ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

トレンドスタイリストの憂鬱

<インタビュー> ‘服 装われる男’ 正園期イントレンド代表
♡新東亜記事

いくら理解不可能なことでも ‘これが流行です’と言えば話になる世の中だ. 不思議だ. ズボンの上に出た ‘パンツゴム与える’が沒常識に見えていながらも ‘トレンド’と言えばその瞬間果して個性あるように見えてとてもユヘングスロブゲ見えることだ. すべてのものを許すしか. 流行だというのに.
そのため ‘トレンドがトレンド’というものが出る. トレンドに対する本が零れ落ちて, トレンド分析がビジネスになる. 流行を創造する少数が芸術家の代わりをする. 絶えず登場した消えるトレンドの行列は燥症かかった時代の兆しだ. 心細い人々はどうしても流行の原因と結果を分析して理解したがる.
大韓民国のその多い流行が一体どこで始まって花火のように人々の派手な欲望を明らかにしてから消えるのか知りたかったら, 躊躇なしに私はスタイリスト正園期(39・イントレンド代表)を研究して見なさいと言うでしょう.





実は彼は雑誌や広告, 映画やドラマに登場するモデルや俳優に服を着せるファッションスタイリストであるだけだ. ボムがウル新しい服をお目見えするデザイナーも, トレンド效果を計算するエコノミストでもない. しかし何の何の経済研究所で数億円を使ってアンケート調査をして分析して発表する各種トレンド分析結果を不思議にも彼は ‘そのまま’ 分かる.

誰に何を加えてどんなネットワーキングを活用して, どの媒体を通じて ‘露出’すれば ‘大当り’になるか分かる. それはほとんど本能のように見える. 彼はメガトレンドやらナノトレンドやらする用語や ‘ダイアモンドコル’ トレンド拡散模型なんかにどんな関心もないが, ダイヤモンドとそれよりずっと高いスターたちの速成を毎日食べる若大根キムチと白菜キムチ味程よく分かっていてナノとメガ規模の流行を絶えず作り出す.

彼は子役タレントイメージを持っていたキム・ヘスに官能的なドレスを着せて女俳優に置き変えたし, 生半可だった ‘レッドカーペット’を映画祭の花で作った. 以後彼は大宗賞を含めたすべての映画祭でスポットライトを受けるスターたちに服を着せて来た. いや彼がスタイリングしたスターたちは言論とネチズンの注目を引く. ドラマ ‘私の男の女’で主人公を引き受けた 40代のキム・ヒエにランジェリールックとくらっとするハイヒールをスタイリングして大韓民国おばさんらに潜在していた欲望を現わしたように見えたことも彼だった.
彼の服を見れば流行の速成はもちろん人々の心理を読める. 他のスタイリストたちが前衛的で独創的なファッションビジュアルを作り出そうと思ったら, 彼は ‘今’ 大衆になりたがるワーナー費のイメージを見せてくれようと思う.

‘甘い人生’のオ・ヨンス, ‘オンエア’のソン・ユナと ‘オールイン’のイ・ビョンホン, そしてチャ・スンウォン, チョン・ウソンとイ・ジョンジェなど数え切れなく多くのスターに彼が着せた服とヘアスタイルとエティティユド(態度)は即刻でトレンドになってシンドロームを起こす. 彼が芸能人や有名人にこっそりかけてくれたバッグと靴はたびたびその翌日 ‘ソールドアウト’ になって業界の話題になる.

何より彼は韓国でスターマーケティングを見せてくれた最初のスタイリストで今もスターマーケティングで絶対的なパワーを持っている. 1998年彼が設立したスタイリング&広報会社 ‘イントレンド’(私の中にトレンドある!)と言うラルプロレン, ドナカと言う, マノルロブルラニックなどを含んで 38個のクライアントを持っているのに, ルイビトン, トーズなど韓国法人中に自体広報チームを持った多国籍企業たちもスターマーケティングが必要な時は彼を尋ねる. ちょっと誇張すればー 現場で彼の姿を見たらあまり課長ではではなければが分かるのにー 結局彼は世界的なロックショリブランド 100余個を ‘ひとり’ 広報する.

