ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エンターティメント株への投資は・・・

エンターテイメント株 投資は `う~ん?`

ファントム黒字転換したが大部分業社赤字長続きだ
検察の調査ではしかを病んだファントムエンターテイメントグループが最近株価反騰に成功しながらエンターテイメント株たちが底を取ったことではないかと言う声がそよそよと流れ出ている. 管理種目であるファントムは 2半期売上高が前年同期対比 3分の 1 水準に落ちたが 24億ウォン純利益をあげながら実績発表後三日連続上限価を記録した.
しかしエンターテイメント関連株に対する投資は相変らず危ないと言うのが専門家たち意見だ. 理由は簡単だ. `お金になる` 事業ではないということ. 芸能企画社たちは巨額を入れて芸能人を連れて来るがスターマーケティングが所属社利潤で繋がれる収益構造が定着されなかったという話だ.





人気歌手雨の引き受けたゼイティユンエンターティメントは去年 10月 5340ウォンまで急騰したが 20日終値は 690ウォンに過ぎない. 最大株主雨の海外進出と人気はむかしのままだが株価は墜落したこと. 人気コメディアン カン・ホドンの迎入で二日連続上限価を記録したワークワンダースドー以後株価が 25% 下落した.

エンターテイメント部門一アナリストは "株価が徹底的にルーマーとテーマ主として動いている"と "エンターテイメント株株価急落でスターマーケティングが光良いまんしゅうあんずに過ぎないということが市場判断"と言った. 芸能企画社だけではなく映画・ドラマ撮影などコンテンツ製作業社たちも実績不振に喘いでいる. 金鐘学プロダクションは去年 2半期 11億ウォンの純利益赤字幅を今年 33億ウォンでふやした.

甚だしくは最近 600万観客を突破した映画 `ノムノムノム`の製作社バルンソンも映画封切り以後一月ぶりに株価が反端くれが出た. ナムゾングフン大宇証券研究員は "観客 1000万理想の大当り映画製作社も株価が大当りで繋がれない"と "敢えて収益性低く危険性大きい業種に投資する必要があるのか"と聞き返した

毎日経済 & mk.co.kr,
2008.08.21 04:05:07 入力
by kazem2 | 2008-08-21 06:53 | News