ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シン・スンフン 「音楽のお陰で人生が変った」

<OSEN=里程よ記者>
歌の中には思い出がついている. 20余年間ファンと一緒に一彼の歌の中にはセル数もない位多くの人々の 20年がそっくりそのままついている. ある人は彼の歌を聞きながら立ち去った恋人を思い浮かんでまたある人は爽やかな若さを思い出す. そのように彼の歌とともに 2008年今日もどんな人々には絶対に忘れることができない思い出の一ページになるでしょう. 20余年近くファンと一緒にした彼は歌手シン・スンフン(40)だ.
1990年 1集 'ほほ笑みの中に映った君' からシン・スンフンは一度も最高席から下ったことがない. その有り勝ちなスキャンダル一回もなかった彼が去る 7日プロジェクトアルバム 'オンイックスペックティドツイスト'(UNEXPECTED TWIST) 3種アルバムの中で一番目アルバムである 'ラジオウェーブ'(RADIO WAVE)を発表した. 音楽抜いて昔も今も声も, 外貌も変わったのがない




インタビューがあった日嬉しい雨が降った. 日照りに苦しんだ農家に降りてくれたありがたい空いた. 天井で降る雨がそのまま見えた. 風情あった. シン・スンフンは "私が何さえすれば雨が降るから私が何の事をする日なら傘は取りそらえた方が良さそうだ"と冗談をした. さすがに日本札幌には一年に二度位雨の降るのにシン・スンフンの公演する日雨が降った.

# 音楽が人生を変えて!

経営学もであったシン・スンフンは音楽のお陰で人生が変わった場合だ. 彼は "柳ゼハが作詞, 作曲して歌うことを見ながら衝撃を受けた. 音楽が私の人生を変えた"と言う. 彼は "これからは音楽が夢ではなくエンターテイナーが夢のような人が多い. 伝統性が不在すれば 2, 30年後なら暗黒期というものが出るようで心配だ. 良質の歌手もいるが音楽ばかりする先輩立場では心配になる部分が多い"と後輩たちに本質にもっと充実なことを頼んだりした.
音楽を下は姿外に他の姿は想像さえならないシン・スンフンは今度アルバムは 11取る発表する前 '音楽的逸脱'を夢見ながら作った. 正規アルバムを発表する時ならば "これはどうすれば良い""どんな感じが出なければならないしこれはしてはいけないだろう"する負担が野の時もあるのに今度位は周りの評価, 制約そのすべてのものから脱して本当にしたい音楽をした. 彼は今度アルバムを 'ねじが緩んだような' アルバムだと説明した. それほど誕生した今度アルバムに周り仲間たちは親指をおだてた. キム・ヒョンソク, バン・シヒョク, ファングセズン, 李ヒョンスンなどが大好きだった.

シン・スンフンは "冒険仕事こともあった今度作業衣結果物を音楽する人々が認定をしてくれるようで嬉しい. 李ヒョンスンは次に一緒に作業をして見ようと言ったしキム・ヒョンソクはラジオに出演して絶賛をしてくれた. タプローもそうだった. 大衆に愛されることも重要だが音楽する人々に認定を受けることも本当に嬉しい事みたいだ"とほほ笑みをした.

#母にも聞かせなかった!

今度アルバムを聞いて見れば既存より多いことを減らそうと思ったという感じがする. シン・スンフンは自分だけが持っている声の切々全部減らした. シン・スンフンは "'見えない愛' のような歌が好きなうちの母には衝撃を受けるか心配で聞かせなかった"と明らかにした. それ位に '見えない愛' のような歌を期待した人々に今度アルバムはそれこそ '音楽的逸脱'で見える.

シン・スンフンは "安住すると言うのが何の意味かも知れない. 一ジャンルを生気地にさせる人をしゅうと精神ではなく固執不通のように思うようで大変だったしゴーギャン, ゴッホみたいな画家たちが各各独特の画風があって絵だけ見ても誰がグリーンのというのが分かるように私も 'シン・スンフンだ. ない' 区分することができるほどに私の画風みたいなことを持ってしたが 'どうして抽象的なことをしない''どうしてパブロ・ピカソをしない' と言うことを聞いて悩みもした"と明らかにした.

引き継いで "私の悩みと変化を私一人持っていることは大衆歌手として卑怯だと思ったしこんな考えの結果物を大衆に評価を受けなければならないと思った. 今度アルバムは留守にしてもちょっとたくさん留守にしたし私は私の声の長所を誰より寝る知り合いなのに私の声の哀切さをすべて抜いた. 歌を聞いて見たファンは 'こんなことなら歓迎です'という反応を見せている"と付け加えた.

