ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今年輝いた50人☆②movieweekより

2008年を輝かした創造的エンターテイメント 50人
e0109292_11282982.jpg


● ハンセズンスチール作家
<殺人の思い出> <オールドボーイ> <親切な金字さん> <化け物> <ノムノムノム>には共通点がある. パク・チャヌク ボン・ジュノ監督の映画たちというのではなくてある. スチールを見ることだけで映画が頭の中にぱっと開かれるというのだ. ハンセズンスチール作家のスチールは映画を圧縮的にただ一枚に盛って耳元に聞かせる. 勿論 “一生そういえば大変な職業だ”という彼の言葉通り, 映画現場でスチールを取るということは重労動が要求される事だ. しかもアクションが横行する <ノムノムノム> のような現場なら仕事はもっと難しくなる. ハンセズンスチール作家は誇らしげに <ノムノムノム>のすべてのものをつけた何枚のスチールで圧縮し出した. 忠武路最高という言葉が惜しくない彼は 12月封切りする <サングファゾム>も作業した. イヘリム記者

● ギムジンヒョック教養 PD
驚くべきな 5分だった. <知識チャンネルe>を通じて私たちは本当の知識を得た. 全国民が狂牛病波動で本当の真実が分かりたがっている時 <知識チャンネルe>は ‘17年後’を放送した. 数日後 EBSに ‘圧力’が入って来たしギムジンヒョック PDは他のプログラムで退いた. 彼にしたいのが何なのと問おう “<知識チャンネルe>をまた作りたい”と返事する. 声と目つきで本気が付け出す. もう一つの <知識チャンネルe>のための <ギムジンヒョック PDの e惹起>(blog.daum.net/ jisike)には ‘真実は必ず明かされる. ない. しかし真実を明らかにしようと思う人間は必ずいる’と書かれている. そして多くの人々が彼が早く <知識チャンネルe>の席に帰って来てほしくいる. 理由陣記者




e0109292_11292667.jpg


● パク・フンシックドラマ演出
パク・フンシック監督は大きいより素朴な生の風景にしきりに心が使われる. <私も妻がいたら良いだろう>から <人魚公州> <愛してる, マルスンシ>まで彼の作った映画たちは素朴な本気に会うようにした. 彼が初演出したドラマ <甘ったるい私の都市> やはりその延長線上に置かれた作品だ. 征夷県作家の小説が原作であるこのドラマは 30代女性の生と悩みを照らして無限共感台を形成した. パク・フンシック監督は映画を作るように小さな小品からエキストラ一人の動線まで纎細に構成した. もちろん予算は不足だったし時間はぎりぎりだったし夜をあかす日も数を知らぬ程多いことだ? ドラマを通じて新しいシステムをひしひし経験したというパク・フンシック監督. 彼はナヒョン作家と共に三人の女無事の話である映画 <ヒョブニョ>を準備して ‘スクリーンカムバック’に拍車をかけている. アンヤングユン記者

● 張嶺南俳優
今年の一年張嶺南のフィルモグラフィーを書いて見れば紙が足りない地境だ. 演劇 <下手な人々> <フォト>, ドラマ <パパ三ママ一人> <甘ったるい人生> <太陽の女>に出演したし今は <ビョルスンゴムシーズン 2>を撮影中のところだ, 映画 <7級公務員>, ドラマ <愛してる, 泣くな>に出演が決まった状態だ. 張嶺南は大学路を代表する女俳優で 10年を送った. 彼女の演技を疑うこれはただ一人もいなかった. しかしもう彼女は彼女の舞台を憶える大衆と放送で彼女を初めて会う大衆を皆満足させなければならない. “俳優に対する欲心は絶えないのだから. 良い演技ができる席に対する欲心だと言えるか. 常にのどが渇く. たまっていることは嫌いだ. ジャンルを出入りして多くのことを経験しながら積まなければならないと思う.” 今張嶺南は自らを俳優として鍛える中だ. 理由陣記者

