ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「コラム」韓国映画 私の席を捜す(辛口)

<コラム>本当忠武路らしいこの寒さを紫
筆者が劇場に足を切り始める時から韓国映画は崩れ始めた. 正確に言えば去年の 'デーウォ' 以後からであるでしょう. どうして韓国の人々が映画を見ないか? 見るなと言うから見ないのだ.

エグックジルでもする低質映画保持長芋だそうだ. ところで言葉だ. エグックジルしない映画がまたどこにあるか? ノムノムノムは畜生エグックジルしなかったか? 主人公ソン・ガンホはお金だけ引き出す悪党に描写されているが, それで巧みに愛国質の疑いを避けるアリバイで立てているものの, 実際では日本軍をほろうぞ殺すようにする. これがエグックジルではなくて何と言うなのか?





化け物もデーウォもノムノムノムも神機箭もエグックジルで始まってエグックジルで終わる. エグックジルする映画見るなと言いながらスクリーンクオーターエグックジルに同参してくれと訴える. 汚らしい.

観客たちがシムヒョングレを注目したことは彼の映画が大変真書ではない. 彼が他人ではなくコメディアンシムヒョングレだったからだ. シムヒョングレは映画人出身ではないからだ. そうだ. 韓国人たちはもとより忠武路を嫌悪したのだ.

ヒディンクも同じだ. 彼が疎ましいサッカー協会人ではないからことさら注目したことだ. ノ・ムヒョンも同じだ. 有り勝ちな政治自営業者ではない, 汝矣島の別種だったからパンガルイをしてくれる適任者で彼を注目したことだ.

観客たちは外部から来たシムヒョングレが忠武路を伏せてしまう願った. そしてその所で何の事が起こってくれるのをほしかった. 結局シムヒョングレは侮辱されたし観客たちが願ったその何も起きなかった.

みんな物静かに日常に帰った. 忠武路は本来の寒さを取り戻した. そうだ. すぐこれが忠武路の本来面目だ. かんこう鳥が鳴くのが正常だ. 以上過熱雰囲気沈まれて正常を回復したのだ. そうではないか?

何か? 80年代映画は重い. 90年代映画は熾烈だ. 恐怖の外人球団以後将軍の息子につながりながら基本島で地獄訓練チックゴオギの熾烈さがあった. そして 2000年代に入って民主化雰囲気, 改革雰囲気, 韓流雰囲気とかみ合いながら案外のさわやかさがあった. また日報がモットーで立てる猟奇はつらつした爽やかさがあった. そこで韓国映画が少しの大衆性を得た.

2008年だ. 政権変わって韓国は本来どおり帰った. 朴正煕独裁の窒息された雰囲気, 全斗換一気に処理の寒い雰囲気, そしてノ・テウ, キム・ヨンサムの喉が乾く雰囲気に帰った. 忠武路もあの時グシゾルに帰った.

実は韓国映画はいつも変身して来た. 80年代が違って 90年代が違って 2000年代が違う. 80年代が基礎を修めたら, 90年代が建物の層数をあげたし,2000年代に来て最後に屋根を葺いた.

屋根を葺いたからこれからはガンパンダルで営業しなければならない. 韓流看板つけた. ところで何を営業しようか? 世界へ伸びて行かなければならない. しかし決定的に 2プロが不足だ. 最近 10余年の韓国映画ブームは隠れた 2プロ探しだった. 2プロ捜すのに全国民が参加したのだ. その 2プロは韓流を世界へ伸びて行くようにするプラスアルファだった.

それが何だろう? もしその 2プロが観客の応援なら, 私たちチームがすべてお上手なのにただ観客の応援が不足で底力が付いていたら, それで最後のカルタックゴゲ一つ移る事ができなかったら, 韓国人たちは 5千万が総出動して市役所の前四つ角で蝋燭行進でもする態勢だ.

その渇求した最後の 2プロがムオッイオッヌニャが重要だ. エグックジルしないでだそうだ. その 2プロはないという宣言だ. たとえそれがどこかにあると言っても観客の問うな応援が正解はいやだそうだ. 大気圏シュートやナルリョデはグックデティム持ってからはいくら応援してもワールドカップ 16強も行けない.

そうだったら? つい興味を失う. それで映画を見ない. 映画が良くて見る純粋観客は元々多くなかった. 2002年に路頭応援したその多い市民たちがすべてサッカー4強に関心あったのではない.

サッカーに祝者も分からない少女たちがその広場に集まったことは 4強のためではなくサッカーでもなくても何かやって見るのに関心があったのだ. 大衆の自発的参加に関心があったのだ. 問題はモチベーションだ. 彼らは動機を捜しに来たのだ. 動機さえ与えれば飛びかかる態勢はなっていた. 胸の中に一本熱さ抱いていた. ところでその動機を失った. 韓国人たちは夢を忘れてしまった. この憂鬱な文化のダークエージに映画見て拍手したい人がいくつだのか?

韓国映画に観客が殺到した去る 10余年が以上過熱だった. ゾズングドングが忘れてしまった 10年だと呼ぶその 10年末だ. 韓国人たちは朴正煕, 全斗換, ノ・テウ, キム・ヨンサム 40年間憂鬱だった本来の姿を取り戻した.

韓国人たちはモチベーションがほしかった. 朴正煕, 全斗換, ノ・テウ, キム・ヨンサムに押さえ付けられている途中檀君と言う初めて民主的政権入れ替え成功させて, ぴりっとする解放感味わってその雰囲気で思いきり走って見たかったのだ.

観客たちはそれをグラフィックで捜した. 評論家たちが強調する主題意識や作品性なんかでは世界へ押して入って行くことができないという事実を彼らはよく分かっている. 主題意識なんかは小説家の任務ではないか? 韓国でノーベル文学賞受ける大門号が出現する前にはとんでもない. そうだったら?

スピルバーグが浮かんで走性し飛んですることがすべて絵いたずらだ. 絵でどんなにもんでもしかしたら世界市場に食われることができるという希望があった. それでデーウォに注目したのだ. 2000年代に来て特に韓国映画の絵水準が高くなった. それがモチベーションになって何か素敵な絵が成り立つ現場を目撃するのを彼らは願ったのだ.

▲ 金同列コラムリスト

しかし最近仕組ある未ドガー浮かびながら韓国映画の限界を節減して, デーウォーシック絵いたずらの限界を節減して, 韓流の限界を節減して, 民主化勢力の総体的限界を節減して, ゾズングドングのパワーに押さえ付けられて, 他の国当たりの親日しわざにいじけて, 他の国当たりに対する 30プロのムッジマジジにいじけてつい動機を忘れてしまった.

動機のいないのに映画はどうして見るか? この問いに忠武路が返事しなければならないでしょう. 多分返事することができないだろう. 政権がまた変わる前には. 去る 10年のそれも実際忠武路がお上手で成功したのではなくこちらの何かやって見ようという浮き立った雰囲気に忠武路が感染された一時的效果だったからだ.

エグックジルはなかった. 朴正煕からキム・ヨンサムまで親日派 40年独裁終わって解放感に万歳一度呼んで見ただけだ. 万歳をしないでだそうだ. それで彼らはみんな家に帰った. 家にひきこもって出ない態勢だ.

             
-----------------------------------------------------------
外部コラムは筆者個人の意見で本サイトの編集方向と一致しないこともあります.
入力 :2008-10-23 15:41:00 金同列コラムリスト
by kazem2 | 2008-10-23 19:43 | Movie