付け加えようとすると彼は韓国最初の男性スタイリストだ. 1993年 ‘スタイル’という単語が衣類業界でばかり使われた時代, 衣装学を専攻した彼はパリ研修から帰って来て広告代行社を尋ねた. 一番目関門は広告企画者にスタイリングが何やら理解させるのだった. 彼は広告のコンセプトに当たる服をモデルに加えることで広告效果を最大限いかすことができるという話をした. 今なら “そうではなければ一体どうする計算なのに” と言うに値することを彼は話してまた話した.

韓国版 ‘セックス恋人もっとシティ’

“髪を青く染色した, 真っ青に幼い男がいきなりねだったら荒唐だったんだ. 広告会社 ADはずいぶん長い間笑ったらそれでは電子会社広告をして見なさいと言った. モデルはパク・チユンだった. 衣装に対するアイディアはあふれるように多かったが, 服を用意するあてがなかった. 衣装協賛に対する概念もない時だった. 結局お母さんに ‘事業資金’ 500万ウォンを借りて必要な服をすべて買ってしまった.”
広告は一気に業界の話題になった. ちょうど収入自由化を通じて国内上陸を始めた名品ブランドとライセンスファッション誌たちが彼の感覚を目を注いだし, 彼はファッション画譜のスタイリストに名前を揚げ始めた.
そのごろポストモダニズムで騷がしくなった世界ファッション係はスタイリングの時代に入った. スタイリストは単純な衣装担当者ではなかった. スタイリングはファッションという材料で新しいイメージとビジュアルを創造する ‘芸術’で認められ始めた. 雑誌編集長は大部分一番すぐれたスタイリストになった. 服を作るのはデザイナーだが, ‘その上に美学的で社会的なテキストを加える人’はスタイリストであることだ.
だからスタイリストに必要な才能は大衆の欲望, トレンドの速成を突き通してそれを加えるのだ. 体系的に整理されたようではないが, 鄭代表はそれを持っている. 服と靴ダミーでいっぱいになった混沌のだんすで必要な服を鬼のように捜し出すだんす主人のように.

清淡洞の静かな韓食集に彼は両手に携帯電話を一つずつ持って入って来た. 約束時間から 20分頃経った時だった. 彼は来ている途中交通事故が起こったし, 職員一人が腹痛で病院応急室に載せられて行ったと言った. 彼は二つの台の電話で保険会社と病院にずっと電話をした. 何回の約束演技と遅刻にこのサンマンハムだって. しかし “私がこれが問題だ. 職員がそんなに多くても, 私がすべてのものをすべてしなければならないんですよ. ごめんなさい”と言う彼の顔を見ると不思議なことに一緒に心配になるのだった.

イントレンドのクライアントの一人が私にこんな話をした事がある.

“ イントレンドのパワーはたいてい正園期個人のキャラクターから出るようです. 普通韓国男性とは完全に他の感覚を持っていることにいくら謹厳なクライアントの前でも友達にしゃべるようにの話をするんですよ. 一応彼を見れば皆楽しくて. クライアントの不満な点があって担当職員を呼んだとしても直接彼が泣き面を作りながら入って来ればむしろ慰労をするようになります. 何でもあのように直接ぶつかって東奔西走するのに, 信じるスバックです.”

▼ 長い間放送もして, 新聞に文も書くのに相変らずインタビューはぎこちないようだ. 録音始めるから言いぐさが変わる.

“ファッションではなく本音を話さなければならないから真剣になる. とてもたまにこんな機会が必要なようだ. 色をなしてインタビューすること. 私をアップデートする機会と思う.”

‘主婦’キム・ヒエをファッションアイコンで

▼ 相変らず多い事をするようだ. 放送でよく見るようになる.

