ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ノムノムノム」 チャンイ派NO.3「熊」インタビュー

マドングソック, “演技? まだもっぱら地にヘディングする気持ち”

封切りした月ぶりに 650万観客を突破した映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’(キム・ジウン監督, 以下 ‘ノムノムノム’)には強烈なビジュアルとパワーで視線を捕らえるたいてい 'やつ'がある. まさにイ・ビョンホンの部下であるチャンイ派ナンバー3 ‘熊’ 役目のマドングソック(37)だ. ドラマ ‘ヒット’では ‘ミッキーソングシック’で, ‘強敵たち’ではウィリナムピョチォルホで, 映画 ‘ビスティボイズ’では血も涙もない倡優役で顔を知らせた個性派俳優彼に会った.




映画 ‘ノムノムノム’は幸せな記憶

‘ノムノムノム’はマドングソックにどんな作品か?
▲ 身は大変だったが心万は常に幸せだった作品だ. 常に憧れて来たキム・ジウン監督様との作業もそうだったし, イ・ビョンホン チョン・ウソン ソン・ガンホというこの時代最高の俳優たちと一緒に呼吸することができたということ自体が幸せだった. 映画も娯楽映画らしく, 楽しく出たようで満足だ.

苦労をたくさんした跡が見える.
▲ 扮装するのが苦役だった. 一時間半分の間扮装をしなければならなかったし, 動物の毛をかけて入れ歯をはめた. 夏には動物の毛のためとても暑かったし, 冬には衣装が袖なしなのでとても寒かった. ひしと見えるために一レゲエ頭は私の髪の毛を三人の人が引っぱっているような気がするほどに重かった.

もちろん私も撮影が手に余って大変だったがもっと多い人々が私よりもっと苦労が多かった. 映画が面白く編集されたりしたが多くの人々の努力をすべて見せてくれることがしたようだ事ができなく惜しい気がしたりした.

誰が一番素敵なやつか?
▲ 嘘みたいだが三人のやつ皆とても偉かった. 監督様の公認のようだ. 三人の主人公のバランスをあまりよく合わせてくださった. ある一人にもかたよらない三人の男の話だ. イ・ビョンホン兄さんは今度映画でまともに演技変身に成功したようで, チョン・ウソンさんは映画でまともに趣をいかしたし, ソン・ガンホ兄さんはもう言うまでもない.

マドングソックが本 ‘ノムノムノム’

チャンイ派なのでイ・ビョンホンを一番近くで見たのに, イ・ビョンホンはどんな人か?
▲ ビョンホンが兄さん(型)がよく分からない人々はイ・ビョンホンという人がとても冷たい人と思う. しかし私の見るビョンホンが兄さん(型)はあまりにも人間的で暖かい人だ. もちろん演技面においては完壁に近い. 集中力がすごくて纎細であり, 自分に厳格だ.

映画 ‘中天’から会ったチョン・ウソンは?
▲ チョン・ウソンさんとはまだお互いに ‘~さん’と呼ぶ. 親しくないとか漁色真書ではなくお互いに対する思いやり心のためだ. チョン・ウソンさんは冷たさ中が深くて思いやり心が多い人だ. 優性さんが映画 ‘中天’を準備する時一緒に運動をした事があったがその時から人間的なチョン・ウソンが分かるようになった.

俳優として見るソン・ガンホはどうだったか?
▲ みんなソン・ガンホ兄さんが我が国の最高の俳優と言う. 私はその点を肌で直接感じた. 俳優が一役目を引き受けることにあって ‘これはあの俳優ではなければならない役目だ’という言葉を聞きやすくない. ところでガンホ兄さんはそんな俳優だ. ガンホ兄さんでなくその役目を消化する人がいない位の位置になったと思う.

映画撮影場には数シブミョング, 多くは数百人の俳優とスタッフが一緒に呼吸を合わせる. お互いに名前まで気を使うのが非常に大変なのにガンホ兄さんは助演, 端役たちまで名前をすべて覚えて名前を呼んでくれて, たまにビールを飲もうと呼び出したりする. 人間的な面でも模範としたい学ぶ.

キム・ジウン監督との初作業はどうだったか?
▲ ‘甘い人生’ 時からあまりにも一緒に作業したかった監督様だ. ところで時期上にオーディションを逃して今度作品が初作品になった. 個人的にはキム・ジウン監督様と作品をしたかった夢がかなったわけだ.

キム・ジウン監督様は ‘この撮影が可能だか? 人の力で盛り出すことができる場面だろう?’と思う場面を結局刷り出す監督だ. 言葉をたくさん惜しむスタイルだが簡単明瞭な巻く中にヒューマニズムがあってユーモアがある. 撮影場ではカリスマがあふれるがいつも謙遜で, 結果的に本当に魅力的な監督様だ.

演技勉強のためならどこでも駆け付けて

その間の作品を自ら評価しようとすると?
▲ 2005年に公式的なデビューをしたが今まで強い印象の役目ばかり真書なのか多くの方々が役目を憶えてくださる. 俳優としては本当に幸運だと思う. ‘ノムノムノム’の熊もそうだったし ‘ビスティボイズ’での倡優重量挙げ本当に強烈な人物だ. 個人的にはコミックな場面を入れたかったりしたが二つの役目皆監督様が ‘もうちょっとドライするように表現してくれ’と言う注文をした.

一番記憶に残る役目を指折りなさいといえばドラマ ‘ヒット’のソングシック役目だ. マドングソックという俳優を一番広く知らせた作品でもあったし, 楽しく撮影した作品だったし結果も良い作品だった. 新人である私には任せにくい役目だったがおかげさまで多いことを学ぶようになった.

役目研究をどのようにする方か?
▲ 役目の答はシナリオの中にあると思う. それで監督様と多くの話を交わそうと努力する. 個人的には多くの役目を実際に生きて行っている人々は尋ねて学ぶ方だ. 運が良くも私の周辺には警察もあって, やくざもある. 実際モデルの生活の中で役目の姿を捜し出した. 私とは違う生を生きて行っている人々の生を見る楽しさもあるが何より役目研究をすることにあって大きい助けになった.

マドングソックに演技は?
▲ まだもっぱら地にヘディングする気持ちで, 私に向けた果てしない質問の時期のようでもある. 高等学校を終える時頃アメリカで移民を行ったし, 演技がしたくてまた韓国に帰って来た. 韓国でヨンヤングとを卒業して演技に入門した演技者たちと私は土台が違うことができる. しかし演技一つのみのために駆けて来たし, もう私に切実な夢になった.
新しい役目が私の自らに刺激になって私を挑戦するようにする. 演技をすればするほど難しいということを実感するようになって, わからない深みにたまに限界を感じたりするが常に挑戦する心で演技に臨みたい.

ricky337@osen.co.kr 2008-08-19 09:30
<写真> ミンギョングフン記者 rumi@osen.co.kr
by kazem2 | 2008-08-19 10:51 | Movie