ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

テレビドラマに見る複製

<スポーツソウルドットコム金知恵記者>
しばらく時計錘を逆に回して見よう. 2008年 10月に MBC 電波に乗っている月火ドラマ 'エデンの東'は 10年前 '野望の伝説'と似ている. もうちょっとさかのぼれば 13年前 '砂時計'とも似ている. 一番近くは 5年前放送された 'オールイン'を見る感じだ.

2008年 10月 KBS 電波に乗っている '風の花園'と '風の国'. が二つの作品も他の作品を思い浮かぶようにする. まず '望むことの花園'でパク・シンヤンが見せてくれる 'キム・ホンド'は韓服を着た '金ナナ'(チォンの戦争)だ. '風の国' の中宋一国も同じ. '撫恤'から彼のお爺さん '朱蒙'が重なる.




空の下新しいことはないと言った. 創造の苦痛を説明する言葉だ. 同時に模倣が創造のお母さんという真理をもう一度刻印させる命題だ. それほどオロッが新しいことはない. 最近放映衆人 'エデンの東', '風の国', '風の花園'だけ見てもそうだ. 前作の姿がそのまま染みている.

デザビュドラマという捐下にもかかわらず前作を踏襲するわけは何だろう. 内容や演技面で全然新しさを与えることができなかったまま自分複製に抜けたドラマをよく見た. ▲'オールイン' ▲'野望の伝説' ▲'砂時計' のようだったりたいてい 'エデンの東'と ▲ 'チォンの戦争' のような '望むことの花園', ▲'朱蒙'のような '風の国'がその例だ.

◆ '本' のようだったり : 場面が似ている

人気裏に放映中の MBCー TV 'エデンの東'は '見たこと' ガッギドの絶頂を成すドラマだ. 多くの本のドラマを巧にみ混ぜ合わせておいたような場面が繰り返されてデジャビュ現象を催す. 登場人物のキャラクターから関係島のような構成は勿論で特定せりふ, 特定場面まで過去人気ドラマとオーバーラップされること.

弟(妹)の過ちを代わりに被って外国で逃げだしてからカジノ貸し付けの目に入って故国に帰って来る銅鉄(ソン・スンホンの方)の姿を 'オールイン'のイナ(イ・ビョンホンの方)が浮び上がる. 兄さん(型)の助けを借りて南営洞大公紛失をすり抜けて来るドングウック(ヨンゾングフン分)は '野望の伝説'の情態(チェ・スジョンの方)の脱出記とそっくりで軍に徴集されて引かれて行く姿では '砂時計'のテス(チェ・ミンスの方)が見える.
ラブストーリーを描いた特定場面たちもいくつかのドラマと重なる. 銅鉄と英蘭(李延喜の方)の行き違った愛は '砂時計'の太守とヒェリン(コ・ヒョンジョンの方)の愛憎関係を思い浮かぶようにする. ドングウックと至賢(ハンジヒェ分)のロミオとジュリエットみたいな愛は 1970~80年代新派劇の行き付け素材だ.

◆ 'たいてい' のようだったり : 演技が似ている

演技に関する一二番目なら悲しいパク・シンヤン. 'パリの恋人'から 'チォンの戦争'まで彼の熱演はドラマをいかす一等功臣だった. しかし新作である '風の花園'ではむしろ彼の演技が毒になっている. 前作と似ている 'ようだったり' 演技のためだ. 視聴者がキム・ホンドにはまることができない理由だ.

実際にパク・シンヤンは去る 5回図画署花園試験場面で '寒気株'(パリの恋人) あるいは '金国'の姿を見せてくれた. "その子供は試験も受けることができずに追い出されるのです"と叫ぶパク・シンヤンは "どうして私の女と言えなくて" または "人命殺していかすことお金しかなくて"と叫ぶ寒気株と金国の朝鮮時代バージョンだった.

宋一国に対する指摘も同じだ. '撫恤'で分解 "攻撃しなさい"と大声を出す宋一国や '朱蒙'で "攻撃しなさい"と叫ぶ宋一国や別段差がない. それに時代背景は勿論で頭や衣装まで似ていて視聴者の関心で遠くなっている.

◆ ドラマ : 自分の複製に抜けたわけ

ブラウン管がそらぞらしい話に抜けた理由は第一も二番目も視聴率のためだ. 視聴率確保のために過去に成功した興行公式を踏襲する安全な道を選んだのだ. 特に最近若者が TV の外にくぐって中壮年層が核心視聴者に浮び上がると放送社たちは郷愁を刺激するそらぞらしい素材にもっと熱をあげるようになった.

大衆文化評論家異聞院さんは "若い視聴者層を吸収する時は実験と挑戦が必要だ. しかし中壮年層視聴者たちには新しいことより慣れるのが通じる"と "'白巨搭'や 'コーヒープリンス' など新しいドラマが '黄金花嫁'や 'The First Wives Club'より苦戦する理由が端的な例だ. 放送社から冒険のためらう原因になる"と言った.

しかし興行公式によって古臭さを追い求めることは長期的な側面で '握手'であることしかない. それに創作ないドラマは韓流産業にも大きい障害になる. 異聞院さんは "視聴率のために過去ヒットアイテムを再組合する形式が選好されたら韓国ドラマは同じだったりドラマ王国で転落すること"と憂慮を示した.

◆ 俳優 : そらぞらしい演技に抜けたわけ

一芸能企画社関係者は冒険の副作用に対して言った. それによればスター産業で冒険は無駄な挑戦というの. 彼は "芸能界が好況である時はこの作品あの作品を通じて次第変身を試みたりする. しかし不況で変身は無謀な挑戦だ"とスターたちの安全志向性に対して言った.

実際に最近俳優たちの演技を見れば変身より安全を選ぶ成り行きだ. もちろん演技力の限界のため変身のためらう場合もある. しかしそれに先立ち自分のイメージや演技トンをそのまま維持するのが名前値を引き続く近道だから思うから挑戦のためらう傾向が濃い.

異聞院さんは "今のようにスターパワーが弱くなった状況で俳優たちは実験と挑戦で危機を他界しなければならない. しかし我が国のスター産業自体が挑戦精神を失ってからもう来ると言う"と言いながらスター期固定されたイメージを踏襲してして来た演技を繰り返すわけを説明した.
ドラマのみならず俳優にも変身は選択ではなく宿命だ. 'ようだったり' 場面と 'ようだったり' 演技が今すぐは楽なことがある. 負担がないからだ. しかし長期的な側面では話が変わる. 新しいジャンルと演技に対する挑戦がなければ韓国放送・芸能界はいつも正体だ. そのように歌を歌った '韓流'産業にも致命打であるしかない.

<写真 = 各ドラマキャプチャ>

08/10/20 12:59 入力 : 08/10/20 12:59 修正
by kazem2 | 2008-10-20 15:27 | News