ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

韓国映画 危機の時代 バルンソン チェ代表の話

<OSEN=造景が記者>
今年韓国映画界で一番多く出た言葉は ‘危機沈滞不況’だった. 韓国映画の危機論が申し立てられ始めたし現在韓国映画市場は沈滞と不況を重ねて体感している.
CJ CGVの映画産業分析資料によると, 1月から 11月まで全国観客数は 1億 3490万 303人で去年に比べて約 660万人が減少したし 2006年に比べては約 1500万人が減少した数値だ.
CGV側は “1月から 11月までのソウル累計観客数は正体状態ではあるが去年同期対比約 1万人ほど増加したことで現われて観客減少が主にソウル外地域で発生したことに推定される”と明らかにした.





メガボックスブランドマーケティングチームハドソンチーム長は “今年は最悪の年だった”と “観客数でも良くなかったし映画自らのラインナップも良くなかった. 外貨は例年位観客が動員されたが韓国映画の場合は倒れて観客があんまり尋ねなかった. 景気が良いでしょう抱いたこととウェルメイドした韓国映画がなかったということがかみ合って映画館通りに人がいなかった”と言った.
“しかし景気よりはウェルメイド映画がなかった部分がもっと大きかったようだ”と “景気の影響も受けるが文化生活を享受することで劇場は単価が安いほうだ. 景気の影響よりボールだけ韓国映画がなかったというのが一番丁寧なようだ”と付け加えた.

チェ・ゼウォンバルンソンピルルム代表は “‘ノムノムノム’を製作したことは映画人でとても良い経験だったが韓国映画界があんまり良くなくてそれなりに最善をすべてしたが力不足だったという考えがたくさんする. ‘ノムノムノム’がきっかけになって韓国映画界が観客たちに多くの愛を受ける電気になってほしかったがどの位も限界があった. 業界がますます難しくなる状況で製作社立場ではもっと良い作品を作る方法しかにないようだ”と打ち明けた.

“今嘆くよりは次の段階で何をしなければならないはずか悩みをしなければならないようだ”と “景気が難しくても良い映画は観客たちが見に来るという単純な命題を基本に思わなければならないようだ. 現在ボン・ジュノ監督の ‘マザー’を次期作で準備しているのに本当によく作ること外にはないようだ”と伝えた.

crystal@osen.co.kr

オンラインで受けるスポーツ新聞, デジタル無価紙 OSEN Fun&Fun, 毎日 3枚発行
[Copyright c。 韓国最高のスポーツエンターテイメント専門メディア
2008-12-09 午前 7:47:01
by kazem2 | 2008-12-09 09:11 | News