ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:俳句( 160 )

「五月雨て 認証で知る 肌の潤」

冬の間はハンドクリームを塗っていても 指に息をはきつけても
パソコンの認証に時間がかかりました
今は何にもしていないのに一発で認証をしてくれます
私の指は潤っているようです^^
by kazem2 | 2010-05-14 12:02 | 俳句 | Comments(0)

橿原神宮吟行

e0109292_2120195.jpg

「風薫 畝傍の麓の 大鳥居」

「静寂に 砂利音響く 春の空」

「春風に 神宮の屋根 輝きて」

More
by kazem2 | 2010-04-11 21:28 | 俳句 | Comments(8)

春昼

「弥生来て あわててめくる カレンダー」

「春昼の うたた寝の痕 くっきりと」

「悔しさを 涙に流す 春の宵」

More
by kazem2 | 2010-03-01 18:49 | 俳句 | Comments(4)

冬至きて

「蜘蛛の巣も いつしか消えて 冬籠り」

「柿の実の 甘さを知るや つがい鳥」

「冬至きて ゆずの香りに 温もりて」

今日はとても穏やかに晴れ渡り 気持ちの良い朝でした
自然になっている山の柿の木に鳥たちがきて 柿をつついていました
たくさんなっているのに 鳥たちがつつくのは決まっていました
鳥たちには甘い柿と渋い柿の見分けができるのですね
家に帰るとイ・ミンギssiよりクリスマスカードが届いていました
まっ赤な封筒です
雨に濡れないようにビニール製の袋に入っていました
ミンギの若い字に思わずニンマリ^^
日本語の訳も付いていますので 書いてあることはわかります
しかし ミンギのサインはいつ見ても読めません
私もミンギにクリスマスカードを送りましたが
メリークリスマスと書いたかしらと今気になりました
もし書いていなかったら ミヤネョ~ミンギ~❤
by kazem2 | 2009-12-23 20:00 | 俳句 | Comments(0)

干し柿

「色づきの 紅葉は上に 重なりて」

「干し柿の 並んで光る 軒の下」

「川べりの 落ち葉も雨に 流されて」

More
by kazem2 | 2009-11-04 08:07 | 俳句 | Comments(2)

秋時雨

「君歌う 恋のビートに 秋時雨」

「キラキラと 蜘蛛の巣光る 朝の秋」

「彼岸花 赤く揺れてる 逢瀬どき」

「イヤリング 揺れる音耳に 秋走る」
by kazem2 | 2009-09-30 08:31 | 俳句 | Comments(4)

秋晴れに。。。

「街路樹の 樫の実小さく 隠れおる」

「奴走る 地平線彼方 空蒼く」

「秋晴れて 風心地よく 天仰ぐ」
by kazem2 | 2009-09-19 07:47 | 俳句 | Comments(0)

休暇明け

「休暇明け 窓の風にも 癒されて」

「生爪の 剥がれて夏の 旅思う」

「赤とんぼ 群れて風向き うえしたへ」

今年の夏は ソウルの街を歩きたおしました^^
スニーカーではなくパンプスで歩いたのですが 
帰ってきて右人差し指の爪が剥がれそうになっていることに気がつきました
ソウルでは何回かつまづいたことはありましたが
足も痛くないので何とも思いませんでした
初めて生爪が剥がれそうになったので 爪は剥がさないで 
次の爪ができるまでそのままにしていました
昨日 新しい爪が出来たらしくて古い爪が自然に取れました
ソウルを一緒に歩いた爪なのでなんだか愛着がわいてきています
by kazem2 | 2009-09-02 19:06 | 俳句 | Comments(0)

ひとり旅

おはようございます
今朝のお目覚め いかがですか
今朝は 東海地方で震度6の地震があり津波も発生しました
こちらも先ほどまで大雨洪水警報が出ていましたが 今は解除になりました
遠くでパトカーのサイレンの音がします


「人ごみに 手ぶつかりて 夏の朝」

「夏旅に 心浮かれて サングラス」

「ひとり旅 話すことなし 扇子ふる」
by kazem2 | 2009-08-11 08:31 | 俳句 | Comments(0)

夏休み

「梅雨明けの 知らせも聞かず 葉月入る」

今日は8月1日
今日から私は一ヶ月の夏休みです
梅雨はまだ明けてなくて こちらでは大雨の警報が出ているところもあり
雨が降ったりやんだりしています
私は朝から美容院に行き 旅の支度をぼちぼちしようかなと思っています
by kazem2 | 2009-08-01 13:52 | 俳句 | Comments(6)