ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

独立映画「われらアクション俳優だ」HIT!

スタンドマン出身たちが主演俳優に登場して話題を呼び起こしているドキュメンタリー映画 <われらはアクション俳優だ>のゾングビョングギル(28) 監督を見れば論語 ‘オングヤピョン(雍也篇)’の一句節 “知之者(支持者) 不如好之者(ブルヨホジザ) 好之者(護持者) 不如楽之者(ブルヨラックジザ)”が浮び上がる.
“知り合いは好きな人だけできなくて, 好きな人は楽しむ人だけできない”という意味であるこの句節は自分の仕事と愛に陷った人は努力して才能ある人よりずっとすぐれるという意味でも解釈することができる. そんな人が結局持続的な成功ができるという話だ.






e0109292_11454453.jpg
スタンドマン養成機関であるソウルアクションスクールの 8芸者であるゾングビョングギル監督は誰よりアクション俳優の世界をよく分かっている. 彼は香港俳優ズソングチのようにアクション演技をする監督の夢をつかむための ‘度胸’ 一つだけ信じてソウルアクションスクールに入学した. その前まで彼は未台入学を準備衆人 ‘三手生’ または ‘郡駄’と呼ばれた.
6ヶ月の酷い訓練過程を ‘悪’で堪え出した彼は最後の卒業作品を取る時同期生たちに独特の提案をした. 修了作でアクション映画を作ろうというのだった. アクションスクールの修了作はあの時までにしても ‘TACHIMAWA LEE’(格闘場面と言う意味の日本語) 式のアクション場面のみを撮ることがほとんど全部だから断片アクション映画を取ろうという提案はすごく新鮮だった.
ゾングビョングギルはアクションスクール修了作 <刃右に出る>から主演俳優, 脚本, 監督の 1インダヨックをやりこなした. この映画はただ修了作で終わらなかった. ‘富川映画祭ファンタスティック傑作では’と ‘距離通り美術展特別招請作’, ‘映画振興共和国特別賞英作’になりながらアクションスクールが誕生させた最初の断片アクション映画で生まれかわった. <刃右に出る>と言うゾングビョングギルを映画監督で作ってくれた娘作であるわけだ.
“映画を撮る事は私が一番よくすることができる事で, 現在私ができる仕事中, 一番たやすい事でもあります. それで映画を撮ります.” ゾングビョングギルは自分が一番よくすることができる事に俗語にオールインした. 繰り返される大学入試失敗, 部屋の中で寝転んでフリーターという荷札をつけて暮した彼は一歩遅れて映画と愛に陷ったのだ.

2006年 <ロックンロ−ルにおいて重要なこと三種類>という断片映画でソウル独立映画祭で観客上を受けたゾングビョングギルは観客に楽しさと感動を同時に与えることができる長編ドキュメンタリー映画に挑戦したくなった. ‘ゾングビョングギルではなければ誰もできない事をやらかそう’と念をおした彼は 20代青春の自画像と夢話が素材であるスタンドマンの世界を扱うつもりだった.
‘スター俳優たちが助演になって陰に選り分けられたアクション俳優が主演になる映画を作ろう.’ 言った企画案を持って 8期同期たちを尋ねた. もう彼の前作を見た友達はアクション俳優の世界を溌剌として愉快な映画で作りたいという友達の言葉に ‘ピールがささって’ その即時意気投合する事にした. スタント活動をするグィドック, 濃い席, 聖日が先に映画を撮り始めたし, 鬼のようにこの消息が分かって取りたいと飛びかかった世塵と幼いが能力のある弟ムンチォルを一歩遅れて合流させた. その後総 1年6ヶ月と言う製作過程を通して誕生した映画がところで <われらはアクション俳優だ>だ.

映画マニアたちの間で封切りの前からくちのうわさに乗って顔が売れた <われらはアクション俳優だ>は今年全州国際映画祭で最高人気賞と CGV 韓国長編映画封切り支援上まで 2冠王の栄誉を占めた. それに正東津独立映画祭から観客上まで受けた. それのみか. ニューヨークアジアフィルムフェスティバルやバンクーバー国際映画祭, 日本タナベ弁慶映画祭, アジアパーシーフィックスクリーンオウォズ(APSA)に出品されるなど国内外で熱いラブコールを受けている中だ. 一言で, 大当りだ.
そんな中にゾングビョングギルは今 <チォングニョンポックドメングジンが>というおもしろい次期作を準備の中だ. 10億ウォンだというしたたかな投資金も確保しておいた状態だ. ゾングビョングギルに対してよく分からない人々は彼がまるで映画一本で大当りを当たった運が良い若い監督だと思うかも知れない.
e0109292_11465316.jpg

