ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ドキュメンタリー映画「われらはアクション俳優だ」

撮影チーム, 中国とロシアを置いて悩みに陷るこれが本当にアクションドキュメンタリーだ! <われらはアクション俳優だ> 製作期

今時点で “<われらはアクション俳優だ> 見たの?”と言う質問は多くの意味を内包している. “見た”と答えたらあなたは今年独立映画界の最大話題作をあらかじめ接した素早いシネファンであるはずで, “見なかった”と答えたらあなたは今年劇場で経験することができる一番面白い映画の封切りを目の前に置いているのだ. ドキュメンタリーだがかなりのコメディー映画劣らず笑わせて, 精神なしに笑ったらいつのまにか鼻先がじいんとして来る <われらはアクション俳優だ>はどうにさせられただろうか. ゾングビョングギル監督と五人のアクション俳優たちに会って 1年6ヶ月のドキュメンタリー製作過程を直接かかったし, これを製作だろうか形式に再構成して見た. これといっしょに個性が溢れる六主人公の話を盛り込んだ.



2006年冬, ビョングギルが映画撮影を提案する
ゾングビョングギル: 2006年冬, ドキュメンタリー <ロッククンロ−ルにおいて重要なこと三種類>を取ったら長編ドキュメンタリーに対する欲心が生じた. ふと私の初演出作 <刃右に出る>と 2004年この作品を一緒に作ったソウルアクションスクール 8期仲間たちが浮び上がった. 彼らは皆何をしているか. うわさをたよりに捜したらスタントマンをしている友達はただ三名だけだった. 三名なら追い付いたり容易ではないのか. いよいよ時になった. 明るくてほがらかだがいつも暗く描写される私の同期たち. これらの愉快な本来の姿を世の中に知らせなくちゃいけないと思った.

<ノムノムノム> 撮影現場で地中県武術監督の協助で得たスタンドマンたちの写真

ゾングビョングギル: 聖日が兄さんが仕事する <良いやつ, 悪者, 変なやつ>の撮影現場である中国を行くはずか, グィドックイのドラマ撮影地であるロシアに行こうか. ではなければこの製作コストをそっくりそのまま惜しんでソウルで使おうか. ムンチォルと濃い岩茸が合流するという消息を聞いて未練なしに <ノムノムノム> 撮影現場に向けた. 現場が徹底的に統制されたせいに撮影の大変だと見当はしたが, 行って三顧草廬すれば受けてくれないかと思う希望はあった. 結局イ・ビョンホンのファンに手厚い食事接待を受けて彼のファンレターを製作陣に伝えることで私たちの中国旅行は終りが出たが, カメラがあって人がいたから素手に帰って来ることはできない法. 2注意 ‘改稿生’ 後ソウルに戻って来た私たちの手には私と実兄精兵式, イヨングフィ PDがダムアンドダマー三人兄弟に登場する一方の断片映画が聞こえていた. これでも残したから, 後悔はない.

兵器を, 仲間の新しい姿を見る
ゾングビョングギル: 初めには聖日が兄さんとグィドックが, 濃い岩茸を主軸で映画を撮らなくちゃいけないと思ったから世塵が兄さんには大きい関心をこぼさなかった. 入って行く前に “兄さん分量は敵をの”と言っておいたりしたし. ところで取っておいてみたら兄さんのエピソードがとても面白くて編集することができなかった. 派手な入れ墨から数え切れなく多くの職業と言葉飼育まで, どれ一つ平凡なことがない. 他の人々は設定だと思えるはずだが実際は観客が非現実的に思うことを憂慮して最大限無難な姿を取ったのだ. また <ホリデー> 撮影の時のグィドックイのお父さんがお亡くなりになったという話は以前にも入ったが, グィドックイが現場仕事をすべて終えて行ったという話は今度撮影をしながら初耳だった. ご両親に係わった痛い記憶も初耳な話で. 6ヶ月の間一緒に運動して肉をもまれながら過ごした仲間たちだがドキュメンタリーを作りながら新しく分かるようになった点が多い.

