ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イギリス発"ノムノムノム"を観て

e0109292_13425666.jpg




シニカルなイギリスユーモアと違い ‘リアクション’でユーモアをプレゼントする韓国映画が印象的だったというヤーンヴェルナクックー世

去る 1月キム・ジウン監督の <良いやつ, 悪者, 変なやつ>(以下 <ノムノムノム>) ポスターがロンドン都心あちこちにかかった. そして一ヶ月余り後の 2月6日イギリス全域の 14個劇場で封切りした <ノムノムノム>の初週ボックスオフィスは全体 30位. 映画を見ながら字幕を ‘読むこと’に対して極度の拒否感を持っているイギリスからこれ位ならかなり大丈夫な成績だ. ロンドン市内メイン・ストリートピカデリーサーカスに位したシネワールドを尋ねた. <ノムノムノム>を捜したイギリス人の中には “他の映画が売り切れて, 仕方なく選択”一人々もいたが, ウェールズ首都カーディフでプランス語を教えているというヤーンヴェルナクックー世は “韓国映画を大型スクリーンで見られる機会が非常に珍しいから, わざわざ捜した”と言った. インタビューを終えたヴェルナクックー世はこのインタビューおかげさまで自分が韓国でスーパースターになるのではないのかをかえって心配して劇場を出た.

#映画はどうだったか.
=早く進行されるユーモラスな導入部が特に面白かった. 後半部に行きながら少し垂れた気がしたりしたが, 全体的にはとても良かった. 2時間が過ぎる長いランニングタイムを認識することができなかった.

#映画の中ユーモアコードをすべて理解することができたという話か. 英語字幕と実際スクリプトの間に省略された部分が多くて韓国式ユーモアがまともに受け入れられるか少し心配になったりした.
=実は 1年余りの前韓国にボランティアにとどまったことがある. それで韓国式ユーモアに少し慣れるかも知れない. 韓国式ユーモアはシニカルなイギリスと違い ‘リアクション’で大きな笑いを与えるようだ. とても愉快だ. ‘変なやつ’が ‘良いやつ’の家に行った時ロープに乗って逃げだす追い討ち場面が特に印象的だった. なにしろ変なやつさえ出れば笑いから吹き出た. 彼が指鬼というのが分かる前までだと言うが.

#韓国にあるうちに韓国映画を見る機会もたくさんあったようだ.
=(笑い) あまりなかった. 英語字幕とともに映画を上映する劇場がほとんどなくはないか. ビデオや DVDで何編を見たりしたが題目は記憶が出ない.

#三名のキャラクターに対して話して見よう. 特別に気に入るキャラクターを指折ることができるか.
=結末を持って類推して見ようとすると, 監督は人間は処された状況によって良いやつも悪いやつも変なやつもなることができるという話をしたかったようだ. しかし前の二つのキャラクターでは大きな共感を得ることができなかったのが事実だ. 私は変な奴が良い. 三中一番複雑なキャラクターだと良かったし演技もとても立派だった. この役目を演技した学ぶ韓国で有名なのか?

#三名皆とても有名な俳優たちだ. 映画はいくらよく見る方か. アジア映画も楽しんで見るか.
=劇場はひと月に二度位捜す. 私はいわゆる芸術映画が好きなピョンインダ. 特にグス半分サント監督の作品を愛する. アジア映画はよく見ないがワングがウィの作品が記憶に残る. 実は西洋人たちに劇場封切りするアジア映画は芸術映画か (作品性を認められた) 独立映画という認識が強い. ワングがウィの作品は当たり前にも芸術映画の範疇に飲むがイソリョングあるいは最近のイヨンゴル, ジャキチャンなどが出演する武術映画も場面たちだけおいてみれば非常に ‘芸術的’ではないか? <臥虎蔵竜>もそうで言葉だ. <ノムノムノム>のいくつかの場面たちも近来見た映画の中で一番印象的だった.

#<ノムノムノム>はミザングセンが本当に美しい映画だ.
=そうだ. 色感も良くて, 照明も良かった. いくつかの場面たち, 言わば彼らがお互いに追って追い回される場面や決闘場面などはまるでよく作られたミュージックビデオを見るようだった. 適切に対比された明暗も良い效果を出したようだ. ところで監督名前が何と言ったか? 韓国名前は本当に難しい. (笑い)

#キム・ジウンだ. 彼の映画はミザングセンが立派だという評価をよく聞く.
=その点が私がこの映画が好きな理由だ. カーディフに帰ればインターネットで検索を必ずやって見なくちゃいけない. 機会になったら彼の他の作品も見たい.

文 : 手主演文 : 2009.03.11 シネ21より
by kazem2 | 2009-03-11 13:38 | kim jee woon | Comments(0)