e0109292_11301412.jpg


● キム・ジウン映画監督
韓国映画にこんな疾走はいた全くなかった. キム・ジウン監督は大平原を疾走する男たちのイメージを土台で <ノムノムノム>を作った. 莫大な予算課スケール, そして製作期間. 彼はすべての過程が ‘巨大なサーカス’を広げたようだったと言った. <ノムノムノム>の余波は大きかった. キャラクターに凝ったマニアたちが登場した. UCC コンテンツ ‘パピノム’ やはりファンが作り出した文化現象だ. それよりもっと大きい成果は世界市場に韓国映画のクォリティーを広く知らせたということにある. 現在キム・ジウン監督はハリウッドプロジェクトを進行の中だ. <長靴, 紅蓮> 時から多い提議があったが <ノムノムノム> 以後にはもっと良い条件が提示されている. これから世界市場を疾走するようになるキム・ジウン監督, 彼が起こしたほこり願うことが暴風のように吹きつける日を期待して見る. 止まり院記者

● オム・ジョンファ歌手
30代女子歌手がダンスミュージックを続くということは 10年前までにしても ‘怪しからない’ 想像だった. しかしオム・ジョンファは格好よく観念を壊した. 一インタビューから “こんなに来ると言う活動しながらもトレンドに滞らないで新しいスタイルを見せてくれることができることはどう思えば人々の観念おかげさまだ. ‘オム・ジョンファがいつまでして’ する疑心から自由になるために私をもっとむち打つようになる”と言ったように, オム・ジョンファは 10集アルバムを通じて私はよりももっと自由に ‘狂ったように踊って君の勝手にDo the D.I.S.C.O ’ して私たちが ‘みんないっしょに遊び回る’ ことがあるようにしてくれた. この位なれば彼女が私たちの ‘マドンナ’や ‘カイルリミノーグ’ではないか, ちょっと他の疑心を抱くようになる. イヘリム記者

e0109292_1131434.jpg


● キム・ジスタレント
新道営は悪しかった. しかしわれらはキム・ジスにあった. “ドヤングイは常に大変だったです. おかゆをののように大変だった瞬間もあったし, ドヤングイを演技するのがつらかった瞬間もあったし, あまり心が痛くて耐えることができなかった瞬間もあったし.” 悽絶に, 残忍に新道営になったキム・ジスに, キム・ジスの涙に視聴者たちはひざまずいた. その悪漢新道営に沸き返えるしかなかった. 演技人生 17年にキム・ジスは自分を認めるキャラクターに会ったし, 炎炎と燃えた. “<太陽の女>をしながら私が本当に心を盛って演技をすれば視聴者がそれを認めるということが分かりました.” キム・ジスは楽に言う. 自分はカメレオンのように, 八色鳥のように演技変身を湿っぽいことがある俳優ではないと. 自分によくあうことをよく尋ねるのが賢い俳優と. キム・ジスは賢い学ぶ. 自分に何が似合うのか分かる. 今彼女が太陽のように輝く理由だ. 朴ウンキョン記者

● 専門式武術監督
殴って阻むことを見るのがこんなに面白いのか分からなかった. <映画は映画だ>のアクションは第 3の主演だった. クランクイン 15日前にシナリオをもらった専門式武術監督の作品. “そのままリアルに仮面楽しさがない. 映画らしくデザインしなければならない. 今度作品を通じて ‘私の趣を入れた男アクション’をまともにやって見たようだ.” 彼が一番好きなアクションは駐車場神さま. 手動作一つ, 足一つすべて気を使うこの完壁主義者武術監督はその中のすべての動きを完成した. “他人が終えるのはしたくないから.(笑い) それで私と一緒に作業するアクションチームは死のうと思う.” 笑い多くて, 言葉お上手で, カリスマ外貌を誇る. まあまあの程な武術をすべて渉鮮したアクションであるようではない彼は “<情け容赦もない> 以後私の映画人生第2の贈り物セット”と言う <花火のように蝶のように> だからこのごろ夜更かしするのが日常だ. 朴ウンキョン記者