ゾングビョングギル監督, グァックジンソック, グォンギドック

他人達より易しく監督になったし, 作る映画ごとに喪服がこんこんと裂けて ‘運が良いやつ’と言うニックネームをつけて暮すからだ. しかし団地 ‘運’ のためだけではない. 彼は自分が一番よくすることができる事を最後まであきらめないで邁進した. また, 好きな事を楽しみながら働いた. 特有の楽天性も失わなかった.
<われらはアクション俳優だ>を取る当時映画振興委員会などを通じて製作コストを支援受けたが 1年の間の撮影期間は長くて退屈だった. 弱り目に崇り目製作コストもそろそろ底が見え始めた. スタンドマンの世界を取る事は決してたやすい事ではなかった. 自然に私生活はあきらめなければならなかったしいつ呼び出しされるかも知れないアクション俳優を追うために増える ‘スタンバイ’ 状態だった.
一度は聖日と濃い席, ムンチォルが映画 <良いやつ, 悪者, 変なやつ>に出演すると言って中国現場まで付いて行ったことがあった. ゾングビョングギルには生まれて初めてやって見る海外旅行だった. 何よりキム・ジウン監督の <ノムノムノム> 現場を映画に盛ることができるということに彼は興奮した.
しかし実際に中国に到着すると現場は徹底的に統制されたし中間役目をしてくれる事にした聖日は上海空港で ‘任天堂ゲーム’に落ちこんだ筒に飛行機を逃して ‘国際迷子’になっておくれた.
まさに山過ぎて水向こう中国まで行って ‘撮影禁止’と言う思いがけない障壁にぶつかって <ノムノムノム> 現場を高根の花のように眺めなければならなかったゾングビョングギル. こんな場合人々はたいてい挫折するものと決まっている. しかし血気方壮した青年ゾングビョングギルは自分の人生シナリオで初海外旅行を台無しにする結末がほしくなかった.

“<われらはアクション俳優だ> 撮影だけできなかっただけ, 一緒に去った実兄とイヨングフィ PDと三人で断片映画を作りました. 現場で直接シナリオを書いて ‘ダムアンドダマー’のようにうちの三人兄弟がスタッフかたがた俳優に活躍してドキュメンタリーを取ったんです.” ‘楽天性’と言う単語がお寺に浮び上がる書き入れ時だ. この断片映画の題目は <インディ・ジョーンズ>(仮題)で三人兄弟が中国で宝物指導を捜して去る左衝右突話だ.
人々は彼を運が良いやつだと呼ぶがむしろ彼は ‘恐ろしいやつ’に近い. “独立映画だけ取った私がどんなに長編商業映画に挑戦するかと心配したらそれは杞憂であるだけです.
もうずいぶん前から夢見て来た事だよ. 一年位企てて準備して来て自信もあるが, 何より <われらはアクション俳優だ>で今夏褒め言葉と言う補薬を飲んだでしょう.” 謙遜だが確信におかず声だった. “ノブレーンの ‘チォングニョンポックドメングジンが’と言う歌はフリーター時代たくさん聞いた歌なのに浮かない時聞けば力が出ます. 若者達に使命感似ている感情を催すんですよ. 楽しくます. 聞いて見てください一度!”

ゾングビョングギルピョアクションドキュメンタリー <われらはアクション俳優だ>を信じたら, 武装共産軍の出現で混乱されたすきに乗じて人生逆転を狙う三十歳青年たちが主人公であるブラックコメディ <チォングニョンポックドメングジンが>も期待しなさい. チォングニョンポックドメングジンが(青年暴徒猛進歌)と言う題目のように使命感に仏陀荒しく ‘猛進’する監督の熱情に会うのは予告された幸運かも知れない.

■ 'われらはアクション俳優だ' 主演俳優会ってみたら…
"きらっと人気は '櫓'… 人生主演を夢見ます"

もしかしたらドキュメンタリー映画 <われらはアクション俳優だ>を見ながらあなたは ‘大略難堪’一状況に会うかも知れない. TVを振れば息子が死ぬ場面だけ捜すお母さんは “やあ, お前死ぬ!”と言いながら無邪気に笑う. 息子は死ねばこそ生きるスタンドマンだからだ. 叔父がなぐられて死ぬ場面を目撃した甥は “叔父! 死ぬな, けがをするな, 愛してる”と言いながら泣きを噴き出す.
映画の中ハイライトアクション場面を撮る時家からかかって来た電話を骨切って受けない男. 三十通が超えるようにかかって来た留守電話はお父さんの死を知らせる悲報だった. スタントをしてけがをして入院でもすれば自分より先にけがをした友達が全身に包帯をぐるぐる甘苦ひきずって歩いて見舞いを来る. それこそ ‘包帯クラブ’だ. 笑わなければならないか泣かなければならないか….

