ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ノムノムノム」とキム・ジウン監督

7月17日封切りする映画 ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ’(以下 ‘ノムノムノム’)はぜいたくなブロックバスターだ. ソン・ガンホ, イ・ビョンホン, チョン・ウソン. トップだけでも映画の体級を乗せる, 韓国の代表アクター三人を同じ席に集めたから. クライマックスである砂漠決闘でこれらが三角形の三つのコックジッゾムにぐんと立った場面は密かにありがたいという感じまでするようにする位胸手ごわく近付く.
するが ‘ノムノムノム’はソン・ガンホの物も, イ・ビョンホンの物も, チョン・ウソンの物でもない. このおびただしい三人の男を一所に縛った四番目 ‘やつ’, キム・ジウン(44) 監督の映画だ. 彼は ‘静かな家族’(1998年)‘反則王’(2000年)‘長靴, 紅蓮’(2003年)‘甘い人生’(2005年)など専らトップクラス俳優たちを出演させて映画を作って来たが, 今度映画もその後を引き継いでいる.

♡誰かと思えば・・・^^



ジウン監督はソウル芸大演劇科を中退してソルンネッになるまで ‘専業フリーター’に遊んで一週間ぶりにさっと書き出したシナリオが公募に当選してぎくっと映画監督になった男だ. 彼の映画は珍しい人生歩み位いつも予測不可能だった.
そんな彼の映画の中にも ‘ノムノムノム’は似ている前例を捜しにくい, 新しい成就だ. その自分も ‘ノムノムノム’が “韓国映画が到達不可能地点だと思ったスペクタクルに触れた”と自慢している. 一体そんな自信感はどこから来るのか? 7月11日ソウル鍾路区三清洞の一カフェーで彼に会って計算して見た.

実はこの映画はこれ以上良いことができない ‘絵’に比べてナレーティブが貧弱だという批判が少なくなく出ている. 決心してとんとん投げたざらざらしてつやがない質問に金監督は “この映画に話はない”と “韓国映画初乳の視聴角笛快感を楽しみにいらっしゃりなさい”と堂堂と返事した. 決して和気あいあいしなかったが, お互いに本音を確認しようと労力した一時間の対話を伝える.

人生疾走する男たち

▼ 監督様は ‘濃い’ 映画スタイル中にしたい話固まりをこっそり隠しておくんじゃないか? デビュー作であるコミックザンホックグック ‘静かな家族’に対しても “人生が願う方向だけで流れない悲しい現実をジャンルの上に上げた”と説明したんです. ‘ノムノムノム’ではそんな真正性がちょっと弱くなったことではないんでしょうか? そのまま, ‘楽しさあろうと作った’ 映画でしょうか?

“この映画を思いながら一番先に思い浮かんだ絵が広闊な大平原をそれぞれ他の理由で狂ったように疾走する男たちの姿だったです. そこに人生のどんな部分を隠喩して盛ることができるか, 思ったんです.
月夜に砂漠で桃源(チョン・ウソン)が並んで横になったテグ(ソン・ガンホ)に話すんじゃないか. ‘何かを捜して追い始めれば他の何かが私を追って来る.’ そうなことが人生だと思います. 欲望は絶えず人を握って振ります. 人を堕落させたりするがそれだからまた人が生きて行きます. それで仕方なくまた欲望を従って絶えず前に走って行きます. 結局そんな事情たちが熾烈に縛られます. 狂ったように何かを追って, また何かが追って来て.
追い討ち ‘神さま(Scene)’でそんな地獄道の感じをいくらよく伝達することができるか悩みました. ただ, 楽しみがわいて身軽く. 映画人物たちは本当に悽絶な状況けれども. キム・ヘスさんが試写会を見て出たら ‘この映画及びました!’ しますね.(笑い)パク・チャヌク監督も ‘純粋娯楽映画にこんなに狂気が立ちこめたこと初めに見た’と言いました.
単純なレーシングアクションだったらそんな言葉出なかったんです. 人生の悽絶な部分たち, 欲望を従えばまた何か追って来る, それがずっと繰り返されるのを話したかったです. 追い討ち神さまで単純なアクション以上のどんな強烈な印象が伝わったらと思います.”

▼ そういえば砂漠で追って追い回される人々がくそみそにまじっているのが….

“そうです. カオス. 阿修羅場. 阿鼻叫喚. そんな状態でとにかくずっと生き残ろうと, 何か成就し出そうと思います. 映画でみんな持ちたがる宝物誌も, これは実は ‘ロット’ のようなことじゃないか. 紙切れ, それを猛烈で執拗について行きます. 生の上昇のために. それが幸せと思って. モチーブは欲望と執着です. チャンイ(イ・ビョンホン)がテグを, 桃源がチァングイを, テグが宝物を従うの, すべてです.”