e0109292_11321833.jpg

● 全盛燕芸能 PD
‘リアルウエディングバラエティー’という新しいジャンルを開拓した MBC <日曜日日曜日夜にー私たち結婚しています>と言う 2008年一番おもしろいプログラムの中で一つだ. 人々は ‘分かったカップル’(アレックスー信愛)の再会に歓呼して ‘蟻カップル’(クラウンJ-西インヨン)のけんかにため息をついて ‘エンソルカップル’(エンディーソルビ)の別離に胸をいためた. 彼らの下車可否は ‘釣り性記事’でポータルサイトを焼いて ‘ゲトンイ’ バクファヨビは独特のキャラクターで話題になった. 全盛燕 PDは “今 ‘私たち結婚しています’と言う過渡期に突入した. 既存カップルたちはお互いに幻想が割れる倦怠期に突入したし, 新しいカップルたちはどこに目立つかわからない. そんな面を調和させて多様な姿を見せてくれることができること”と言う. ‘私たち結婚しています’の進化は相変らず現在進行形である. ナムウンギョング記者

● LCM 特殊メーク
仕事部屋には落ちて行った手首が転がり回っている. 奥まる所には人模型が伏せている. 特殊メークチーム LCMのこのウィンドウだけ監督とチーム員たちは相変らずのべつ幕無しに作業に邁進していた. 今年彼らはを通じて日就月将した韓国映画の特殊メーク技術を見せてくれた. 死骸たちを作って実際と同じく出る内臓と血をありありと再現した. あまり本当のように残忍で画面に盛ることができなかった部分が多かった位だった. もう彼らには思いきり才能を発散させる舞台が惜しい. いつかこのウィンドウだけ監督は材料を持ちこんだ海外業社を直接訪問した. 韓国の特殊メークに疑問を持った彼らにその間作業したポートフォリオを見せてくれると大宇が変わった. ハリウッドに比肩しても劣らなかったこと. 彼らが拡張させて行く表現の領域, もう不可能と言うのはない. 止まり院記者

e0109292_11331193.jpg


● 金インヨンドラマ作家
去る 7月末終映した <太陽の女>は一度見れば到底切ることができない強い中毒性を起こすドラマだった. 愛憎で縛られた二人の姉妹の悽絶な内面を立体的に掘り下げる纎細な視線が毎回興味津津に開かれた. 1996年 <相棒>を始まりに <おいしいプロポーズ> <結婚したい女> <マリー台で攻防戦> など多様な素材のドラマを完成して来た金インヨン作家が <太陽の女>を初めて思い浮かんだことは 1992年偶然に木浦の一孤児院を通り過ぎながらだった. 長年の歳月抱いて来た話だった位彼女は人間の欲望と容赦に対する易しくない主題を説得力あるように解いた. “作家と作品は同じ道を歩くから作家も人生を暖かくよく暮らさなければならない”と言う金インヨン作家. 彼女は今バレリーナを夢見る貧しい子供の話を構想して生と人に対する暖かい視線を引き続くところだ. アンヤングユン記者

● イ・ボンス映画俳優
“私の口でこんな言うことは照れくさいが, 確かに上昇勢が当たることは当たるみたいだ.” 為替危機以後最大の経済難にエンターテイメント業界も極甚な不況を経験している. こんな状況で一俳優がひきつづき ‘大当り’を噴き出すのはたやすい事ではない. しかし今年イ・ボンスはドラマ <オンエア>の成功に引き続き映画 <その死: 被疑中間考査>(以下 <その死>)まで興行街道を疾走している. ‘私の俳優’のために命もかける完壁主義者マネージャー張基準を通じて ‘鵲を犯手’ キャラクターを固めたのに相次ぎ, 新しいジャンルである恐怖映画に正面勝負をかけた. 人生で ‘均衡感覚’を一番重視するという彼は, <オンエア>と <その死>で監督及び俳優たちと幻想的な和音を作り出した. “私をどんなフレーム中に閉じこめたくない.” 失敗を恐れない彼がどんな姿で変身するか待たれる. ナムウンギョング記者

