ANEMA E CORE


by kazem2

<   2007年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

美しい男

LEE BYUNG HUN
by kazem2 | 2007-02-28 08:03

[無題]

「孫っちの 小さき手をかり 雛かざる」

「緊張の 面持ちふかく 春をまつ」

「さくらさく 知らせ待ちわび 茶をすする」

「風光る 生駒の山の ゆるやかに」

「春時雨 帰り支度の 足ぬらす」
by kazem2 | 2007-02-28 07:53 | 趣のままに

美しい男

LEE BYUNG HUN
by kazem2 | 2007-02-27 07:53

[ピカソになる]

先日のTVで 画家の横尾 忠則氏のドキュメンタリーをやっていた 

横尾氏は グラフィックデザイナーでしたが 「ピカソ」をみて

画家になろうと思ったそうです

「ピカソ」の展覧会をみると 初期の頃の「ピカソ」は 普通の絵に

思えるが 順番にみていくと 「クスッ」と笑えてくる

同じ構図が 何枚もあり 色を変えてある

ご存知のとおり 「ピカソ」の絵は 有名です

私は 美しいとも思わないし 理解することができません

どうして 「ピカソ」には 「人」があんな風にみえるのか

「ベルナール・ビュッフェ」 「池田遥邨」は 私の好きな画家ですが

画風が 途中から変わってくるのです

二人とも「ピカソ」の絵のような 作風になっているんです

展示場で 画商に何故そうなのかを 教えてもらいましたが 

芸術家というのは 突き詰めたら「ピカソ」のような

絵を 描けるようになるんだなと思いました

どの絵がお好き?


「山焼きの カルスト台地に 春きたる」
by kazem2 | 2007-02-27 07:49 | 趣のままに

美しい男

LEE BYUNG HUN
by kazem2 | 2007-02-26 11:25

[夏物語] 韓国版

「夏物語」韓国版を 観てきました

この映画の BGMは「Yesterday when I was young」で

あるべきです

デコ ボコに感じていたものが 綺麗な正弦波を描くように

すんなりと物語が伝わってきました

ソギョン教授の家で この曲が流れてくるのです

電気屋さんで 二人で聴くシーンよりも先に 流れてきました

二人で聴いたこの曲 ジョンインに恋をした 

めくるめく ふたりの楽しい時 

ジョンインを感じることができる曲

長い間 ソギョンは 大事に 大切に心にしまってきたのでしょうね

勿論 エンディングにも流れてきます

あらためて 韓国版「夏物語」に拍手を送ります

Yesterday when I was young
[13] No.1737クリック
[SOURCE] Byunghun & Rubeurs
by kazem2 | 2007-02-25 20:25 | 趣のままに

美しい男

LEE BYUNG HUN
by kazem2 | 2007-02-25 05:53

美しい男

by kazem2 | 2007-02-24 07:42

美しい男

LEE BYUNG HUN
by kazem2 | 2007-02-23 08:13

[周波数]

人の感性をつくるものの一つには 無意識にその人が だしている

周波数があるのではないだろうか

チャイコフスキーを聴いている時に そう考えた

いろんな作曲家がいるなかで どうして私は 

チャイコフスキーが 好きなのか

「悲愴」の曲の楽譜を思い 無意識に

その人がよく使う音(周波数)があり それが

私の持っている周波数に 共鳴し合うんではないだろうか


絵をみても 映画を観ても 本を読んでも 作り手との周波数が

合うと 心地よく いい気分になる



「暖かく さくらのつぼみ ふくらみて」
by kazem2 | 2007-02-23 08:07 | 趣のままに