ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

PIFF 利用官共同執行委員長の話

<釜山=イーデイリー SPN 金容雲記者> 利用官釜山国際映画祭共同執行委員長(以下釜山映画祭委員長)が今年釜山映画祭の中間成績を問う質問に "韓国映画界の沈滞影響を受けたことは事実だ"と口を割った.
李委員長は 6日夕方記者たちと会った席で "釜山映画祭はカンヌやベニスなど他の海外国際映画祭と違い自国映画界と密接な関係を結んでいる"と "事実上釜山映画祭は韓国映画界とゴングドングウンミョングチェのような関係だ"と言った.




今年釜山映画祭は歴代最大規模である 60ヶ国 315本の映画が招請されたがいざ映画祭は例年に比べて物静かな雰囲気の中に進行されている. 韓国映画界の沈滞が映画祭に影響を及ぼしたということが李委員長の分析.
例年よりスター級俳優たちが釜山を尋ねなかったと言うと李委員長は "イ・ビョンホンとチョン・ウソン ソン・ガンホなど韓国を代表する俳優たちが今年も釜山を尋ねた"と "開幕式レッドカーペットも崔ジンシルの死亡事件で雰囲気がこの前位活発できなかったがそれでも招待した俳優たち大部分が参加した"と付け加えた.
李委員長は "その間観客たちの大きい不満事項だった前売りシステムを改編して今年はいわゆるサーバダウン事態が起らなかった"と "特に景気低迷にもかかわらず映画祭自らのさまざまな客観的な指標たちは悪くならなくて現在映画祭が巡航していると言えそうだ"と折り返しお金 131周年映画祭を評価した.
李委員長は "上映事故とボランティアたちの進行未熟などの問題は釜山映画祭が必ず改善しなければならない宿題"と "残った期間映画祭運営に問題がないように最善をつくす"と付け加えた.
入力 : 2008-10-07 12:51:29
by kazem2 | 2008-10-07 14:06 | News