ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

韓国歌謡界 オフラインを圧倒するオンライン!

<マイデイリー = 林と記者>
e0109292_12504659.jpg

e0109292_12484815.jpg

全世界都市をツアーしてデジタル作品を紹介するグローバル映画祭である 'レスペスト映画祭(RESFEST Digital Film Festival)はグローバルセクションに 'ユーテューブつけるもっとビデオスター(Youtube kill the video star)'というプログラムを新設した. オンラインを通じる活発な動画の共有を象徴するユーテューブが MTV 時代を強打して遂に一番力強い媒体でぐんと立ったことを代弁する言葉だ.
ミュージックビデオ専門チャンネルで始めて現在はエンターテイメントチャンネルでその領域を拡大した MTVはマイケルジャクソンを含めてトップスターたちのミュージックビデオを放送してその名声をふるった. 80年代の初め 'ミュージックビデオ'に代弁されるいわゆる 'MTV'時代が渡来してラジオスターはビデオスターにその席を渡してしまった.






グループボグルスが歌った歌 'ビデオつけるもっとラジオスター(Video killed the Radio Star)'は 1979年に発表されて人気を呼んでかつて MTV時代を見越した曲で有名だ. 意味深長なこの一言は音楽が紗羅誌でビジュアルが脚光を浴び始めた 80年代歌謡界の大きな気流を一言で表現している.
我が国の歌謡界もこの流れを避けることはできなかった. 派手なパフォーマンスを立てた歌手たちが登場して歌謡界には世代交代の風が吹き始めた. 外国のようにミュージックビデオが歌手の成敗を割り始めたことは 1998年 '顔ない歌手'で登場した一新人歌手のミュージックビデオからだった.
その始発点はまさにチョ・ソンモの 'トューヘブン(To Heaven)'. 当時お金で数億円台の製作コストをかかってイ・ビョンホン, キム・ハヌルなどのトップスターたちを出演させたこのミュージックビデオは国内最初に試みされるドラマ他伊豆ミュージックビデオで歌謡界ミュージックビデオ市場に大きい革命を起こした. その後数十億製作コストが投入されたブロックバスターミュージックビデオがあふれて本格的にミュージックビデオ市場が活況を享受した.
それから 10年が経った今, ミュージックビデオは相変らずその影響力を行使しているか? "そうではない"と言うのが歌謡界内外の声だ. 歌謡界は今 '何'を見せてくれるのかより 'どうに' 見せてくれるのかがもっと重要になったからだ. 歌謡界はもうミュージックビデオではないティーザー映像と UCCにもっと注目している.

ある関係者は "'トップ'にあたる有名歌手の場合にも何百満員の製作コストでミュージックビデオを終わらせる場合をたくさん見る"と国内歌謡界でこれ以上ミュージックビデオが重要な役目をしていないと言う. それもそのはずなのが多くの製作コストをかかってミュージックビデオを取ってもあれほどの結果物が手に握られないからだ.
ケーブルチャンネルがミュージックビデオを振ってくれる名目で所属社から一定金額を受領するということは露に知られた事実だ. 地上派の場合には大部分プログラムが終わる時点にミュージックビデオを振るが, 企画社たちはこの機会が多くなくて所属歌手のミュージックビデオを振りやすくないと口をそろえて言う.
また企画社たちは千辛万苦の末にミュージックビデオを振っても願う位の效果を見ることは大変だと吐露する. 歌謡界ある関係者は "地上波 3社を統合して 15回 (所属歌手の)ミュージックビデオを振ったが広報效果は全然なかった"とこれを証明した.
歌手の広報手段を露出する経路として TVを取り替える立派な媒体がすぐ動画共有サイト, あるいはポータルサイトだ. 外国の場合ユーテューブという巨大動画共有サイトが形成されているが, 我が国は事実上ポータルサイトがもっと大きい市場を占有している. 誰も願う時期に, 願う動画を露出させることができるし, 早い時間以内に共有が可能だという点でこのサイトたちは放送社よりもっと效果が確かな媒体だ. こんな理由でオンラインサイトは歌手たちがカムバックを知らせる時愛用するチャンネルで落ち着いた. いわゆる 'UCC スター'が 'ビデオスター'を越す過渡期になったのだ.

80年代世代交代当時ビデオスターがラジオスターを殺した(Kill)なら, 動画共有の時代は既存のビデオスターを踏んで立ち上がったより, 音楽を聞かせるプラットホームの革新を起こしたと表現するのがもっと適当だ. メッセージ自体が変わったのではなく, 伝達するチャンネルがもっと重要になったのだ. それで何を見せてくれるのかに大韓悩みより, どんな方法で見せてくれるのかに大韓悩みがもっと必要だ.

約 2年ぶりにカムバックした歌手雨(P)がカムバックを知らせる手段で選択したことはミュージックビデオではない 'ティーザー映像'だ. 彼は後続曲 'オンリーユー(only you)' 活動を始めながらも間違いなく脱いだ上体を現わしたまま振付を練習する動画を公開してくちのうわさマーケティングを攻略した.
このような 'ティーザーマーケティング'を一番よく利用した事例ではワンダーガールスを指折ることができる. ワンダーガールスは去年 'テルミ'から今度 'ノーボディー'まで振付動画, 演習動画, オーディション動画, ミュージックビデオティーザー映像など幾多の動画をオンラインに露出させて関心を集中させた.
ビッグバンも正規アルバム活動を控えて '赤い夕焼け'のティーザー映像を公開して人目を引いたし, シン・スンフンはバラード歌手からモドンロック歌手に変身してその初歩をティーザー映像にテッダ. ソテジは約 4年ぶりにカムバックしてティーザー映像である '凶家動画'で初めて姿を現わしたし, 10年以上見せてくれなかったダンスパフォーマンスを公開する前にティーザー映像を通じて 'プジッデンス'を見せてくれた.
'ティーザー'という正確に好奇心を誘発するために調べることができないメッセージを伝達するという意味を盛っているという点で見れば厳密に言ってこの映像たちは 'ティーザー映像'ではない. UCC(User Created Contents)は使用者が作るコンテンツを示す言葉だからこの映像たちは UCCとできない. ティーザー映像も, UCCでもない正体不明のこの映像たちはただ歌手をもうちょっと知らせるために所属社で製作する映像であるだけだ.

現在歌手たちを保有した所属社たちはこのティーザー映像のために別に映像チーム一つくらいはみんな立てている. 運がよければこの映像たちは検索語 1位を抱かれてくれるとか音源購買に直結されるなどの特效を発揮する. オンラインで注目を引くとオフラインでラブコールを受ける場合もあまたある.
まるで 10年前歌手が活動を始めて当たり前の手順の一つでミュージックビデオを取ったのように, 今の歌手たちはアルバムをリリースする前ティーザー映像を取る. ティーザー映像,
UCC などは無視することができない存在になったのだ.

'私は問題なくて'にした時代を風味したし正規アルバムでまた帰って来る用意をしている歌手フオァン・ギュウヨンはティーザー映像とミュージックビデオを一緒に万たち計画をしている. フオァン・ギュウヨンの所属社関係者は "現在は構想中の段階だがミュージックビデオよりはティーザー映像にもっと多い比重を置いている"とこのような時代の流れに合わせようとする準備をしていると言った.

<雨振付動画, 80~90年代全盛期を享受したチョ・ソンモの 'トューヘーブン', (上のから). 写真=画面キャプチャ>

(林と記者 queen@mydaily.co.kr)
マイデイリー記事送信 2008-12-03 10:18 | 最終修正 2008-12-03 11:32
by kazem2 | 2008-12-03 12:46 | News