“ケーブル TVを固定で 2個進行してこの間一つで減らした. 最近にはグァン・サンウ・ソンテヤングカップル画譜, ビッグバンの画譜を進行したしチョン・ウソン, キム・ヒエなどの広告撮影をした. ソン・ユナさんとイタリアで開かれたファッション行事に行って来た. あ, 最近一番楽しかったのは大韓民国英雄朴兌換の ‘エスカイア’ 表紙を取ったの. 大好きだった.”

▼ 多くのスターに服を着せたが, 特に思い出す場面があるんだ.

“キム・ヘスさんの青竜映画祭レッドカーペットと ‘プラス・ユ’(キム・ヘス進行のトークショー. 毎度キム・ヘスの服が話題になったりした) スタイリング, スエをドレスの女王で作ったこと. レッドカーペットで彼女は美しさの絶頂だったないか. それでも ‘私の男の女’でキム・ヒエお姉さんをファッションアイコンで作ったのが一番記憶に残る.”

▼ セクシーな主婦の姿が今は当たり前のように受け入れられるが, おばさんを女の姿で見せてくれて論難もなった. ドラマの中行動ではなくその姿を直接見たらもっと衝撃だったことだ.

“主婦たちが言葉は言えなかったがまさにその姿がほしかったのではないか. 憧れる対象を
100% 真似ることはできないが誰を従うかは分かったのだ. どんな女性やセクシーな面がある. 男も同じだ. ‘私は気の毒だ’はそんなことは言ってはいけない. また女性は清らかさ, 知的な姿など多様な面を持っている. スタイリストに一番良い俳優は強い個性より千の顔を持ったヒエお姉さんみたいな人だ.”

▼ それでキム・ヒエさんの持って来た百たちがそれほどよく売れたのか.

“たくさん売った. スターマーケティングをして見れば, 韓国女性は特別に百に敏感だ. 一番先に, 大きく反応が来る. かばんは韓国で流行に一番敏感なアイテムだ.”

▼ 我が国のファッションマーケティングで一番重要なことが何と思うか.

“スターたちとスターマーケティング. 我が国だけではなく全世界が同じだ. 靴から自動車までスターたちが販売規模を決める. スターたちの口は姿が言論を通じて露出すればトレンドセッターたちがそれを真似って, 国内ブランドたちと市場ですぐコピーを生産して, そうして見れば国民が暮すのだ. サングラスやバッグは ‘国民アイテム’になる. 他の要素もあるがスターたちの動きは売上げとすぐ繋がれる.”

▼ ファッション購買をたくさんするブランドやデパートの VVIPはどうなのか. 彼らがトレンドを作ったりするか.

“デパートパーソナルショーファーを 2年の間したが, VVIPによって違う. 一部はすごく粹な感覚を持っているが, また無惨に田舍臭い人もいる. 特に自分の体形と当たらない服を 10~20年の間ずっと着て来た人々を見れば気に障る. これらの最大の問題は変化を恐れるというんだ.”
▼ 一般的に特定ブランドの行事にスターを呼ぶとか, 特定ブランドの服を着せようとすればスターは勿論でスケジュール取るマネージャーにまで ‘事例’をすると聞いた.

“私ではない. 行事に来て歌うとかそうなことがなければ礼金を与えない. 私のクライアントたちはブランド自体が世界最高だから, スターたちが自分のイメージを高めようと来る. 私を見て来たり. これが私の方式の ‘ヒューマニズム’だ.”

▼ 幾多のブランドが ‘身の上’を出してスターも多いのに, どうなのはシンドロームになってどうなのは無視される. どんな差があるのか.

“合が当たらなければならない. 演出者と作家, 出演者と衣装, 視聴者. 雑誌なら読者層と当たらなければならないし, 社会雰囲気も通じなければならない. 人々があの俳優にどんな姿を望むかどうかをたくさん悩まなければならない.”

