ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「われらはアクション俳優だ」ゾング・ビョンギル監督

ゾング・ビョンギル監督 “哀歓・涙を扱いたくはなかったです”

数十m高さの建物で空身に落ちても, 車に轢かれて身が脂で音を出して飛んでも, 彼らはたいてい存在しない. 誰誰の身代わりや, 影として車の中にあるとか, あらゆる危ない場面たち中でばかり存在している彼ら. スタンドマンだ. 観客が沸き返える一場面を作るために数十回車をひっくり返して, 落ちて, 腕が折れるなど負傷を負って, 高所恐怖症のため二つの足が身震いしても彼らは本音を現わさない.
グォングィドック(31), グァックジンソック(29), 申星一(30). これらが誰なのかを知り合いはあまりいない. しかしこれらが出た映画やドラマの一場面を言えばすぐ ‘オッ’と膝を打つでしょう. グォングィドックは映画 ‘化け物’の初場面. 漢江に身を投げる役目の代わりをしたスタンドマンだ. またドラマ ‘ハート’と ‘犬とオオカミの時間’ではカースタントを取った. 彼の私は職業はカーセンター職員. 自動車直すのが専門だと言った青年はいつのまにか大韓民国で車を一番よく覆す男に変身した.





グァックジンソックの前職は美容師. ウィノナライダーのため美容師を選択したという彼は軍隊で一日に 30~40人の髪を刈ってやる一名 ‘カックセ’で軍生活をした. 除隊後 1年位美容師仕事をしている途中大変で適性にも当たらなくやめた. 以後幼い時からして見たかったボクシングを学んだ. 新人王前にも出たが思う存分当たってばかりしてリングを下った. それでもダウンはあわなかったと大きい声だ. 悔しい考えに偶然に募集公告を見てソウルアクションスクールに応募した. 卓越な腹筋とボクシング実力(?) のためその年映画 ‘拳が泣く’にスタンドマンに出演した.
e0109292_15143561.jpg


申星一は浦項の一警備業社職員で働いている途中スタンドマンになったあと巻くという一念一つで二十五歳の時のソウルに上京した. 顔ハンサムなことで推し進めてアクションスクールに合格したし, スタント教育を受ける 1年の間悪で堪え出した. ドラマ ‘不滅の李舜臣’を通じてスタント仕事を始めたしドラマ ‘チォンの戦争’ではパク・シンヤンの身代わりで一日中つけてばかりしている途中カメラの前にきっちり一度立った.

これらは皆 2004年初チョン・ドゥホング武術監督のソウルアクションスクール 8期同期生たちだ. その間主人公の代わりをして危険千万な場面を飾って来た. ‘神機箭’ ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ’ ‘チァックペ’ ‘化け物’ ‘チォンの戦争’ ‘太王使臣期’ などこれらが出演した作品を合すれば 100編が超える.

そしてこれらスタンドマンの話を盛り込んだドキュメンタリー映画 ‘われらはアクション俳優だ’を取ったゾングビョングギル監督(28). そのやっぱりアクションスクール 8芸者だがスタンドマンにならないで映画監督になった. 去る 1年 6ヶ月の間これらの挑戦と彷徨を粘り強くといえどもいきいきと解いて置いた.

本当に監督は映画を勉強したことがただ一度もない. ‘映画一度取って見ようか’と言う考えをしたこともわずか 4年前. 2004年軍除隊後漠漠だった. 帰る学校も, 職場もなかった. ただ映画を見ながら ‘シガンズックイは’ のだけが唯一の事だった. 一日平均四編を見たし, 多くは七編まで見た. それもお金がなくて 1000ウォンに三篇する旧作を借りて見た. 一年の間 1000編が超える作品を見た. 映画にも出るが, 町内ビデオ店主人が “宿泊提供される工場を紹介してくれようか”と提案するほどに彼の姿はなげかわしく見えた.

未来の不安感, ビデオを見れば慰安

ビデオ店主人がそんな提案をするほどならビデオをいくらたくさん見たことですか?

