ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「卒業」のその後のふたりが小説になりました

先日 ダスティン・ホフマン主演映画「卒業」を記事にしましたが
今朝の新聞の文化欄に「卒業 Part2」という記事がありました
ベンジャミンが教会からエレインを奪って逃げた 二人の
その後日談を描いた続編小説 「卒業」Part2(白夜書房)が
20日に刊行されるそうです

その後の二人はどうなったか?

40年以上の時を経て 世界中の映画ファンの疑問に原作者が
答える「話題作」と結んでありました
映画の結末では 成し遂げた喜びの表情のベンジャミンとは
ちがい エレインの表情は厳しかったように思います
その後の「二人の将来はバラ色なのか?」といった論争が
巻き起こったのだそうです






物語は花嫁奪取の11年後から始まります
営業担当のF氏は「卒業」世代のひとりで 「続論」を読んで
がっかりしたり余計なお世話と思ったりする人、そうなったかと思う
人もいるでしょう
いろいろな読み方ができる。
「二人のその後は?」という疑問に答える作品になっていると話しています

私はまだ学生でしたが この映画を観て その後の二人について
考えたことはなかったように思いますが それでも母親と関係を
持った彼をどう許すのかしらと思ったような気がします
教会での奪い取りで あのロビンソン夫人の罵倒するシーンが強烈だったので 引き離されるだろうなとぼんやりと考えたような気がします
by kazem2 | 2008-09-19 12:59 | 趣のままに