▼ このごろ人々が願う姿はどうだか.

“ロックショリだ. ところで我が国の人々がファッションと流行にとても敏感でみんなロックショリするように見えるのを願うから, ちょっとおこがましい体たらくが出る. すべてまったく同じなロックショリだ. もちろんトレンドを従わなければならないが, 個性は残っていなければならないのに.”

▼ 最近 ‘オンエア’で作家に登場したソン・ユナさんのスタイリングをしたが, 他のドラマよりは ‘沈着’した.

“製作陣で劇中作家が劇中俳優たちより目立ってはいけないと絶えず要求した. しかしこのごろ回当り 1000万ウォン以上もらう最高人気作家なら俳優劣らないセルリブリティではないか. 作家はジーパンにシャツだけ着なければならないが. 作家は学んで見て死んだように見えなければならないというそんな固定観念がある. 作品して見ればそうなことがあって一人で焦れったがる.”

▼ ソン・ユナさんが特別に好きなようだ.

“ソン・ユナ, ヒエお姉さん, イ・ビョンホン, グァン・サンウ, キム・ジョンウン, スエ, チャ・スンウォン, チョン・ウソンすべて私を信じてくれて, 取りそらえてくれる(彼は誰がもし抜けなかったか何回かまた思った. もしか彼の言った誰が抜けたらそれは純然と記者の過ちだ).”

スタースタイリングを独占した秘訣

▼ 偶然に某俳優がレッドカーペットスタイリングをしてくれと鄭代表に切なく電話するのを見たことがある. 気難しいスターたちのスタイリングをほとんど独占した秘訣は何か.

“本気? しかし芸能人の中で大変にさせる人も多い. 私の本気をモルラズルの時私は悲しい. 親がいくらよくできなさいと話しても子がその心をモルラズはのとまったく同じだ.”

▼ スタースタイリングで成功することができなかった場合, どんな理由のためだろう.

“自分勝手にするからだと思う. 芸能人は自分のスタイルをあきらめるのが重要だ. もちろんスタイリストは芸能人と相談して妥協するが, スタイリストが自分も分からない面を見られるということを認めてくれなければならない. キム・ヘスさんは芸能人にファッションがとても重要だというのを人より先に分かったから新しいスタイルを提案した時喜んで受け入れた.”

▼ スターたちをイントレンドが独占したようにしたら, 業界に ‘敵’も少なくないだろう.

“そうなはずだ. 悩み苦しんだのは他人がすれば易しく見えるというんだ. 私の努力は見ない.”

▼ スタイリングをあんまり早くして, ‘直感’で動くようでそうではないか.

“はじめからそうだったわけない. これが 14年の年輪だ. スタイリングを長くしてためらってそうなことは自信感がオブオソだ. 私は服は 10秒中に選ぶが, 準備はずいぶん前からする. 今年末各種行事で俳優たちが着る服を研究の中だ.”

▼ 言論とネチズンが増える ‘ベストドレッサー’と ‘ワーストドレッサー’を決める. 鄭代表がスタイリングした俳優がワーストドレッサーになる場合もあったか.

“人がする仕事だから, 10回に 1回位ワーストになる. 悩み苦しむ. ベストがなにか. ‘普通’であることだ. そこをこっそり度が外れて ‘オーバー’に行けばワーストになる. ファッションでベストとワーストはハイヒールの高く差, アクセサリー一つ車だ. 普通を作るのが本当に大変なのだ. 私はには ‘足し算’のスタイリングだったが, このごろは減らす.”

▼ 鄭代表が言論によく登場するから ‘デッグル’もたくさん走る.

“本当にあって見ない人は分からない. 人身攻撃をする. スタイリストがどうして太っているのかこんな類だ. ‘(スタイリング) とてもきれいだったです’と言うデッグル一つで私の人生全体が成功したように嬉しくて, 本当に熱心に住もうと念をおすようになるということをネチズンは分かるか? 崔ジンシルさんと個人的に親しくはなかったが, 彼女が死んだという消息を聞いて本当にわあわあ泣いた. その心分かるようだった. 彼女が話さなくても.”