“ビデオ店主人おじさん(映画ではビデオ店で働くバイト生) 年が二十八か, 多分そうだろう. ビデオ店はいつでもできるのじゃないか. 二十八盛んに夢を広げる年にビデオ店守っているおじさんが私はなさけないと思ったが, その方目には私が本当に情けないやつと見えたようです. 私はおじさんが私を優秀顧客で好むかと思ったが.(笑い)”

どうしてそのように狂的にビデオに沒頭したのですか?

“映画監督にならなくてはならない, 独学で映画を勉強しなくてはならないこれよりはこれといったすべきことがオプソヨだったと言う方が当たるんです. (フリーター) 現実がつらいでしょう. 一応映画を見ていれば未来に対する悩みが消えるんですよ. 二時間の間は何の考えもなく沒頭するから悩みをしなくなって. そのように一日一日を堪えたようです.”

ところでどうしてメローやドラマではないアクション, コミックだったんですか?

“重くてつまらない映画を見ればもっと悩みが生ずるんです. ‘私がこういっている時ではないのに…’ ところで走性するの(ゾウシングツ) 映画は笑うようにしてくれるから, 悩みをしないようにしてくれるから楽しんで見たようです. ビデオ店おじさんも毎日走性するの映画だけ見るから変な人扱ったりしました. ところで走性するの映画を見ながら私のような人々が多いでしょうに二時間の間面白い映画を作って楽しさを与えたいという欲心が生ずるんですよ.”

映画現場や製作社に入って行って本格的に学ぶのが低くなかったんですか?

“ところで行って実際にお上手な自信がなかったです. 演出部末っ子も大学映画科出た人じゃないですか. また当然に呼んでくれないようで. 変にその時はどこに行って学ぶよりは映画を作りたいという考えがもっと強かったんですよ. ‘映画監督にならなくてはならない’ これよりは映画を一度作って見て監督になるか巻くかをと思って見ると, なんかそんな心情だったです.”

ところが映画をして見たいという考えにソウルアクションスクールを支援したということはちょっと案外ですが?

“私が勉強をよくしたのでもなくて, 幼い頃から絵だけ描いて来たからできるのが絵しかなかったです. 映画科入って行くには成績にならなくて. 学院に行って映画を学んで見るかも思ったが周り人々が ‘そんな所へ行って学んでも別に役に立たない’と言うんですよ. アクションスクールの間のはよく作った娯楽映画をしたいという考えを持っていたが娯楽の基本要素中の一つがアクションじゃないでしょうか. またアクションスクールがオーディションさえ合格すれば 6ヶ月過程が全部無料です.”
本当に監督はアクションスクール 6ヶ月の間現代アクション, 乗馬, スキンスキューバ, 史劇アクションなどを学んだ. 彼はこの期間中体重が 15キロほど減った. 修了を一月残しておいた時点に見たら 36人合格者の中彼を含んで 14人だけ残った. 彼はこの時期を “肉体的に大変だったが精神的に安定した時”と言った.

アクションスクールでの経験, 映画演出の大きい元肥

アクションスクールを修了したと言って将来が保障されたのではないでしょう?

“一応 6ヶ月ぶり堪えて見ようというつもりだったです. たまに ‘私がこの事をどうして夏至’する後悔もあったが(笑い) その次の問題は後で思おう. 今やめれば後悔するようでもあって.”

‘われらはアクション俳優だ’はこの時の経験と話を映画で作ったことではないですか? スタンドマンの話を映画で作らなくちゃいけないと言う考えをこの時からしたんですか?

“アクションスクール修了作である ‘刃右に出る’ メイキングフィルムを見ながら “本当に苦労をたくさんしたな”という気がしました. また TVドキュメンタリーなどスタンドマンを扱った話が哀歓, 涙, 主人公の影などこんな式でたくさん出るんじゃないか. それがちょっと嫌いだったんですよ. この人々が可哀想とか同情の対象ではないプロした職業を持った格好よくて明るい人々というのを知らせたかったです.”

それではカメラ操作, 編集などは独学で学んだことですか?

“カメラを撮る方法を学びたくて知り合い紹介で講義撮影バイトをしました. お金も儲けてカメラ技術もただで学んで. 本当に良い職業という気がするんですよ. 編集は編集技術学ぶパンフレットを買って一ヶ月間波高またほったんです.”

