ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

気がつくと春

「暮れなずむ 時も明るく 春を待つ」

「立春の 祝い準備の 天満宮」

「編み物の ふぞろいな目に 暖を入れ」



日が暮れるのが遅くなりましたね
ついこの間まで夕方5時には真暗でしたが 今はだいぶ明るいです
季節はいつの間にか春です

車で10分ぐらいのところに 名前を書けばすぐわかるぐらいの
天満宮があります
いつも掃除が行き届いていて 人の気配がありません
もうすぐお祭ですね

今セーターを編んでいますが 目がふぞろいで 既製品のような
美しさはないのですが
ぼこぼこして見えるので 私としては気に入っています

そうそう 話は変りますが フォーリーブスの青山君がお亡くなりになりましたね
気が多い私ですから フォーリーブスも好きでした
特に青山君のファンでしたね
テレビや雑誌を見るぐらいのファンでした
万年筆提供の音楽番組は欠かさず見ていました
by kazem2 | 2009-01-29 17:59 | 俳句 | Comments(0)