ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓国映画にルネッサンスはくるのか

韓国映画沈滞, その解法はあるか ?

その間韓国映画はスターたちの障りない身の代金の垂直上昇と製作コストの急上昇した. これといっしょに広報費用の急激な上昇によって製作単価が急激に高くなった一方引続いた興行惨敗によって映画に投資する資本が急激に減少しながら極甚な不況に苦しんだしこれは韓国映画危機論までつながった.
しかし約 35億ウォンの製作コストをかかった映画追い手が 400万観客突破という興行に成功しながらその間深い不況に陷っていた韓国映画の控え目な復活の希望を夢見るようにした. また今年の上半期最大話題作であるキム・ジウン監督の ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ’も封切り 24日ぶりに 600万観客を動員したし, ボン・ジュノ, パク・チャヌクなど有名監督たちの相次ぐ作品製作, 外国メージャー会社の投資誘致成功などいくつかの兆しは韓国映画産業に再び曙光が映るはずだという期待にいっぱいになるようにした.




しかし韓国映画危機脱出という明るい未来を見通すにはまだ尚早な期待という意見も手強い. 今年の上半期韓国映画劇場観客シェアは 2000年以来一番低い水準を記録したし, 観客数も去年に比べて 2.1% 減少したからだ.
‘ノムノムノム’興行で 7月観客数が 6月に比べて増加したが, 去年 7月に比べては 0.5% 減った. 2006年 ‘化け物’ 興行で高点を付けた後 2年目下落成り行きだ. 映画が輸入をあげることができずに, これによって投資者なだらかではない悪循環が繰り返されながら何より遊んでいる現場人力が増えている点も大きい問題で目立っている.
このように山積んでいる多くの問題によって韓国映画は困難を経験している. 果して韓国映画不況の終りはいつ頃日誌, 韓国映画のルネサンスがまた来ることができるか, 本日 9月 20日放送されるで今後の韓国映画発展方向に対して映画専門家たちと共に酸っぱさも深く討論して見る.

* 討論者

ー韓国映画祭作家協会副会長李ジュン洞 “観客がいなければ映画もない.”
ー青年フィルム代表金條鋼数 “韓国映画は米画にマッチァング浮かんでいる数少ない映画! ”
ー東国大映像美ディア大学教授ギムヒェズン (前 映画振興委員会事務局長)

"韓国映画はじっと好きな私たちの話だ!"

ー 映画評論家チョ・ワンヒ
“韓国映画は若い. 韓国映画は ... (比較的) 若者達が作って, (比較的) 若者達のための映画が主で, (相対的に) 主類映画製作国たちに比べて全盛期に迎えてから間もなかったし, まだその製作システムが成熟しなかったし, それによって競争力が劣るが, あれほど変化の可能性も高いからだ
by kazem2 | 2008-09-20 08:12 | Movie