ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エンディングクレジットに敏感になる俳優たち 

<OSEN=造景が記者>
今年は特にツートップ映画が盛況を成した. 上半期に男ツートップが主流をなしたしこれからスリトップまでつながっている. そんな場合株助演を計算することができなく皆が主人公で劇中でも対等な比重に出演する. しかしポスターの左右が存在してエンディングクレジットの先後がある. 主人公で思う存分映画を撮ったがエンディングクレジットの後発走者に名前が上がる場合あまり有り難くない俳優たちだ.
今年上半期は男ツートップを立てた映画が主類だった. 金尹錫賀正優の ‘追い手’, シン・ハギュンビョンフィボングの ‘もっとゲーム’, シン・ヒョンジュン許浚号の ‘最後の贈り物’, グァン・サンウソン・スンホンの ‘宿命’, ハン・ソッキュチャ・スンウォンの ‘目には目これにはこの’ などだ. 今夏には類例ないスリートップ映画で映画館通りが搖れた. すぐ映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’のソン・ガンホ イ・ビョンホン チョン・ウソンなどだ



その名前だけ聞いてもスター性と演技力において優劣を計算しにくいツートップとスリートップ映画の場合皆が主人公であるわけだ. しかしポスターとエンディングクレジットに名前の手順にしたがって ‘私が本当に主人公’と内心思うものと決まっている. だからポスターの名前の左右位置とエンディングクレジットに上って来る手順に敏感になる.
一映画界関係者に従えばポスターの写真の位置さえ敏感な部分だと打ち明けた. 一ツートップ映画の場合左右の位置, 上下着位置, 顔大きさの割合などで主人公だと思ったにも名前の位置や写真の割合が気に入らない場合該当の俳優がまさに抗議をすると伝えた.
この関係者は “ポスターやエンディングクレジットの名前手順に一番敏感だ”と “クレジットに名前が上って来る手順にとても敏感だ. それでその部分においては製作社監督投資者まですべて協議をして整理をして進行される. 概して監督様がどの位手順が明確に立てられればその順に俳優を説得して整理をする”と明らかにした.

“それでもエンディングクレジットで後に押し寄せて抗議をする場合にはマーケティングなどの他の部分でその俳優を押してくれることに合意をして決定をしたりする”と “また劇場にかける広報物を製作する時 5対 5で製作して配布する. 主人公の左右名前を変えたポスターを半々ずつ製作して同等に配布して広報する場合もある”と言った.

また重要なことはポスターで見えるビジュアルの比重だ. ツートップ映画の場合は 5対 5で公平に行くと. しかし ‘俳優の顔が正面なのか側面なのか’にも神経をたくさん使うからフォスター写真を撮ってデザインする時も多くの協議を経って神経をたくさん使うと付け加えた.
まったく同じな比重の主人公の場合長年の経歴に年がもっと多い俳優に対する礼遇でエンディングクレジットに先に上がるようにするように気配りする事例もあった.

crystal@osen.co.kr
2008-12-11 午前 8:21:29 [42]
by kazem2 | 2008-12-11 10:22 | Movie