ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

冷え切った忠武路(映画)さてお茶の間はどうか

興行酷寒期に迎えた忠武路映画版人々がテレビ劇場で押し寄せる.
クァク・キョンテク監督が直接使って演出するドラマ <友達, その終える事ができなかった話>は撮影が秒読みに入って行った. ハリウッドで活動中のカン・ジェギュ監督が “アメリカドラマの競争力は映画産業との有機的結合にある”と言う悟りで企てた <アイリス>の製作歩みも早くなっている. スクリーンだけ照らしたカメラ・照明監督とスタッフたちが ‘映画みたいなドラマ映像’を作るために跳びこんで, イ・ビョンホン, ユ・ジテ, シン・ヒョンジュン, ソ・ジソブなどスクリーンスターたちも相次いで帰還する.








‘忠武路産’ ドラマの波は視聴者たちの目と耳を気が向くようにするが, 放送版の現実はすごい. 世界的に指折り数えられる ‘ドラマ王国’を構築して来た国内放送ドラマ産業が不況で類例ない寒波にあうことに予測されるわけだ. ‘忠武路産’ ドラマたちがこんな難しさを踏んで笑うことができるか? 今年の年末から来年上半期まで放映予定である忠武路産ドラマたちをあらかじめ調べて見た.

■ ドラマに魅入った二人の監督=<友達, その終える事ができなかった話>(真因社フィルム製作)は 7年前 800万観客を動員した映画 <友達>の拡張版だ. 1976年釜山で生まれたおない年友達四人の冷えて荒い青年期を見せてくれた映画は, 20部作ドラマで生まれかわりながら樽石(キム・ミンジュン)・同数(ヒョンビン)・サングテック(西道営)・ズングホの物心ない幼年期とスクリーン後に隠れていた ‘ロマンス’まで隅ずみまで調べる. 映画導入部で強烈な印象を残した女子高生バンド ‘レインボー’が友達の初恋相手だ.
70~80年代釜山を再現する美術チームが早目に立てられたし, 残り小品たちは “70~80年代を背景で映画をしきりに撮るとはその時代 ‘ディテール’に関する一選手がなった” クァク・キョンテク監督のノーハウで満たすつもりだ. 郭監督は “その時代を郷愁する世代とその時代が分からない世代が共感することができる, ヌックジンした友情・愛話を聞かせる考え”と言った.
<アイリス>(太原エンターテイメント製作)はカン・ジェギュ監督が企てたドラマという理由でひととき <シュリ>のドラマ版と知られた. しかしシナリオを執筆中のツェワンギュ作家は “<シュリ>と全然違う”と言った. イ・ビョンホン, キム・テヒなど忠武路トップスターたちが南北韓情報部要員で登場して息詰まる情報戦をする. 来年初撮影を始めて 6月頃放映が目標だ. 催作家は “<シエス子供>のようにエピソード中心ではなく <24時>や <プリズンブレーキ>のように連続性強い劇になること”と言いながら “3~4人の作家がチームを成して 2年以上資料を収集して構想して来ただけ密度ある作品を期待してくれ”と明らかにした.

■ 忠武路スター・スタッフたちお茶の間上陸=SBSが来年 2月放送する <カインとAbel>(プルレンビピックチォス製作)は 75億ウォンの大作だ. 罪深い兄さん ‘カイン’は <天国の階段> 以後 5年ぶりにドラマに出演するシン・ヒョンジュンが, 恩恵受けた弟 ‘Abel’は余分の服務後テレビ劇場申告式を支払うソ・ジソブが引き受けた. 二人の兄弟は神経外科医者さんたちなのに, 兄さんは秀才で弟は天才だ. 仲がよかった兄弟は運命的事件をきっかけで別れて, また会った後には二番目息子を偏愛するお父さんのため葛藤をもたらす. <外科医者ボングダルフィ>を作ったキム・ヒョンシク監督がメガホンを取った.

12月10日放映を控えたSBS <スターの恋人>(オリーブナイン製作)は映画俳優ユ・ジテの初ドラマ出演作. アジアを舞台で活動するスター俳優額里(チェ・ジウ)と利口だがすぎるほど率直なソウル大国文科大学院生金チョルス(ユ・ジテ)の ‘無茶な出会い’に, 家良くて能力のある企業家ジョン・ウジン(利己優)が割りこんで愛の網引きをする.

韓国放送(2TV)で 12月末頃放映される <花より男子>(グループエイト製作)には花美男 4人方 ‘F4’の美貌を輝かす使命を抱いて忠武路スタッフたちが集まった. 映画 <西洋骨董洋菓子店アンティック>にした順番花美男撮影を経験した金俊栄撮影監督と映画 <ゴムウンジブ> <スピートの出しすぎスキャンダル> などに参加したイ・ソンジェ照明監督だ. ギムヤングフィ企画PDは “カメラレンズを随時に変えて挟んで照明セッティングに一番多い時間を割く忠武路人々と殺人的なドラマ製作日程をよく分かる演出部がお互いにナッソルオしながらも徐徐に幻想の相棒に変わって行っている”と仄めかした. 李美景 <シネ21> 記者 friendlee@cine21.com
by kazem2 | 2008-11-16 23:04 | News