ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「ノムノムノム」アジアンフィルムマーケット販売1位

海雲台(釜山)=ニュースには文洪庭園記者

映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’が釜山映画祭アジアンフィルムマーケットに出した韓国映画の中で販売 1位, アジア映画の中で販売 2位を記録して何建議輸出を成功させた.

第13回釜山国際映画祭アジアンフィルムマーケットが三番目行事を終えた. 去る 3日から 6日まで四日間開かれた今度行事は中華圏を含めてヨーロッパなど海外業社の参加が大幅で増加してアジア地域の代表的映画ビジネス舞台で位置づいたという評価を受けている.
特に今年アジアンフィルムマーケットは全世界影響力あるファンド関連パネルたちが参加する ‘アジアフィルムファンドフォーラムセミナー’を含めて代表的なアジアファンドたちの個別プレゼンテーションを用意した. これを通じてアジア映画ファンドたちの現況とノーハウを共有することでアジア地域映画製作の活性化に力を加えた.



また困難を経験している韓国映画産業を支援するために国内若いプロデューサーたちが多様なプロジェクトを紹介して投資者を捜す ‘KPIF プロジェクトピッチ’ 行事を進行して韓国映画市場の新しい滑路を模索する成果をおさめた.

去る 1998年出帆してアジア最大のプロジェクトマーケットで位置づいた釜山プロモーションプラン(以下PPP, Pusan Promotion Plan)は今年で 11番目に迎えた. 2008PPP はアジアを脱して多様な国々の新作プロジェクトたちを紹介して配給及び製作社を連結してアジア映画の未来を予測する権威ある市場で位置づいて既存の水準の高い独立?芸術映画プロジェクトとともに大衆的で商業的なプロジェクトを一緒にお目見えした.

次は釜山映画祭事務局が発表したアジアンフィルムマーケット決算集計結果だ. 一方釜山映画祭は 10日まで続く.

◇すべて参加者数 (総 4,640人)
= 登録された参加者: 840人 (BIFCOM含み)
=その他参加者及び訪問者数: 3,800人余り (BIFCOM含み)


◇すべて参加業社数
28ヶ国 132業社 (BIFCOM含み)


◇すべてスクリーニング数
10月3日~10月 5日まで 3日間 38編(マーケットプレミア 21編) 46回

◇現在成果を出した代表的な取り引き内訳
(下のセールス現況は各セールス会社から受けた資料に根拠してアジアンフィルムマーケットで自体集計したことで, 公開されないその他取り引き状況は含まれない.)
<韓国作品>
=パインカット
露営席監督の ‘ナッスル’をイレブンアツ(日本)に販売
=迷路ビジョン
キム・テシク監督の ‘妻の恋人に会う’をサークルオブコンフュージョン(アメリカ)に販売
=CJエンターテイメント
イ・チャンドン監督の ‘密陽’をラピッド子供(ドイツ)に販売
キム・ジウン監督の ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’をセルレショル無ビーズ(香港)とノンストップエンターテイメント(スウェーデン)に販売
キム・ジョンヨウ監督の ‘阿羅漢’をノンストップエンターテイメント(スウェーデン)に販売
柳河監督の ‘マルズックゴリ残酷史(マルチュク青春通り)’, グォンチルである監督の ‘お熱いのがお好き’, グァックジギュン監督の ‘愛するから, 大丈夫なの’, キム・サンジン監督の ‘権純分女史拉致事件’, チャン・ジン監督の ‘息子’を SBS(オーストラリア)に販売
イズンイック監督の ‘ラジオスター’をえぐられたピルルムズ(日本)に販売
キム・ユジン監督の ‘神機箭’をエンファシスビデオエンターテイメント(香港)に販売
<香港作品>
= 埋めてエンターテイメントグループ
‘ホゾブモング’をユナイテッドビデオ(タイ), スプルレンデ−ドピルルムズ(ドイツ), ベンデタピルルムズ(オーストラリア)に販売
<日本>
= TBS
‘東京ガール’をメディアストーリー(韓国)とエドコピルルムズ(香港)に販売
<ヨーロッパ及び米洲>
=ババリアエンターテイメント (ドイツ)
フィリップグロニング監督の ‘グロベスティルレ’を映画社濃い陣(韓国)に販売
=エムオピル (ドイツ)
アンドレイザキモスキ監督の ‘トリックス’を鼻というピックチォス(韓国)に販売
=フィルムソックス (アルゼンチン)
‘写真’を SBS(オーストラリ))に販売

◇PPP結果
=2008年プロジェクト数: 総 30編
=合コン結果:
公式合コン回数総 500余回

◇BIFCOM 結果
= 合コン結果: 総 460余回

◇授賞結果
▲PPP プロジェクト授賞
釜山上: ヤスミンアフマド ‘勿忘草’ マレーシア, 日本
釜山広域市が毎年出資してアジアの有能な監督, 製作者に 2,000万ウォン支援
コダック上: イ・チャンドン監督‘ポエトリー(仮題)’ 韓国
韓国コダック株式会社で韓国映画プロジェクトに 2,000万ウォン相当のネガチブフィルム支援
BFC上: 膓胃には ‘1933’ 中国
釜山の映像製作サポートセンターである釜山映像委員会(BFO)が現金 1,000万ウォン支援
OFKファンド(在外同胞財団)): 右だからルコングト ‘旅人’ 韓国, フランス
社団法人在外同胞財団で在外同胞監督のプロジェクト一篇に 1,000万ウォン授賞
イエーテボリ映画祭ファンド上: 角くて芝 ‘花嫁’ イラン
イエーテボリ映画祭ファンドがサポート対象国で指定した国家で参加する 8~10人の監督とプロデューサーたちに総 2,000万ウォン相当の旅行経費と体制費を支援. 一篇のプロジェクトには約 300万ウォンの賞金支援
私たち上: 正犯式 ‘ユジニア’ 韓国
私たち創業投資で韓国プロジェクト一篇に現金 1,000万ウォン授賞

▲BIFCO 授賞
ブースバースト上: フィルムコミッション ‘北九州フィルムコミッション: 日本’, 産業体 ‘マジックビジョン’
BIFCOM 2008 参加業社の中で最高デコレーションブースに授与する上にフィルムコミッションと産業体の各1ヶ所を選定して賞牌贈呈

洪庭園 man@newsen.com 精油陣 noir1979@newsen.com


2008-10-07 07:29:03
by kazem2 | 2008-10-07 08:48 | News