<ノムノムノム>の地中県武術監督が世を去る
グォングィドック: 誰も予想できない事だった. 死をたくさん経験して見たが, その時ごとに常に同じな気がする. 人が死んでからはこんなに虚しいね. 数十年を暮したがただ 3日ぶりにこんなにすべてのものが終わるという考えをしたら, チュンヒョンが兄さんを過ごす最後の日涙を堪えることができなかった. 素敵だったし, そうだったからより一層惜しい人だ.

グォンムンチォル: 誰が死ぬことを見ることは初めてだった. あっという間に多い考えが群がって来た. 見ていればすぐでも起きるような方が世を去ったなんて. 実感の出ないで最後までこれは現実ではないという希望を捨てることができない. 死は虚しくて, つらくて, 悲しい事だ.

ゾングビョングギル: 先輩の斉場. カメラを持たなければならないかためらわれる. しかし彼を憶える人が一人でも多くなければならないから, 私は結局撮影を始める. ところで私が盛ることができた葬礼式場面はわずか 30分だった. 葬式管理人が撮影を不許したのだ. 瞬間悲痛な気がした. 取材陣たちがいっぱい追われる芸能人たちの葬式だったら, 注目度が高いどの有名人の葬式だったら彼は私たちにそうだったようにあの時もどうしても撮影を反対しただろうか. 注目されることができないスタンドマンの死がもっと悲しく近付いた.

濃い席と聖日がスタント仕事をやめる

申星一: 信じてよったチュンヒョンが兄さんの死は私に大変つらい事件だった. 中それでも仕事のためくたびれて息をつく時間が必要だったタイミングにそんな事が重なってしまったのだ. 極端的な状況が迫って来ると私は取っていたすべてのものなどを一瞬にしておいてしまった. やめるという考えていたが, 予想より早い時日内にそんな決断を出すしかなかった.

グァックジンソック: 以前からスタント仕事をやめなくちゃいけないと言う考えをしていた. スタントはひととき一番私を生きているようにして幸せにさせてくれたがどの瞬間から仕事に轢かれる私の姿を見つけることができた. <ノムノムノム> 撮影を暫定的な最後のスタントだと思っていた満ちた. あの時急にチュンヒョンが兄さんが世を去ったし, 兄さんの死が始終気にかかった. 軽く去りたかったが, 人をトナボネン悲しみがひったくる前に仕事をやめると言えば私のため沈んだ雰囲気がもっと沈むのではないか. それだから結局は重い心で仲間たちを去らなければならなかった.(ノムノムノムの部分のみ 抜粋)

2008年 5月, 映画が完成される

ゾングビョングギル監督の撮影姿

ゾングビョングギル: 2008年 5月, 1年6ヶ月の撮影が皆終わった. 残ったことは 90分のテープ 30個とくたびれたモムトングアリ, 十五時間で二時間に減ってしまったドキュメンタリー編集本だ. 濃い席と彼のお母さんの美しいせりふたちとムンチォルイの 10ニョンジギだったナイトクラブウエーターの面白いエピソードなど映画にまだ盛り出すことができなかった話が惜しい. <チャンピオンマパックが>よりずっと素敵な役目を引き受けた同期たちだが撮影場事情でその素敵な姿をカメラに盛り出すことができないことも惜しい. 一方では不足な製作コストに心配しなければならなかった時間も, 私生活なしに常時大気しなければならなかった時間ももうこんにちは(さようなら)だと思ったら去る 1年6ヶ月が遥かに感じられる.
e0109292_972921.jpg
「ノムノムノム」撮影現場で申星一とスタント演出に対して相談する 亡くなった地中県武術監督の姿(右)
2008.09.02
by kazem2 | 2008-09-02 08:35 | Movie