▼ 自ら ‘モンゾッボン恋人にやれないことを次の恋人にはよくしてくれようと労力する下手な男みたいな映画監督’と言いました. そのように非柳河面 ‘甘い人生’はほとんど完璧な恋愛ではなかったか思います. ところが ‘ノムノムノム’は何か, 肉体関係にだけあまり沒入した恋愛みたいだという感じ, 別れてからこそ残ったことなしに空虚な…. 見物した人の感じはそうです. 自らどんなに感じるんですか?

“‘甘い人生’が何かずっと隠そうと思う映画だったら ‘ノムノムノム’は外ですべて引き出す映画です. 愛するという表現ができなくてもじもじ周りをくるくる回わっている途中自滅してあばらになる話ではなく, 強烈なセックスを通じて本気を伝達したくて踏ん張る… おびただしいセックスみたいなアクションを見せてくれる映画ですよ.”

ストーリーライン論難

▼ リアンの ‘色, 係’(2007年) のように?

“そうです. ‘色, 係’のウエスタンバージョン?(笑い)‘色, 係’も肉体的なブディッチムだけではなく感情的, 精神的なぶつかることを極端的に表現したのじゃないか. 別れてから後の空虚さがあったら, それが精神的な交流ができなかったゴングホハムなのかそれともあることをすべて取り出して沒入して無くした後なので空虚なのか考えて見る必要があります. ‘ノムノムノム’は私がすべてのものをすべて降り注いで本気を伝達しようとたいてい, 本気と渾身を盛った恋愛みたいな映画です.”

▼ 話の流れがとんとん切れる感じがあります. イ・ビョンホンのナレーションはちょっと寒くて, ソン・ガンホが監獄で会った子たちは急に出てから消えるんじゃないか. 李清雅, 親指院もちょっとトングムオブゴです. 親指院は詳らかに見なければその人だったか記憶も出ないほどです. ワングがウィの ‘動詞西ドイツ’でこっそり絵だけ出た張曼玉を連想させます. もしクランクインの時までシナリオが完璧に用意しなかったことではないんでしょうか?

“話を完璧にさせて編集して見るから 2時間 40分位が出ました. 初めて企てる時から韓国で成就することができなかったどんな視聴角笛成就を得るという意図が大きかったです. 最後の壮烈な追い討ち神さまに行くためにあまり話にならない展開さえなければそのままOKとすぐ移ったんです.
休むことなしに走らなければならないし, そのようにダリはの中で主題を把握しなければならない映画だからちょっと不均質して蓋然性が不足だと思う部分があるがあまり気を使わなかったです. 韓国では多分に映画を ‘話’にだけ思うきらいがあるのに, 話は映画の一要素であるだけです. 話ではなくて他の要素が多いですね. そんな間隙のため火だけも出ると思いました. しかし私がこの映画をどうして作ろうとしたかは映画の中にちゃんと出ていると思います. よく話す ‘ストーリーライン’で映画を作ろうとしていたのではなかったんです.

指摘は月なの受けています. しかし監督が何を見せてくれようとこの映画を作ったのかを先に判断してそれをよく遂行したかまたはそうではない評価してくれた後にあらゆることが不足だという話をしてくれればと思います. 話の蓋然性不足が映画の致命的短所であることのように話すことは意味ある指摘ではないと思います.

現場で ‘これではないなったらだめなの? 言葉になるの? それでは早く行こう. 走ろう’ そうだったです. 一番たくさんした話が “走る. もっと早く. もっと早く. もっと力強く!”だったです. 監督は映画どこに傍点を置くかによってそれのために他の部分をちょっとあきらめるとか犠牲することができると考えます. 2時間 40分ものを商業映画バージョンで出す自信はなかったんです. 足りない部分があっているかも知れないが自ら成就感は大きいです.”

製作コスト 170億投入

▼ 本当に素敵な絵がよく繋がれない感じがするから惜しいというんですよ. 撮影が不足で編集する時願う絵が不足なの座っただろうかと言う気がするのに….

“力を込めた部分に対して評価をしてくれたら良いという考えがずっとしますね. 2% 不足な部分は分かっているから. フランスカンヌ映画祭上映バージョンは蓋然性がもっと落ちます. 人物たちが ‘非常に, 非常に, 非常に, 非常に’ ちょうど明快に入って来るのに, 多分それがスタイルで受け入れられて人々がもっと好きだったと思います.

カンヌ映画祭バージョンを見た人々は国内劇場上映バージョンが中々にに説明が入って行くから展開が遅くなったと思ったりします. しかしこれはカンヌバージョンを見た人のために作った映画ではないです. 初めに見た人はとても精神なしに早く展開されると話すんですよ.