▼ 芸能界やファッション係が派手な位陰も濃いみたいだ.

“鬱病かかった芸能人が多い. 責任感のためなみたいだ. 私はスターたちに対する責任感, 広報を任せたブランドたちに対する責任感, 職員と家族に対する責任感に苦しむ. 毎日 6,7個スケジュールを支払って家に行く時ならむなしい. 夜明けに行事が終わればお酒をよく飲む. 健康にとても悪い. 芸能人たちも自分のイメージ, 人気, ファン, 家族に対する責任感に憂鬱になるんだ.”

▼ 服屋仮面私に服を選んでくれて着せてくれる職員と忽ち親しくなる. 考えて見れば変だが, 見知らぬ人の前で忽ち服も脱いで, 私の体の短所を打ち明けることだ. それでスタイリストたちが芸能人の私生活を一番よくつけない話もする.

“当たる. しかし秘密厳守は基本だ. 私が服を着せる人の性格上長短所も一番よく分かるようになるから偽りない関係になる. しかし体形や顔の短所を言うことも禁物だ. 芸能人たちが外貌に関して言えばいくら傷を大きく着るのか知っているか. 成形手術したことも絶対分かる振りをしてはいけない. スタイリストは自分が服加える対象を愛しなければならない. 私はスターたちを愛して, いくら年が幼くても尊敬する.”

“普通人々がきれいに着ることができる服が良い”

インタビュー中もうちょうどスター級に上がった某有名人から電話があった. 彼に参加を要請した行事の中で何を選択するか, その日どんなコンセプトに出るかを相談した. 鄭代表は一つの行事を選んで, 他の行事は ‘参加しないほうが良いだろう’と助言した. たぶん彼は鄭代表の助言によるでしょう.

▼ 彼もマネージャーがいるでしょうに, スタイリストがスケジュールを決めればマネージャーが嫌やがらないか.

“私はそうする. スターになろうとする人は最高の席にだけ行きなさいと言う. 二番目は必要ないと思う. スタイリストはライフスタイルも助言しなければならない. どうやって暮すのかによって感覚も, ファッションも変わるからだ. 私は服を心で作って, 目で報告, 手で感じるので愛する. コンピューターたたいて出ることができないのだ. 私は機械にして, そんなこと分かりたくもない. 未来にコンピューターが裁断してくれたまったく同じなゴム服を着て通うか心配でとても恐ろしい.”

▼ 去年フューチャリスムが流行った時もスタイリングをたくさんしなかったか. あの時ブァッダシピゴムと銀箔紙服にもトレンドはあるんだ.

“私のスタイルではなかった. 私はクラシックが良くてますますもっと好きになる. この前に正園期スタイリングはダンディズム, 派手なカラーに要約された. アバンギャルドと変なのを好きだった. 今はラルフローレンのバイコジャンパー, イブセングロラングのルスモキングゼキッ, ラングバングドレスみたいなクラシックアイテムが良い.”

▼ 年が入って行くという話ではないか.

“普通人々がきれいに着ることができる服が良いという話だ. そんなファッションがクラシックになる. 大韓民国が外貌地上株の共和国になった. ラングバングのデザイナーエルボアルバズが分かるか. 私と似ていたと一緒に写真がインターネットにたくさん浮かぶ. 彼や私のように醜ければ, 可愛ければなる. ハンサムではなくてもこんなに素敵に着ることができる. 世の中にきれいでハンサムな人だけ住むことができない. 私がその代表走者で人々に希望も酒庫スタイリングもしてくれたい.”

▼ 40人近い職員とそのように多いブランドとスターたちの仕事をして見れば, 一人でフリーランサーしたこの前が懐かしいかも知れない.

