ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シネマ列車ホーラムにて

釜山国際映画祭開幕… ‘シネマ列車フォーラム’ 韓国映画を論ずる

“十三回目 ‘映画の海’にいらっしゃった皆さんを歓迎します!”

第13回釜山国際映画祭が 2日午後 5時釜山スヨンマンヨット競技場野外上映場でカザフスタンルステムアブドラシェプ(38) 監督の映画 ‘スターリンの贈り物(The Gift to Stalin)’ 上映を始まりに 10日閉幕まで 9日日程の幕をあげた.
祝い舞台ではソプラノシンヤングオックさんが映画 ‘ミッション’(1986年)の挿入曲 ‘ネルだとファンタジア’とオペラ ‘カルメン’の ‘ハバネラ’を熱唱して喝采を浴びた.





しかしこの日午前知られた俳優崔ジンシルさんの自殺消息余波で開幕式はおごそかで静かな雰囲気だった. 金委員長は開幕宣言を終えて “恐れ入る申し上げる”と “国民の愛をたくさん受けた, とても可愛かった俳優崔ジンシルさんが急に他界した. 釜山を尋ねた映画人たちと一緒に故人の冥福を祈る”と言った. 催さんの殯所を尋ねた俳優パク・チュンフン イ・ビョンホンさんはレッドカーペット入場行事に不参した.

アブドラシェプ監督は開幕式の前に開かれた記者会見で “現在を生きて行く世代の視覚で過去の事件を振り返った映画”と言いながら “主演俳優ヌルズだけイフティムバイェプは幼い頃少数民族強制移住を直接目撃した”と言った.

秋, 釜山は映画に濡れて… 釜山の秋を刺繍する第13回釜山国際映画祭が 2日午後釜山スヨンマンヨット競技場で開幕された. 観覧客たちが野外上映館で開幕作であるカザフスタンルステムアブドラシェプ監督 ‘スターリンの贈り物’を観覧している. 世界的水準の映画祭に背伸びしたこの映画祭は海雲台と南浦洞一帯から 10日まで続く. 釜山=催嶺号記者

今度映画祭では歴代最多である 60ヶ国 315編の招請作を釜山海雲台と南浦洞一帯 37個上映館で見られる.

一方この日午後 1時半ソウルを出発した釜山行 KTX 1車両シネマ列車では釜山国際映画祭を捜すために列車に上がった映画関係者たちが韓国映画産業の悩みを話して意見を分ける ‘シネマ列車フォーラム’が開かれた.
ハングックヤングファサンアップゾングチェックポロムが主催したこの日行事にはガングハンソブ映画振興委員会委員長, ユインテックアジア文化技術投資代表, 映画監督イ・ミョンセ金迎賓グァックゼヨングさん, シン・チョルシンシネ代表と最とはアイエムピックチョス代表, チョン・チャンイル淑明女子大教授, チョン・ジェヒョン東国大映画アイコニクス科教授など映画関係者 50余人が一緒にした.

主要話題は投資活性化と流通構造先進化. ガングハンソブ栄進委員長は “流通独寡占問題から解決する”と “3期の時生じた公正競争特別委員会を積極稼動する一方政府部処と一緒に市場の自律的合意を導き出す方法を捜す”と言った.

グァックゼヨング監督は “映画人の反省が先行されなければならない”と “私は継がれた建物を売って初映画を撮った. このごろ映画人たちが他人のお金をもらって取ってばかりして見たら製作社の仕事を代行する水準で役目と立地が細くなった. 自生努力を止めてはいけない”と言った.

崔ジンシルさんの急な死に対する哀悼の言葉もあちこちで行き交った. イ・ミョンセ監督は “1990年 ‘私の愛私の花嫁’ 主演で会った時見た白くて清い笑いが一昨日のように鮮やかなのに…”と言いながら言葉を濁ごした.

釜山=ソンテックギュン記者 sohn@donga.com
by kazem2 | 2008-10-03 07:51 | News