ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

韓国 お酒事情 ビールVS焼酎

秋願うことがそよそよと吹いて来れば愛酒家は ‘なみなみ’ 焼酎の杯を満たしたくなる. ‘キャ~’ 音が自然にする. 夏がビールの季節なら冬は焼酒の季節だ. あふれるほど満たしても 52~55mlくらいになる狭い空間である焼酎の杯をおいて庶民たちはアメリカ発金融危機に対して, 韓国経済に対して舌が曲がるように話して話す. 焼酎の杯の前で宗教と政治, 思想はマッブディッヒンダ. 権力者たちと持った者等は馬具馬具シブヒンダ.
♡HiteビールのCM



ジンロは日帝強制占領期間から, 斗山は 93年に進入

‘初めのように’ ‘真実露フレッシュ’

景気が不況である時もっとよく売れるという焼酒. その焼酒の代名詞であるジンロは日帝強制占領期間である 1924年そのザングハックヨブ会長が平南竜岡に ‘鎭川醸造商会’を立てながら出発した. 当時だけでも全国に焼酒製造業社はおおよそ 3200余個に至った. 50年代 ‘国民株’はどぶろくだったが焼酒はすぐどぶろくを追い付く. 54年 0.3%にとどまったジンロのマーケットーシェアは 64年 10%で高くなる. 庶民たちの酒のテーブルに上がってどぶろくの人気を圧したのだ. 急速な経済成長が持って来た競争とストレスがどぶろくにギョンズォ ‘強いお酒’である焼酒消費を幾何級数的に引き上げたのではないか.
この時だけでもジンロは今のように 1位業社ではなかった. ジンロが希薄式焼酒を初めて出した 65年だけしても焼酒市場は三学の独り舞台だった. ジンロが市場の主導権を曲げてつかんだことは 73年アルコール度数を 5度も下った ‘25度ジンロ’を出すからだ. ジンロという名前は 75年から使い始めた. この時までは ‘洛東江’と言う商標だった. ジンロ(真露)は生産地だった平南竜岡君陣地(真池)綿衣 ‘チン’(真)者に焼酒を蒸溜する時お酒滴が露のようにくすぶると日 ‘露路’(露)者を付けて作ったと言う.

93年大企業斗山は江原道焼酒ギョングワルを引き受けて焼酒市場に跳びこむ. 翌年ギョングワル ‘グリーン’は大関嶺を越えてソウルで進撃する. グリーンは国内焼酒業界最初で緑容器を使った. 焼酒名前のようにきれいであることを強調するためだ. ジンロは 1970年代から透明なエメラルド色焼酒瓶を使って来たが, 結局 98年 ‘真実露’をお目見えしながら緑容器に変えた. 緑がもっと柔らかくてきれいに見えて, 透明な容器に盛られた焼酒は強く見えるという認識のためだった.

‘ビールは斗山, 焼酒はジンロ’で各自の領域を位置づけとあった二つの会社は 90年代以後相手の領域に誰もが進出して銃刀ない戦争をするようになる. 92年ジンロがジンロクオスと言うビール会社を建てた後斗山のOBビールに挑戦状を突き出したし, 斗山もここに負けやしないか鏡月焼酎を引き受けて勢いをおいたのだ. この頃洋酒市場でもジンロと斗山はインペリアルとパスポートをそれぞれ出して激突した.

危機はジンロで始まった. 外部の危機ではない内部の危機だった. ジンロは 90年代総合グループで変身を試みる. 焼酒事業だけではなく流通, 制約, 建設, 有線放送などで事業範囲を広げる. しかし外為危機で直撃弾を迎える. 97年ひととき系列社 24個に 3兆ウォンのグループ売上げを記録したジンロは企業不渡りという最大危機状況を迎える. 97年 44%だったマーケットーシェアは 98年 38%で墜落した.

ジンロが勝負の賭で出したのがすぐ ‘真実露’だ. アルコール度数 23度の真実露が市場にお目見えしたことは 98年 10月. 会社が最悪の状況に陷っている時だった. 広告販促費が必要だったがお金がなかった. 職員たちが身で済ました. 末端職員から最高経営者まで酒店・食堂・スーパーマーケットを選り分けないで捜し回って仕事を手伝ってくれて, 顧客と直接会う ‘肉弾マーケティング’を広げた. 外為危機で苦痛を受けていた庶民たちはデナムスッ濾過焼酒という ‘さて(真)露(露)’に抜けた. 2003年 5月法廷管理に入って行ったジンロは 2005年 6月ハイトビールを新しい主人でそうたちながら ‘第2の創業’を宣言した.

23度, 21度, 19度… 柔らかいお酒でウィンウィン

2000年以来二つの会社は焼酎の杯が壊れるほどライバル競争をする. 焼酒はイメージだ. 記号やトレンドに敏感に応じる. これらがする焼酒戦争はすぐイメージ戦争だった. 1998年 23度焼酒, 2001年緑茶焼酒, 2006年 20度, 2007年 19.5度, 砂糖無し・塩焼酒論争につながった.
このような論争は斗山新しい製品のマーケットーシェアが 10%台に進入するなどところも変化が見える時現われた. また焼酒オンシーズンの春行楽季節を控えた 2月や冬季がぐっと近付いた 8~9月に主に起きた. オンシーズン焼酒市場先行獲得のための気力の戦いだった. このような論争が起れば愛酒家たちは自然に焼酒にもっと多い関心をこぼすようになる. 焼酒業社としては販促活動をしなくてかなり良い収益をあげることができる.

