ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画関連株 「まな板の鯉」状態

映画製作社バルンソンが新作效果に負って急騰勢を現わしながら映画関連種目の極甚な株価変動性がまな板の上に上がっている.
コスダック市場テーマ株の中でも単発性性格が濃いところに至ったところ '作戦'に上手い個人投資者たちの主要対象になっていると無分別な投資を慎みなさいという専門家たちの助言だ.
700万観客を集めた映画 '良いやつ, 悪者, 変なやつ' 製作社であつい人気に乗ったバルンソンは 18日前日備え 80ウォン(14.55%) 上がった 680ウォンに取り引きを終えた.






この日場中 480ウォンまで落ちて 52株新低価を記録したバルンソンは午後に入って CJエンターテイメントと映画 'マザー' 製作及び供給契約を締結したという発表以後急騰勢に乗って上限価で締め切られた. 契約金額は 66億ウォンで直前年も売上高対比 16.66%にあたる規模だ.
会社側は "映画を製作して契約相手である CJエンターに供給して今後の映画上映などによる純利益発生の時 40%を追加で配分受ける事にした"と説明した.
株式市場では断然好材と作用した. 'ノムノムノム'と一緒に映画が興行に成功する場合収益性向上につながることと言う期待感のため.
しかし短期間急騰後下落曲線を描く株価変動性に対しては注意が必要だという指摘だ.
ギムフィソング留陣投資証券アナリストはこれを置いて "数字が出れば株価はすぐ死ぬ"と表現した. 興行可否を別にして封切りとともに株価は下落成り行きに置かれる場合が大多数と言う説明だ.
実際バルンソンは 'ノムノムノム'が封切りした 7月中旬以後下落曲線を描きながら株価が 1500ウォン台で最近 500ウォン大道座りこんだ.
太原エンターテイメント, IHQ, メディアフレックス, CJ CGV, プライムエンターテイメントなども似ている事例で数えられる.
ギムフィソングアナリストは "このごろ同じ急落場ではテーマ株を探して出る短打投資者たちが意地を張るようにものと決まっている"と言いながら "実績などファンダメンタルを全然考慮しないで受益率だけ追う無分別な追い討ち買受は慎まなければならない"と勧告した.
彼は引き続き "ファンダメンタルと無関係に市場が悪くなって一緒に急落する場合, 反騰の始まる時は実績が良い種目の反騰速度がずっと早い"と "映画関連株でも実績株に対する接近が有效なこと"と助言した.

2008-09-19 11:13 金恵園 kimhye@asiaeconomy.co.kr
by kazem2 | 2008-09-19 11:58 | News