ゾングビョングギル監督はアクションスクール同期たちの修了作品である断片映画 ‘刃右に出る’を演出した以来もう四番目作品を取った. この中で ‘抜いたアクション俳優だ’が一番好評を博しながら封切りした. 去る 5月全州国際映画祭で観客アンケート調査で 5点満点に
4.96点で映画祭史上最高点数で最高人気賞を受けた. ニューヨークアジアフィルムフェスティバル, バンクーバー国際映画祭, 日本田辺弁慶映画祭など海外映画祭にも招請された.

‘第2のリュウ・スンワン’, ‘忠武路の新鮮な衝撃と波長’というなど評論家と記者たちの好意的な坪に対して予想をしたんですか?

“感謝します. 封切りもできる事ができなかったが…. 実はこういう映画たちが封切りがうまくできないでしょう. ところで俳優たちと酒席で約束をしました. “必ず封切りをさせる”と. しかしどのようにする方法はなくて, どうしてそんな約束をしたのか後悔たくさんしたんです. 漠然たる考えで密語付いたが良い結果が出て幸いです.”

単刀直入的にどうして商業映画ではなくドキュメンタリーですか??

“そうですね. 観客たちはドキュメンタリーと言えば先入観を持っているんじゃないか. つまらなくて, 退屈で難しい. 有益で感動的だが楽しさはない. 私はそんなことを排除して, 大衆的なドキュメンタリーを作りたかったです. 観客たちが退屈なのアンゲクム, それとともにどんなに感動を受けるようにマンドルカに対して多い悩みをしました.”

テープはおおよそ 300個位使ったようで, 製作期間は 1年6ヶ月位かかった. 製作コストは映画振興委員会(ヤングジンウィ)で 1100万ウォン, KT&Gで 500万ウォンをもらって始めたが何月ツァルヤングハダボだから ‘オールイン’になってしまった. 一度ツァルヤングナがなら最小 20~30万ウォンずつ割れるご飯値に ‘凍った足に小便をするように’ 製作コストが消えた. 結局後にはスタッフなしに本当に監督一人で通った.

彼に製作コストはいつも重い荷だった. 中間にお金がなくて撮影をしばらく折ったりした. そのように悩みをしている途中シナリオ公募展に応募した. ‘1500万ウォン賞金にもらえば映画を作ることができるね’という単純な考えで頭の中に持っていた話をシナリオで書いて公募展とヤングジンウィ製作支援作(約 4億ウォン支援)に出品した.

やがて2ケ所皆から連絡が来た. 公募展は 1500万ウォンもらって終りだが, ヤングジンウィは映画をまた作ることができるという点で後者を選択した. ちょうど長編映画提議が入って来たし長編映画契約金で ‘われらはアクション俳優だ’を仕上げた.

“世塵異形は本当にあきれる変わり者です”

スタッフが 4~5人しかならないことで分かっているのにそれなのにやっと映画を終えましたよね?

“初めて製作コスト予算を組んだが, 映画というのがいつも思ったより製作コストがたくさん入るんじゃないか. 買ってからも生じて. ところが私は公募展と長編映画契約金など運が良かったようです.”

出演する俳優たちが皆同期たちなので別にギャランティーを与えたようではないんですが?

“スタッフたちはお金をくれたが俳優たちは与える事ができなくました. 後半に与える事にしたんです. 損益分岐点を越せばもっと取りそらえてくれますよ. 俳優たちは自分たちよりスタッフ与えなさいと言うんですよ. すべて善良でありがたい人々です. 本当に世塵異形はくれと言うんですよ. 自分はお金もなくて, また自分が壊れてよくできたことアニニャとしながら.”

世塵さんは映画のように実際に借金が多いですか?

“はい. 実際に借金が多いです. ところが事毎に熱情的です. 初めにはキャスティングしないようにしたが兄さんが先に電話がありました. “どうして自分を取らないと?” 実際に自分がコンセプトまで取ります. SBS ‘真実ゲーム’を出るようになったがそれを撮りなさいと. そのままカメラに付いて行ったが面白かったんですよ. 編集する時面白い分量が多くて出演分量が多くなりました.”
2008年 09月 09日 13:50:35
by kazem2 | 2008-09-09 14:39 | Movie