カンヌバージョンでテグがずっと主導的な役目をしたら, 韓国バージョンでは三人の人のバランスがずっと好きになりました. それで最後の対決が感情的に上昇する效果も得たんです. 関係に焦点が集められるから韓国観客のためのバージョンでは今蟹一番理想的だと思います.”

▼ 結末を間バージョンのようにヨルオノッアッダならどうだったですか.
三人がすべて死んだように描いたのだ?”

▼ すべて死ぬ結末がもっと格好よくないんですか?

“それが… 格好よいでしょう(笑い). しかし製作コストが 170億ウォンも入った映画をそのように終了には負担があります.”

▼ 韓国観客は説明が確かなのを好きだと思うんですか?

“ハッピーエンディングを好むようです. そしてカンヌバージョンは純粋な快感に極端的に重点を置いたが韓国バージョンにはアイロニーをたくさん入れたかったです. スポイラー(Spoiler・映画筋書や主要場面をあらかじめ知らせてくれ興味を落とす人)ようで申し上げるちょっとそうだがテグは終わりにどうして見ると独立軍がしなければならない良いことをやりこなします. うんざりするように追い回したチャンイはテグに宝石を与えます. そのようにごちゃまぜ人生流転が突き出される, 生のアイロニーを描きたかったです. 韓国バージョンがもっとオリジナルシナリオどおり作ったんです.
私の映画で重要な要素の中一つがアイロニーです. ‘静かな家族’で ‘学生は孤独が何やら分かるのか’と問うから ‘孤独’を聞かないまま ‘学生’と言う単語だけ聞いて ‘私学生ではないですが’と言い返すんじゃないか.
同じく ‘反則王’でもソン・ガンホがジャン・ジンヨンに ‘リングに立った時初めて解放感と力を得た’と心に収めておいたものをちょうど言っている時ジャン・ジンヨンが飛んだ花をつまみに行って来て ‘何だと言いました’ 問い返します. ‘ 長靴, 紅蓮’と ‘甘い人生’も基本的にそれに対する話で. 私の本気を完全に伝達することができなくて行き違う, 亀裂が出来る, 破滅する関係と寝る. このようなもの. 自分に真実の瞬間が男に完全に伝達することができないことに対する恐れ, 切なさ, つまらない. そんなことに対する考えが多いです.”

スタイル里の時した娯楽映画

▼ 海外ロケに対する韓国映画ジンクスの話も出ます. 製作社関係者が “‘ノムノムノム’の成敗が大作映画版図を決めること”と言いました. 興行はよくできると思いますか?

“試写会見て出た韓国監督たちが一言ずつしたがたいてい反応が ‘安く取った’だったです. 映画作る人立場で見れば多分驚く地点がたくさんあるんです. 彼らの本気のこもる話を何回聞きました.
‘半分ヘルシング’や ‘スパイダーマン’ のようなハリウッドブロックバスターのように最尖端装備で見せてくれなければならない場面を ‘ノムノムノム’では全部アナログ的方法にしました. 外国専門家たちが見て驚いた点もそれです. それでむしろすごく画期的でパワフルすると受け入れたようです.

こんなスペクタクルな場面たちを演出しながらこの位の製作コストだけ使ったということを聞いて韓国監督たちは勿論で外国専門家たちもすごく興奮しながら ‘おびただしい作業をした’と評してくれました.”

▼ エンディングクレジット上がる時挿入された製作陣スチールカットはそんな ‘過程の努力’を見せてくれようとしたことでしょうか?

“スタッフと俳優に対する個人的な感謝の表現だったです. この映画は私が作った映画と言うよりはスタッフと俳優がすべて監督みたいな心を持って成した成果で成就だからスタッフと俳優たちに感謝する心が本当に大きいです. それを伝達したかったです. みんな自分の映画のように作りながら献身したことに対する感謝の意味です. こんなに狂気じみた娯楽映画が出たのはスタッフと俳優皆さんの熱情と狂気おかげさまです.”

▼ 音楽が本当に良いです.

“‘ノムノムノム’はとてもスタイル里の時した娯楽映画です. 音楽の有無ボリュームが上がって落ちることによって完全に変わります, 感じが. ボブ・フォッシー監督の ‘オールダットジャズ’(1979年)は派手な振付と音楽が全部である映画ですよ. ねばねばする話が聞いている映画ではないです. それでも間黄金奨励賞を受けました.

私がそんな位までイメージや音響水準を引き上げることはできなかったが, どうしてこんなに監督の狂ったようにイメージと音楽を通じて主題をオッオがは方法を追い求めただろうかと言う話がふんだんに出ればと思います. 極めて純粋な映画的要素たちで作ったということ念頭に置いたら ‘ノムノムノム’をもうちょっと楽しく鑑賞することができないかと思いますね.”

ソンテックギュン東亜日報文化部記者 sohn@donga.com
2008-08-25 13:35
by kazem2 | 2008-08-25 14:09 | Movie