映画の中でこつり飛び出したように言いぐさやアクション, キャラクターがそのまま生きている俳優たちを大学路十字路で会った. 映画広報パフォーマンスであるリアルアクションショーを見せてくれるために集まったのだ. このショーは青い信号灯がともった 34秒間だけ起る. 連中たちの乱闘劇が起ったかと思ってびっくりして道に行った市民たちが立ち止まる. ぞくぞく零れ落ちる拍手喝采!
武術指導を引き受けているグォングィドックさんは “私どもがいっしょに身で見せてくれることができるパフォーマンスを観客が好きでそれにマーケティング費用が一番少しかかる事なので嬉しい”と言って見手たちを不真面目に, 笑わせた.
グァックジンソックさんも “観客が満足すれば私たちも楽しいですね. しかしわれらは常に完璧ではないのを惜しがっています”と言いながらただいまパフォーマンスの時負った擦過傷話をする. 大きい負傷でも負ったらどうか心配するスタッフたちには “あまりけがをしなかったです. われらは楽しく仕事を終えたし, 私たちだけはよくけがをしない人々だからそんな心配かけなくてたいですね”と言いながら取るに足りなく越す.

映画封切り後もう堂々に ‘主演俳優’になったスタンドマン出身俳優たち. このごろ映画広報するためにスター俳優劣らず忙しい. いや, 映画広報期間だけは彼らもスターだ. 上映館で用意した GV(Guest Visit)に参加して自分たちを見に来たファンにサインをしてくれて一緒に写真も撮る. 歓呼の声が止めない.

<われらはアクション俳優だ>は 8月28日全国 11開館で 1次封切り後今は総 15開館で上映の中だ. 最小 2株以上上映する予定だが, 封切り後反応が良くて延長上映要請が入って来る中だとする.
映画配給社想像庭先政務頃代理は “秋夕連休に迎え 1万観客を動員することができること”と見通した. 独立映画で 1万人という観客数は商業映画の 100万人とも同じ数字だ.
ソウル独立映画祭の造営閣執行委院長も “1万観客突破をすればパーティーを開くこと”と言ったと言う. この言葉は <われらはアクション俳優だ>の興行と成功は監督と俳優だけではなく独立映画を作る幾多の映画人たちの自慢の種と同時に希望というガール立証してくれるようだ.
現実ではたとえ非主流だが <われらはアクション俳優だ> 主人公たちの人生は決して非主流にだけとどまっていない. 彼らには各々夢見る未来があって, それを成すことができる能力もある. 何より彼らはまだ輝く青春だ.
俳優たち中唯一に専業をしないグォングィドックさんは武術監督と俳優が同時にできるようにがっちりしている演技の勉強をする同時に武術指導をして後輩養成に力をつくしている. 彼はアクション俳優を夢見る後輩たちに羨望の対象でもある. グァックジンソックさんも <逆に置かれた梯子>と言う演劇で俳優で熱演の中だ.
申星一さんはスィングダンスと演技を学びに通う. 顔もハンサムでアクションもお上手な俳優が演技までお上手ならばもっとビジョンがあることと言う確信が入るからだ. 済州島ドリーム馬場ガイドである借り家陣さんは ‘スポーツTOTO’に夢中になって人生逆転を夢見る変わり者だが, まだコメディアンと言う夢をあきらめなかった.
グァックジンソックさんは言う. “私たちの 20代青春話が盛られた鮮やかな映画のためこのごろ感激的な日々を過ごしています. 私たち人生で少しの間のきらめくことで残っている終わることと言うのも分かっています. この宴が終わればわれらはもとに帰ります. 何気なくまた他の人生を夢見てエネルギーをこぼします. それでも一応今を充分に楽しまなければならない. <われらはアクション俳優だ>がある一私たちの二十の歳宴はまだ終わらないのだから.”

: 2008/09/12 10:46:59
リュフィ文化専門ライター springgirl7@naver.com
by kazem2 | 2008-09-12 11:18 | Movie