
"私は韓流熱風が吹いた時も, 日本へ行ったことがあまりなかったです. 実はハリウッド映画で役目を引き受けるのが ‘G.I.JOE’ 以後にもギェソックドエルジさえわからないのじゃないか. 私はハリウッドにベースを置いて東洋俳優にした回至ることをふるって見るという考えはしないです. 去る 17年間守って来た私のベースを捨てるということはあることもできない事です. この地で私が働きたい監督たちとともに話しあいながら映画やドラマを撮って, そうするうちにまるでボーナスのように良い機会がまた来て外国でできるようになればまたもう一度行って来るのです. 俳優として中心軸を移動するつもりはないです.”
==

ーそのすべてのものを含んで, 俳優としてこれからどんな道に行くようですか?

“私も彼なの知りたくて期待されます.(笑い) 誰か計画を問えば私はいつも無計画だと返事して来たんですよ. それでも私が何の考えもなく暮すのではないです. これから開かれる事に対して期待もあって心配もあるが, 思いもよらなかった配役を引き受けて, 全然予想できなかった状況が生じてするのがおもしろいと思います.”

ー生でできる偶然を楽しむ方ですね?(笑い)

“そうするようです. 私がちょっと徹底的で計画的なことのように思う方々がいらっしゃるのに, 事実は正反対に近いです.(笑い)”



これは事務室壁面にかかっていた

(来年封切り予定である)イ・ビョンホンさんの出演作

'私は雨降って一緒に行く'の英文シナリオです.

出るという中紅監督作品ですね.

き帳面にメモした字体が

ぴったりイ・ビョンホンさんスタイルですか? ^^

とにかく出るという中紅のシナリオは

指紋が本当に詳しいですね.
うん,

イ・ビョンホンさんの左側顔思う存分見たはずだから,

仕上げ写真は後姿でします.^^


<出処> イ・ビョンホンの左側顔|作成者移動陣
2008/10/31 01:54
http://blog.naver.com/lifeisntcool/13003692415
by kazem2 | 2008-10-31 22:36 | ragazzo
斗山にもノムノムノムあります
<ニュースにはファングジンファン記者>

31日午後ソウル蚕室野球場で開かれる 2008 三星 PAVV プロ野球韓国シリーズ SK ワイバンス ー斗山ベアース 5次戦競技の前斗山ファンが熱っぽい応援をしている.

More
by kazem2 | 2008-10-31 18:21 | News
<政策=資料> KTH(代表老態席)
オールスターは 31日, 自社が自体開発したモバイルゲーム ‘リアルビート’を SKTを通じて出市すると明らかにした.
‘リアルビート’はユーザーが直接バンドを構成してプレーするリズムアックションゲームなので, 状況によって躍動的に動くキャラクター演出と派手なエフェクトを通じてオンラインゲーム劣らないゲーム性を認められたヒット作だ.

More
by kazem2 | 2008-10-31 18:09 | Music
by kazem2 | 2008-10-31 14:09 | News
by kazem2 | 2008-10-31 13:45 | Movie
韓国映画が不況に陷ったし, トップスターの興行パワーはまっさかさまに墜落の中だ. 俳優, 製作者, 投資者, 配給社どんな誰も明日を壮語することができない時計制へのトンネルを韓国映画は経っている.

果して今韓国映画を導く学ぶ誰であろうか. 名前値が高い主要主演級トップスターに 2003年から 2008年まで最近 5年間映画出演頻度という定規を突き付けて見たら三種類の類型で分けられた. 演技に全力投球する ‘本業型’, 演技がすなわちビジネスである大作志向の ‘事業型’, 映画出演より CF撮影比重がもっと大きいとか似ている ‘トザブ(Two-Job)兄さん(型)’で分類された.
何より俳優の出演頻度は浮かぶスターと負けるスターの面々をひと目に見せてくれているし, 演技力とスター性に対する評価と大体的に一致する結果を見せてくれた. 韓国映画を誰が導くかに対する答もその中にある.


リ・ヒョンソク記者(suk@heraldm.com)
by kazem2 | 2008-10-31 13:31 | News
<多作と寡作 の間, 韓国映画を導く俳優は果して誰だろう.>

韓国映画が不況に陷ったしトップスターの興行パワーはまっさかさまに墜落の中だ. 俳優, 製作者, 投資者, 配給社どんな誰も明日を壮語することができない時計制へのトンネルを韓国映画は経っている. スターたちは “したくても出演する作品がない”と訴えて製作者たちは “スターたちを取りにくい”と泣き言だ. 派手なキャスティングを見てお金を入れた投資者たちは信じられない惨敗の興行成績表を抱いて “名前値信じるのがならない”とわめきだ. 一部映画俳優たちは TVで新しい足を向けるとかUターンしていることも最近成り行きだ.

More
by kazem2 | 2008-10-31 13:24 | News
2003年から 2008年まで 5年間映画出演編修が一番多い男女俳優は賀正優とハ・ジウォンで現われた.

賀正優は去る 2003年から現在までおおよそ 9本の封切映画に主演, または鋳造年給に出演した. 意気封爵を除いて現在撮影の中や封切り大気中の作品も 3編だ. その間ドラマも 2編を取ったし特別出演や端役, カメオで名前をかけた作品も 5編もなる. カムチァックツルヨンを抜いて株?助演に出演した映画, ドラマだけ 5年間おおよそ 14編だから一年ほとんど 3編に近い作品をしたわけだ. ここにはキム・キトック監督の ‘息’ ‘時間’のような芸術映画もあったし ‘追い手’ などの興行映画もあった. 賀正優が演技力とスター性を兼備した忠武路のブルーチップで浮び上がったのが決して偶然ではないことを見せてくれた.

More
by kazem2 | 2008-10-31 13:14 | News

韓国同性愛映画の行方

最近 '少年, 少年に会う''西洋骨董洋菓子店アンティック' 'サングファゾム' など同性愛を素材にある映画が観客との出会いを待っている.

韓国で同性愛映画が主類に上って来るまでは 10年の過ぎる時間がかかった. 同性愛を本格的に描いた映画は 1996年 '明日に経つ川'でさかのぼる. 薄才号監督の '明日に経つ川'は 2部 '家族'で同性愛を扱った. 観客たちは精敏(李大宴分)が同性愛者スングゴル(イインチォル分)と愛をケダルアガルの時, これが変態性慾ではなくお父さんの不在で起因したということを認めるのを監督は望んだ.

More
by kazem2 | 2008-10-31 13:05 | Movie

彼等が帰ってくる

‘韓流 4大天皇’と呼ばれてアジアを熱狂させた君の男, ベ・ヨンジュン イ・ビョンホン チャン・ドンゴン ウォン・ビン. 彼らがドラマと映画を通じて来年に 4人 4色に帰って来る. 韓流ブームの主舞台だった日本はすでに ‘4大天皇の帰還’に搖れている.

More
by kazem2 | 2008-10-31 08:25 | ragazzo