柔らかい焼酒時代を開いたまろやかな焼酒戦争は一番目立つライバル競争だ. 23度だったアルコール度数を 21度, そして 19度でぞくぞく低めながらまろやかな焼酒戦争はつながった. この過程を経りながら焼酒はぴりっと刺す毒毒しいイメージを脱いで女性たちも負担のなく楽しむことができる柔らかいお酒で新しい服を着替えた. 二つの会社皆ウィンウィンした側面もある. 高いアルコールの含量を落としながら数十億ウォンの生産原価を減らした一方, 度数が低くなったお酒の販売量はむしろ増える效果をおさめたのだ.

挑戦は 2位企業の特権だ. 斗山が挑発をした. 斗山は 2006年会心の力作 ‘初めのように’を出す. アルカリ還元数イメージとウェルビングトレンドで焼酒市場 6位だった斗山は一気に 2位に立ち上がる. 19.5度の焼酒もあの時出た. ジンロは去る 2005年全国マーケットーシェア 55.4% 記録を立てた後斗山の挟攻に滞ってマーケットーシェアが 47%台に落ちた. ジンロも 19.5道人 ‘真実露フレッシュ’を出しながら大反撃を加えた. 現在マーケットーシェアはジンロが 51%, 斗山が 11% 位だ.

2006年ジンロは自社製品である真実露と斗山のチォウムチォロムを比べる広告でチォウムチォロムが電気分解過程を経ったという点を強調しながら電気に感電される危ない状況が連想するようにした. 斗山も新聞広告で二つの製品を比べながら自社製品であるチォウムチォロムがアルカリ性焼酒製造の基準で真実露はこれを模倣した ‘チァックトング’であるのように表現した. その後ジンロが ‘砂糖を抜いたガム, 砂糖を抜いたジュース, 砂糖を抜いた焼酒’という広告を出すと, 斗山は ‘砂糖はなくて塩もない’と言うメッセージのフォスター広告を配布した.

今年も会社は再び大変を経験するようになる. ジンロは上場が廃止されてから 5年ぶりに宰相場を推進する. 1997年外為危機の時不渡りになった後 11年ぶりだ. ここにジンロは真実露フレッシュ発売開始以後 2年ぶりに焼酒新製品を出す. ジンロは新製品広報を極大化するためにソン・ヘギョをモデルに起用した. ジンロは 9月24日ロッテホテルでユンゾングウング社長が参加した中に新製品発売開始記者懇談会を開催する. 新製品は今年の下半期上場を控えているジンロの野心作と知られた. 9月19日現在までジンロ側は “度数, ブランド名前など確定されたことが何もない”と知らんぶりをテッダ.

日本酒するように, 外国ワインとグローバル競争も

斗山は主類事業売却説がずっとゆらゆらと立ち上っている. 斗山は売却事実を否認して主類部門を売るつもりが全然ないと主張している. 斗山主類部門は焼酒市場でジンロに引き継いだ 2位のマーケットーシェア(2008年 1半期 12.5%, 輸出含み)と攻撃的マーケティングに確保した力強いブランドパワーを持っていると主張する. しかし市場ではロッテなどの引受説が絶えず出ている.
焼酒は我が国の代表株で位置づけたが酒の味を一つで統一して伝統株開発を劣るようにしたという批判も受けた. 最近には日本お酒であるサケと輸入葡萄酒とも手に負えないけんかをしている. 焼酒の競争者はビールやどぶろくではないグローバルお酒たちであるわけだ.

セクシースター イ・ヒョリと人気タレント ギム・アズング. 去年から焼酒会社の広告モデルでマッザングを外した. イ・ヒョリは斗山 ‘初めのように’のモデルに出てセクシーな踊りで焼酒瓶をフンドルオデッダ. ギムアズングはジンロ ‘真実露フレッシュ’ 広告で約束時間に遅いボーイフレンドに焼酒一杯を勧めてロブシャッを叫びたてた.

焼酒業界のモデルには 1960~70年代だけでもソ・ヨンチュン, 閔指環など庶民的なイメージの男芸能人が主に起用された. しかし 80年代中盤以後女性モデルが慣行のように固まっている. イ・ヨンエ・グ・ヘソン・ギムアズング・イ・ヒョリなど女スターたちがたくさん出た. 一方アルコール度数が低いビールの場合パク・チュンフン・チョン・ウソン・ウォン・ビン・キム・レウォン・グァン・サンウ・イ・ビョンホンなど男性スターたちが広告モデルに出た. ハイトビールはイングランドフリー米語リーガー パク・チソンを通じて始原と躍動的な姿を強調した.

株消費層がビールは女性で焼酒は男性である点を勘案して各各理性をモデルに立てたのだ. 焼酒を飲む人を性別で分けて見れば男性の割合が 70%でずっと高い方だ. ここに美女スターがモデルに出れば 20代大学生から 30代初盤男性まで呼応度が高いからだと焼酒業界は説明する. アルコール度数でビールにギョンズォ ‘独走’である焼酒の広告モデルである女性モデルたちは初初しいイメージにアッピールして来た.

もちろん最近焼酒広告に男が登場した場合もあった. 斗山 ‘初めのように’このマンガが虚栄のみをモデルに起用した. 斗山側は “映画 <タチァ>の原作者であるホさんはマンガを映画など他の分野で開拓した. 柔らかい焼酒という新しい市場を開拓することを強調するためにホさんをモデルに選定した”と言った.
一方斗山の ‘初めのように’このイ・ヒョリを先に立たせて出した ‘瓶ごと振っていじめは柔らかいお酒になる’と言う広告は科学的に説得力があるか?斗山側は “振ると小くなった水粒子の中にアルコールが染みこんでおいしくなる”と主張する. しかしジンロ側は “製造過程で充分に振って交ぜたからもっと振ったところで要らない”と駁する.

ゾングヒョックズン記者 june@hani.co.kr
2008.09.26 第728号
e0109292_18471666.jpg

by kazem2 | 2008-09-26 18:17 | 趣のままに