ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

韓国ミュージカル大賞「我が心のオルガン」

<去る 2008年 10月 20日 ‘第14回韓国ミュージカル大賞授賞式’が開催された. 今度授賞式では出品作総 71編の中で創作品が 44編で韓国創作ミュージカルの強気が目立った. 特に創作ミュージカル ‘我が心のオルガン’は 18部門にかけて進行された授賞式の中で 6冠王の快挙を果たして国内創作ミュージカルの優秀性を立証こんにちはだった. ‘ニューステージ’では韓国ミュージカル市場の発展的土台を形成して公正な審査を通じて優秀ミュージカル授賞式で席を取ろうと限り ‘第14回韓国ミュージカル大賞授賞式’の受賞者たちを会ってみた.>





“良いです. 当然良いでしょう” 受賞所感を問うと帰って来る初返事がとても短くてしばらく狼狽する. ピンクパステルトーンの趣を漂い出したミュージカル ‘我が心のオルガン’を作り出した人が当たるような位に本当に逞しいということが作家イフィズンに対する初印象だった. 引き続き多い作品の中で受賞することができた理由が何だったろうかと言って問うと “暖かくて?”とやっぱり実力のない返事が帰って来た. 内心失望まじた心でインタビューを始めるのに話を交わすほどイ・ヒ与えた作家の真価が発揮されるようだ. 無情そうながらも自分の言う言葉をはっきり伝える姿を見たらミュージカル ‘我が心のオルガン’から創作ミュージカル ‘思春期’, ムビカル ‘美女はつらくて’ などあまりにも違う作品をべらべら作り出す理由が分かるようだという気がする.

実はミュージカルシナリオを書く人にして作家イフィズンの履歴はちょっと特異だ. 某大学薬学科出身だ. ところでいざ本人は “それがどうして驚くべきですか?”と記者に聞き返す. 当然書き物をするのが天職だった人みたいに全然変なことないという態度だ. それとともに創作の苦痛を吐露する姿を見たら ‘あ~文書かなければならない人だな’ と思う. “たくさん大変な作業です. 限りなく, 限りなく答が出ないことだからとてもさびしいようです.”

ミュージカル ‘我が心のオルガン’はイ・ビョンホン, チョン・ドヨン主演の映画 ‘我が心のオルガン’ よりは原作である小説 ‘女帝者’にもっと基礎して作られた作品だ. “今も同じだがこの前には学校で先生を片思いする学生たちが本当に多かったでしょう. そんな部分において誰も共感することができる感じやエピソードをたくさんいかそうと焦点を合わせて作業しました.” 誰も易しく使うことができるが, 易しく作り上げることができないことが ‘共感’という単語だ. ‘共感’を催すために一番易しい方法が自分の経験をドエジブオ見ることではないか? “いいえ. 個人的に私は先生が酷く好きだった記憶はないようです. 私は学生時代に俳優ジャッキー・チェンにあまり凝っていたんですよ(笑い).”

今度第 14回韓国ミュージカル大賞授賞式は言えなく嬉しいながらも内心惜しい部分が多い. ミュージカル ‘我が心のオルガン’はシナリオ上を含んで最優秀作品賞まで荒して 6部門を席巻した一方, イ・ヒ与えた作家のまた他の作品ミュージカル ‘思春期’は多くの部門ノミネートされることに満足しなければならなかったからだ. “率直にとても焦れったいですね. 二つとも私のセキンデ(笑い)……. 実はもしかしたら私の性格は ‘我が心のオルガン’に出る洪軟餌のように白くて清いよりはミュージカル ‘思春期’のキャラクターにもっと近いんですよ. 多方面に惜しさがたくさん男児です.”

受賞の喜びも, もうちょっと優れた結果に対する惜しさも少しの間だ. 現在作家イフィズンは来る 11月忠武アートホール大劇場で公演されるミュージカル ‘美女はつらくて’ 作業に盛んでいる. “ミュージカル ‘美女はつらくて’は楽しくて楽しみがわく公演です. ショゾックな剃り多くて真書楽しく楽しむことができる機会になるんです.”

事実, 一つの色を決めないで多様な作品を通じて自分を実験しているイ・ヒ与えた作家の本当の面貌はインタビュー翌日に真価を発揮した. ふと送った文字一通が彼を証明する. <ミュージカル ‘我が心のオルガン’ 成功の理由です. つくづくと考えて見たが ‘チームワーク’が正解のようです^^> 無神経に見えた彼女だが, 事実はずっと心に収めておいたようだ. やっと今度は本当にミュージカル ‘我が心のオルガン’のように暖かい作品を書くしかない人という考えが頭をかすめる. 今後とも作家イフィズンが全割多様な感性がけれんない率直することで観客たちと疏通することができるように期待して見る.

チョ・ハナ記者 newstage@hanmail.net
[公演文化の柔らかい叫び c。 ニューステージ www.newstage.co.kr]
2008-10-28 13:41:42
by kazem2 | 2008-10-28 15:20 | News