ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忠武路俳優空洞化現象・・・ブラウン管へ大移動

いまや ‘ドラマ全盛時代’だ. 極甚な不況を経験している映画界現状況と違いドラマ係はいつよりも派手な好況を当たっている. スターたちが映画界にお正月所が減りながら大挙ドラマに追われているのだ. 映画俳優とタレント仕分けはもう曖昧になった.

ソン・スンホン ヨンゾングフン ハンジヒェイダヘは MBC ‘エデンの東’, 金明敏ザンググンソックイジアは ‘ベートーベンウイルス’に出る. 映画俳優ムン・ソリは ‘太王使臣期’に引き続きまさに ‘私の人生の黄金期’から演技を広げる. チャン・ヒョク キム・ミンジュン ハンイェスルカン・ソンヨンは SBS ‘タチァ’, ヨム・ジョンアボン・テギュは ‘ウォキングマム’, ジョン・ジンヨン パク・ゴンヒョン宋一国催庭園は KBS ‘風の国’に出演する.



これから放送されるドラマにもトップスターたちは多い. ムン・クンヨンパク・シンヤン リュスングリョングは来る 24日最初放送する ‘風の花園’に出て, チョン・ジュンホはMBC ‘ネセングエ最後のスキャンダル’ シーズン1に引き続きシーズン2にも出演する.
ソン・ヘギョとヒョンビンは 11月放送される KBS ‘彼らが住む世の中’に出演する. チェ・ジウは 12月放送予定である SBS ‘五私の女神様’, ハン・チェヨンは ‘ファッション王’ 出演を真剣に高麗の中だ. イ・ビョンホンは来年放映予定である ‘アイリス’にキャスティングされた.
ボン・テギュ ジョン・ジンヨン ムン・クンヨン ソン・ヘギョ イ・ビョンホンなどのように主に映画に出演したスターたちがブラウン管に帰って来たのだ. 特に今度はハンジヒェであったと言ってムン・ソリ催庭園チョン・ジュンホ イジアのようにスターたちがドラマにぞくぞく出演するという点が目立つ.
その間俳優たちは大部分慣例のようにブラウン管で浮かべばすぐ撮影環境が楽な映画で引き返して定着するとかドラマにはたまに出演して来たからだ.
仮にスターたちだけではない. 映画監督を含めて CG, 広報など映画側に携わったスタッフもドラマ側で仕事をする場合が増えている.
‘アイリス’は映画 ‘Taegukgi’のカン・ジェギュ監督がメガホンを取ったし, もう多い映画監督たちがケーブルチャンネルの TV映画演出者に参加した.
‘太王使臣期’ CG業社であるモペックも映画側を走路した所であり, 映画人映画社森など代表的な映画広報社たちもドラマ広報を徐徐にふやしている.
一方, 最近ドラマといっしょにミュージカルにもスターたちの殺到するきらいがある. ‘我が心のオルガン’ オ・マンソクのように初めて自分が活動したミュージカルに帰ったり, ユ・ジュンサンも最近 ‘楽しい人生’ 出演を決めた.
これとは別にシン・ヘチョル キム・ウォンジュンのような歌手たちもそれぞれ ‘マリアマリア’, ‘ラジオスター’ 出演を決めた. この外にもミュージカルに出演する俳優と歌手たちはおびただしい.
多くのスターたちを選択して見られるということは分明視聴者たちには嬉しい事だ. しかし一刻では憂慮する視覚も少なくない. 最大の問題はトップスターたちがドラマを占領しながら新人たちの立つ場所が減るというのだ.
この外に新韓流スターたちが作られないという点, ギャランティーが両極化されるという点も憂慮されている. ミュージカル側でも経験の不足なスターたちが投入されることに対する憂慮がある.
映画とドラマ広報を一緒にしているある関係者は “ドラマのクォリティーが高くなってスターたちの出演で大作たちが零れ落ちているが, ドラマが内実よりともすれば規模だけ大きくなるのに焦点が合わせられる切ない. 映画界の二の舞を演じないようにドラマがよくできる時仕組あるように成り立ったらと思う”と言った.

スポーツワールドタックジンヒョン記者 tak0427@sportsworldi.com

2008.09.19 (金) 09:39, 最終修正 2008.09.19 (金) 10:22
by kazem2 | 2008-09-19 11:18 | News