ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ソン・ガンホ 「ノム」と「こうもり」でアメリカへ

‘ノムノムノム’ 100個スクリーン狙い来年アメリカ上陸, パク・チャヌク新作 ‘コウモリ’も アメリカ配給社で煮物

映画俳優ソン・ガンホが韓国映画で世界最大規模の映画市場であるアメリカ舞台をノックする. 最近多い俳優たちがハリウッドに進出しているがソン・ガンホは堂堂と韓国映画で海外市場を開拓している.
国内俳優の中で最高の演技力と興行力を一緒に取り揃えたと評価を受けるソン・ガンホ. しかし “ションファン(ショーン・ペン?)が韓国語で演技したら自分の能力をすべて見せてくれることができるか? 私も同じだ”と海外進出を厭って来た.




ソン・ガンホは 2006年 ‘化け物’を始まりにアメリカ市場で自分の存在を徐徐に知らせ始めた. ‘化け物’は 2007年アメリカ 71個スクリーンで出発 116個で拡がって 220万ドルの収入をあげた. 特に ‘化け物’と ‘密陽’でカンヌ国際映画祭で 2年連続注目を引いていくつかの海外監督が非公開でキャスティングを申し入れたがこれを差し置いた.
代わりにソン・ガンホは自分の出演作 2編が相次いでアメリカ市場封切りを待っている. 来年 ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ’, ‘コウモリ’を連続して北米市場でお目見えしてソン・ガンホの名前をアメリカに堂堂と知らせる予定だ. ‘コウモリ’はアメリカの大型配給社ポコプピックチォスが北米全域配給を引き受けて期待が高い. 製作関係者は “雨英語映画で限界があるが北米全域で韓国語映画では最大規模で封切られることで期待している“その明らかにした.

‘コウモリ’はまだ撮影が進行されているがパク・チャンヌク監督の新作でカンヌ国際映画祭など海外映画祭でもう作品の招請に関心をこぼしている. 国内で興行成績, 国際映画祭で成果などによって大規模でアメリカに紹介されることができる.
‘コウモリ’と一緒に ‘良いやつ, 悪者,変なやつ’ やはりアメリカの中堅配給社 IFC エンターテイメントが配給を引き受けて来年初 100個規模スクリーンで出発する計画だ.

異径号記者 rush@donga.com
2008-09-24 07:32
by kazem2 | 2008-09-24 09:14 | News