e0109292_11335735.jpg


● 李軽微シナリオ
2008年下半期封切り作中 <ミスにんじん>が一番独特な作品で評価を受けるにはシナリオの球が大きい. 荒唐ながらもコミックなせりふと場面, 状況展開は過剰の線を超えなながら新鮮な楽しさを抱かれる. “常に関心を持っていた社会のアウトサイダーに関して話したかった. そうする間 <親切な金字さん> スクリプターをしながら会った顔がよく赤くなる男スタッフから霊感を得たし, 経験で得た多様なアイディアで各種エピソードを完成した. 映画の中 ‘ズァジカルカ’もロシア語学科入学して先輩たちに初めて学んだ単語だった.” 結局前代未聞キャラクターの活躍の姿が引き立つこのブラックコメディーは彼女の特別な視線と発想の転換から始まったのだ. 世を拗って固定観念を壊しながらも人間の感性をよく反映する彼女の次の作品が今から楽しみだ. 倫序県記者

● 林巡礼映画監督
今年初封切りした <私たち生涯最高の瞬間>は ‘韓国映画危機説’を誇らしげに圧して 400万興行をおさめた. 2004年アテネオリンピック女ハンドボールチームの実話が 4年ぶりにまた韓国を鳴らした. 持ったことないおばさんらの熱血闘魂がスクリーンで美しく復活した. スポーツより人が先に見た理由は ‘大引け人生専門家’ 林巡礼監督が後に立っていたからだ. <ワイキキブラザーズ> 時代かろうじて 10万観客と会った林監督は一気に興行監督になった. もうスポーツ映画監督で顔が売れたが, 林巡礼監督の社会参加的な信念は一様だ. 封切り頃チベット独立のための社会活動に熱心だったし, 今は人権委員会提案で長編人権映画を準備している. 洪水頃記者

e0109292_11344478.jpg

● ファングゼホン演劇・ミュージカル演出
公演係でファングゼホンの存在は唯一無二する. 劇団を持っているとか属しないまま作品を選んで演出するということは鼓舞的なことだ. 自ら ‘価格対比性能比が良くて’と笑ってすむが <アート> 、クロージュアつけたエボ> <ソムゴルズ> <悪いやつら> <ライフインもうシオト>まで演劇とミュージカルを行き交って観客と評壇を同時に満足させるベストセラー演出だ. 彼は作品が観客と疏通するまで理性的に判断する. メッセージを強要する作品は嫌いで不便だ. 今の大学路が寛大だと感じる. 彼はこのごろ創作がしたくなった. アイテム構想をしてペンを書く自分を見つけている. 完全に彼が書いて万たち作品に会う日がマージしなかった. 理由陣記者

● 輪状県タレント
“撮影場に行ったが金霊気 PDの雪道がきれいではなかった. 分かってみれば宋財政作家は私を積極的に押してくれたが, 金監督はギンがミンがヘッダだったよ.” しかし監督の心配は杞憂に過ぎなかった. <冬鳥。から ‘チジルナム’ 州境優を完璧に消化して ‘室長’の壁を干すことは輪状県は, <ククソムの秘密>で幼稚なスンゾングナム輪状県代理にアップグレードされた姿を見せてくれた. 徹底的にシナリオを研究した後多くのバージョンで延期を準備して行った熱誠に監督も感嘆した. デビュー超 ‘木村拓哉に似た形’で有名だった彼の特別な理由は, 花美男にも壊れる演技を恐れないからだ. KBS 一日ドラマ <家に行く道>(仮題)を準備中の彼は, 5年後がもっと期待される俳優に違いない. ナムウンギョング記者

★創刊 7周年全面改編! “すべてのものが新しくなった <ムービーウイーク>に会ってください!”★

2008-10-27 movieweek
by kazem2 | 2008-10-28 09:42 | Movie