# 音楽がこの前位影響力がない!

シン・スンフンは正規アルバムではないから今度アルバムを置いて評価がどんなに出ても, 販売量がいくらが出てもどんな関係がないと言った. 90年代各放送社プライム時間帯にプログラムがあった時代には 100万枚以上売れるアルバムもたまにあった. しかし今は音楽プログラムが何時にするかどうかさえ分からなくてどんな歌手がアルバムを出したという事実も分からない雰囲気になったから音楽ばかりする人には本当にあわない市場という考えもする.

シン・スンフンは "'あの歌手どうして好きなの?'と問えば '面白いんじゃないの'と返事をする現実になった. 来た,オフラインがとても変な構造になった. もうアルバム販売量が 5万, 7万なのかそうしている. この前 100万枚ずつアルバムが売るわけ時もあった. 100万名がその音楽を聞いているという意味だ. その位音楽が影響力があったがこれからはこの前位影響力がない. お酒席で 'コーヒープリンス 1号店見たの?"'ノムノムノム見たの?'という話を夏至 '今度その子歌聞いて見たの?'という言うことはほとんど聞いて見られなかった. これから音楽は自分のミニホームページで自分の仕事をしながら聞く, 個人プレーがなった"と切ながった.

# スランプは曲使う度に!

自分の道を一寸の振動もなしに行っているようなシン・スンフンに人々はどんなにただ一度のスランプもなかったかと問う. しかし実は彼にスランプは曲を使う度に尋ねて来た .

シン・スンフンは "エリックベネッのように歌もお上手で曲もよく書く人々の音楽を聞く時ならスランプにぱっと抜ける. 'やこのようなこと苦い事ができないのね''私はまだ苦い事ができないのね'する気がするからだ. ところで人々が私がスランプというのが分からないことはその期間は潜伏期間だからだ. そんな時ならば夜にお酒を飲んで肉も蒸して服もいい加減に入庫そうな時もある. ところで今度アルバムの時は音楽に臨む姿勢も変わった. ぎゅっと編まれている, 完壁しようと思うのではなく負担になることなしに作った. 大衆と疎通をしようと出したアルバムだからトークショーに出てその間終える事ができなかった話をしたりした"と伝えた.

# 私にはバラードマニアがいるようだ!

シン・スンフンはこれ以上音楽プログラムで 1位をしてトロフィーを受けてそんなことに感興がないと言った. トロフィーが 700個もある彼はトロフィーを受けて涙こんこんと流してもっと熱心にするという覚悟を押し堅めることができる後輩たちにもっと多い機会を置きたい

今までアルバムを出した歌手の中に全体を合して 3枚が相次いでよくできた人はいなかった. ところでシン・スンフンは毎度成功的だった. 人々は彼を置いて 'バラードの皇帝'という称号を借しまず与えた. 彼はデビューから今まで '皇帝' 席を守っていることはファンおかげさまと言いながら球をファンに回した.

シン・スンフンは "義理あるファンに会った. 'ヒップホップマニア''エレクトロニックマニア'という言葉はあっても 'バラードマニア'というものはないのに私にはバラードマニアがいるようだ. ファンと私の間には長い間積もった紐帯感がある"と説明した.

# もう恋人に会わなくちゃいけない!

シン・スンフンは家にいることがとても好きだ. 家に一人で 3日間あっても何らの退屈さを感じる事ができなかった彼だ. そんな彼がこのごろ夜明けにふとふと眠りから覚めて '御宇さびしい!'と叫ぶ時がある. 'もう女に会わなくちゃいけない'は考えをする.

シン・スンフンは "そろそろ押し寄せるさびしさを感じて 'これで結婚をすることか' そんな考えをする. 誰か会わなくちゃいけない. 今まで合コン, 合コンを一回もしなかった. 私はタバコを買いにコンビニだけ街道, 偶然に道でも縁に会うと信じていた. ところで最近では熱心に努力をすると恋人ができるという事実を悟った. 年は構わないが 'チァングが'が分からない人は気の毒だ"と明らかにした.
ある人々は彼に '目がとても高いのではないか'とものを言ったりするのに彼は '基準があると高望みをして低いのがあることではないか'と抗言する. キム・ミンゾン, 強打, サイ, ソン・シギョンなど親しい後輩たちは彼に "周りに紹介してくれるという人いないですか?"とものを言ったりする. そんな彼らにシン・スンフンは一言する. "君逹本当に無責任だ. 君逹がまさに私の周り人々だ!"

歳月よって変わらないことはない. しかし重要なことは歳月によって形態は変わっても本質は変わらないのだ. 本質を守るシン・スンフンを見ながら去る時間位今後とも永遠にその姿に一緒にしたら良いという気がした. もちろん彼は本質はもちろん外貌もそのまま魅力的だったがね.

happy@osen.co.kr記事入力 2008-10-23 10:00:16

<写真>道路の時ミュージック提供.
by kazem2 | 2008-10-23 11:08 | Music