“今は止めることもできなくなった. 5年前くらいに帰りたい. 初めを除いて. その時はとても大変だった. お金も儲ける事ができなかった. スタイリスト補修があんまり小さいから. 私は完壁主義者なのできれいなことあればすべて私のお金ででも四書スタイリングしなければならない. レッドカーペットに女俳優たち靴は私が住んでシンギンダ. 彼女たち足が小さくてサンプルが当たらない. 投資と思う. お金がなくてその靴がはかせる事ができなかったら事ができなかったんだ. 私の腹立ちまぎれにで.”

▼ その多い女靴をどんなに処理するか.

“集めてから年末慈善行事で競売する. そのように服と靴などを売ったお金は現代牙山病院心臓病手術患者に寄付する.”

彼がスタイリスト初年生である時は服を借りようとすれば売場やデパートではなく服工場まで行かなければならなかったと言う. 自動車もなしに外れ服工場に服を借りに通っている途中雨でも降れば, もし協賛バッウンオッが濡れようか服かばんを口にかんで聞いて傘を書いたと言う.

おしゃれたちは体が痛いと正常

▼ 今一番難しい事は何か.

“人と人が会う事だから, 相変らずそれが難しい. 一月に十回は泣く. 涙ちょっと流すのではなくわあわあ泣く.”

▼ 言わば裏切りみたいなことか.

“当たる. 小説 ‘白痴アダダ’ 知っているか. 無惨によくしてくれた夫が住むに値されるからアダダを裏切ってまた他の男にも捨てられる. 私が最善をつくしたが, スターになってぽん満ちる人々. これが世の中で一番大変な事だ. それでそのまま食べ物作る食堂をしたい. 食べ物, 旅行, 音楽, 映画すべて好きだ. うーん, やっぱり 1位は服だ.”

彼は毎日開かれるようにするファッションショー場にあって, 毎日広告とドラマから出るスターそばにある. 画譜撮影場では一日中カメラと服の間にある. それでインタビューのために会おうと言った時, 彼が ‘好きです’と言う文字メッセージを送ったから, 難しくないように彼に会うと思った. しかしおおよそ2ヶ月が経ってから彼を見られた. 彼は東京とミラノで, また東京に行かなければならなかったし, 息忙しく回る清淡洞どこかに毎日つかまっていた. 彼がミラノへ行ってしまった後こそ分かった. 彼がその自分のための時間は全然持っていないということを.

私の職業は他人に光を与えること

“私の職業が他人達に光を与えるのじゃないか. 私のインタビューなのに, 思うから他の日程後でずっと滞るんですよ.”

彼は私が生まれて初めに見た模様のネクタイ, すなわち結び目がないネックレス模様にしわがふんだんなビビアンウェストウッドのネクタイにバルレンティノ−のダブルブレストボタンジャケットを着ていた. 鄭代表みたいな体形にはダブルブレストボタンを着ないと言う蟹スタイリング原則ではないかと問った.

“スリムしたダブルは大丈夫です. 身にぎゅっと当たるように着ることだ. 血が通じなくて, 肉が出るほどにぎゅっと当たるように. 格好よいという言うことを聞きやすいんでしょうか, おしゃれたちは体が痛いと正常です. 女達はハイヒールはかなければならないし男たちは必ず締めるようにスーツを着なければなりません. 私は春に冬コレクションお目見えすれば入庫, 秋に夏コレクション服着ます. 早く着たくて. それで 1年始終風邪を効いています. ところで東亜読者がこんな話を面白がろうか.”

▼ このインタビューが ‘新東亜’に積まれるともう申し上げた. 時事月刊誌新東亜が分かるか.

“そうですよ, ‘ゾングァチェック’ 雑誌じゃないか. 知性人たちの前と.”

キム・ミンギョン週刊洞よ編集委員 holden@donga.com
記事入力 2008-11-25 11:35
by kazem2 | 2008-11-25 12:32 | ragazzo