ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

韓国映画「トラック」 チング

映画 'トラック'の殺人魔珍句 "追い手とは全然違った殺人魔"

俳優珍句(28)はこのごろ身は大変だが. 心は幸せな日々を過ごしている. 25日封切りする映画 ‘トラック’で先輩有害陣とともに主演を引き受けたし. 今月中旬からはボン・ジュホ監督の ‘マザー’を. 来月初めからはガングプルマンガ原作である ‘29年’に投入される. その間今年の初撮影した初主演映画 ‘チォガムガックカップル’の封切りも控えている. ‘トラック’の広報と映画撮影スケジュールで身が二つでも足りない地境だが. ぞくぞくそれぞれ個性ある作品で演技ができるという喜びが大きい. 今年初 ‘追い手’の賀正優が ‘次世代スクリーンを導いて行く主役’と認められたら. 下半期には珍句がニックネームを受け継ぐように見える.





珍句は賀正優との比較に対して “賀正優先輩が ‘追い手’で殺人魔役を引き受けたように ‘トラック’で同じ役だからそうするようだ”と “全然違った殺人ごとに.(笑い) ‘追い手’では追って追う緊迫感があったら. ‘トラック’は憂鬱な雰囲気を導くインパクトが強い人物”と言った. 引き継いで “デビュー作ドラマ ‘オールイン’のイ・ビョンホン先輩子役で注目を引いた台初出発が良くてひととき ‘映画さえよくできればスターになることもできるのね’と言いながら者のみをした. ところで重要なことは心得と熱情というのが分かった”とその間の心境変化を打ち明けた.
2003年のデビュー超新鮮なマスクと演技力を兼備して注目を一身に受けたはずで周りはもちろん本人も期待感が大きかった. しかし以後 3年間 ‘オールインのイ・ビョンホン子役’という荷札をはなすことができなかったままいつも数十編の作品オーディション最終から落ちて少しずつ忘れた. しかし 2006年柳河監督の映画 ‘卑劣な距離(通り)’でチョ・インションの部下と同時に彼のためにカルチムをおく従嫂役で強靭な印象を植えながら. 比重ある助演から主演演技者で成長した.

珍句は “‘卑劣な距離(通り)’は私の人生の重要なターニングポイントになった作品”と紹介しながら “以後映画側ではぞくぞく作品ができた. しかしドラマ側で認知度が下がって悩んだこともある. この間終映した MBC ドラマ ‘スポットライト’に出演したこともそのためだ. 視聴率はよく出なかったが. 私としてはありがたかったし楽しく撮影を一位後悔がなかった”と言った. また “これからがもっと重要なようだ. 配役の比重を去って自信ありげに演技することができるし. 俳優 ‘珍句’がどれだけの多様なスペクトラムを広げることができるのか見せてくれるために熱心にする”と覚悟を押し堅めた.

スポーツソウル記事送信 2008-09-07 20:03
by kazem2 | 2008-09-07 20:26 | Movie