ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

株価暴落 高為替レートに芸能界悲喜こもごも

最近高為替レートと株式下落などで全般的な景気低迷に対する憂慮の声が大きくなっている. 景気に敏感なエンターティメント業界も決して例外であることができない. ノルトイは為替と墜落する株式場間で泣いて笑う業界表情をよく見た.

▲高為替レートに笑う一部歌謡界と公演係

高為替レートによって最大の利益の期待される分野は歌謡と公演だ. 特に国内ではないアメリカと日本, 中国など海外でアルバムを発表した歌手たちと主に外国人たちを対象にするミュージカルと演劇たちがそうだ.




歌謡界ある関係者は “海外で発売されたアルバムの場合は現地通話を基準で収益が発生する. だから今のような高為替レートなら前より利益が大きくなるのが事実”と明らかにした. アメリカでアルバムをリリースしたBoAと日本活動を竝行している東方神起, その外にもシン・スンフン, イ・ビョンホン, リュ・シオン, ビッグバンなど日本で活動するとか活動予定の場合には前よりもっと大きい利益を期待することができる.

また ‘乱打’と ‘ジャンプ’ など主に海外観光客を対象にした公演企画社たちは高為替レートおかげさまで控え目にほほ笑みをしている. 為替差による直接的な利益は発生しないが高為替レートによって関連コンテンツに対する接近性でいっそう有利に作用しているからだ. 国内公演観覧費がもう固定されている状態で高為替レートは海外観光客たちが体感するのに過去よりずっとチープで公演観覧回数が増えることと見通している.

‘乱打’の製作社 PMCプロダクション関係者は “高為替レートによって今すぐ収益が増えることではない. ただ相対的に価格が安くなるからもっと多い観光客たちが公演を観覧することができる動機を付与する好材”と言いながら “今年の年末と来年 1~2月予約もめっきり増えたという点だけ見ても利益が増加することで期待している”と伝えた.
しかし来年度海外公演契約を控えた公演企画社たちは泣き面だ. 海外アーティストギャランティが例年に比べて上がったのではないが為替のため最高 30~40%の引上げ要因が生じたのだ. 一公演業者は “マドンナ, イーグルスなど太めなアーティストの契約を推進して来たが為替のため意慾を出すことができない”と訴えた.

▲高為替レートに泣き面になったケーブル TVと映画

映画とドラマなど主に外貨を放送するケーブル TVと海外映画を輸入するとか海外ロケを準備した映画界は高為替レートが決して有り難くない. 高為替レートによって支払わなければならない費用に対する負担が増加するからだ.
海外ドラマや外貨放映の割合が高いチャンネルの場合には為替が上昇するによってプログラム購買価格も尻馬に乗って上がる. また版権購買が 2~3年の間分納される場合にも損失が予想される. 一ケーブル放送社関係者に従えば為替上昇によって 30%の費用が増加しながら困難を経験していることで現われた.

為替が上がると映画界もため息が殖えて行っている. 外貨収入社の場合には購入費用が増えただけ封切りを延ばして状況を見守ろうという意見が主である. 輸入者の 20~30% 先知級した後為替が落ちるのを待とうという戦略だ. また海外ロケを準備していた製作社も為替上昇によって撮影日程を延ばさなければならない段だ. 韓国海洋ブロックバースターを標榜した映画 ‘海雲台’はアメリカサンフランシスコで特殊撮影を進行する計画だ. しかし為替上昇によって予想した製作コストよりもっと多い金額を手におえるのが容易ではなくて製作陣のかくことが大きくなっている.

▲株式保有芸能人たちの明暗

株式市場の下落によって上場会社の株主に参加した芸能人たちも悲喜が行き違っている.
ひととき 100億ウォン以上の株式を保有したベ・ヨンジュンとP(鄭致薫)は株価暴落によって被害が甚だしい場合だ. キイストの最大株主であるベ・ヨンジュンは去年 8月保有株式評価額がおおよそ 605億ウォン(420万7602註)だった. 以後株式保有量は 18万株ほど増えたが 22日評価額はわずか 85億ウォンで 520億ウォンほど損失を見た. ゼイティユンエントテインモントの株主である鄭致薫は去年 10月に比べて 10分の 1水準に急落した. 去年 208億ウォンだった持分評価額が最近には 29億ウォンまで落ちた. また SMエンターテイメントのイ・スマン引っ越しは 2005年 10月と比べて 261億ウォンほどを飛ばした.

一方連日続く株価下落にもかかわらず利益を得た場合もある. ウォコワンドス所属シン・ドンヨプ, カン・ホドン, ユンゾングシンは去る 16日有償増資実権株(一株当り 1470ウォン)を配当受けた. 有名 MCらが株式を保有するようになったという内容が発表された以後上向きを見せた.

<朴峻犯記者 pharos@kyunghyang.com>

入力: 2008年 10月 22日 21:03:12
by kazem2 | 2008-10-22 21:42 | News