ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007.2.1~

ラジオより 聞こえおる 春よ来い

寒戻り 布団にもぐる 今日の朝

天空の 矢の突き刺さる 節分祭

寒中の 金剛登山は 息の中

立春の 暦のような 暖かさ

マフラーを はずして歩く 帰り道

季節ゆき 生駒の山は 春霞

磯釣りの 冬の海にも 親子似て

春隣り 嬉しいニュースに 飛び上がる

しっとりと 冬靄かかる 夜の街





大川の 流れもゆるく 蕾増え

流氷の 漂う海の 藍さかな

ひっそりと 春を告げゆく ザゼンソウ

春嵐 生暖かい 今朝の風

春一番 どこで吹いたか 家の中

ふんわりと バター風味の シチュウ煮る

デコポンの デコをかじって 酸味摂る

冬の朝 コンギ遊びの ルーツ知る

白飯に 寒卵のせ こきこみぬ

尖がった 上弦の月 冴え渡る

鶯も 遅れはとらじと 鳴き競う

暖かく さくらの蕾 ふくらみて

山焼きの カルスト台地に 春きたる

孫っちの チューリップという フランス語

緊張の 面持ちふかく 春を待つ

さくらさく 知らせ待ちわび 茶をすする

風光る 生駒の山の ゆるやかに

春時雨 帰り支度の 足ぬらす
by kazem2 | 2008-09-16 09:01 | 俳句