ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ノムノムノム」10代に通じる理由①

キム・ジウン監督映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’(以下, ノムノムノム)が封切り 32日目である 17日損益分岐点である 650万観客を突破した. 封切り 5週次 250個スクリーンを維持している ‘ノムノムノム’は平日観客 5万, 休日観客 8-9万線を維持してむかしのままな底力を見せてくれている. 特に中毒性強い観覧形態や観客年令層分布図などはもちろん韓国型ブロックバスターが観客たちを引き入れる方式で新しい接点を捜し出した ‘ノムノムノム’はマニア的ブロックバスター ‘王の男’とはまた他の方式のペンドムを新たにつくり出している. このおもしろい娯楽映画 ‘ノムノムノム’を製作したチェ・ゼウォン代表に会った.





#. 娯楽映画的快感

‘ノムノムノム’が損益分岐点を越した. 今はちょっと大きな心配事おきそうだが.

▲初め ‘ノムノムノム’ プロジェクトを構想しながら大きいお金は儲けることができないが大きく損害見ないと思った. またもう何年前から話されて来た部分だが韓国映画市場はとても狭い. ワールドワイドスタンダードに当たる娯楽映画たちに対する挑戦が必ず必要だという考えをして来た. そんなに充満する意欲を持って始めたプロジェクトなのに楽しい時や悲しい時や映画が作られる 2年余の時間の間一日も心楽な日がなかったよ.(笑い) 封切りしてからはちょっと楽になると思ったが毎日数字のため一喜一悲しているから心情的に変わったのがないようだ. 何より易しくない過程の結果がまだ思ったよりではない.(笑い)

ワールドワイドスタンダードに当たる娯楽映画に対する挑戦が必要だという意見に同意する. しかし日本市場で製作コスト半分を引き上げた時代は過ぎ去った. 結局メインは韓国映画市場になるしかない. キム・ジウン監督が持った美学的欲望や固執たちを思い浮かんだ時ビジュアルに対する満足な結果たちは充分に予測することができる部分だったが映画の規模を考慮した時話を解いて行く疎通方式や話法ではちょっと憂わしい側面もあった.

▲一応愚な考えだったのか分からないが日本市場がこんなにズックウリと言うのは考えはする事ができなかったようだ. キム・ジウン監督の場合とてもクールしたりする.(笑い) 相手の感情を大きく考慮しない. もちろん全然悩みがなかったら嘘だ. しかし娯楽映画だから監督が持ったクールする話法がどんな部分では長所になることもできるという考えをした. 何よりそんな話法を駆使する両班だからその難しい環境の中でも三人の俳優を連れて自分ののを固守しながら自信がしたかった話を進行することができたと思う. そして悩んだことに比べては観客たちとの疎通が以前映画たちに比べてよほどよくできたようだという気がする.(笑い)

ハリウッドブロックバスターと比べたら確かに低費用高效率に完成された映画だ. しかし韓国市場のパイを考慮した時投資決定過程で悩みがなくのはなかったようだ. 何より撮影期間が予想よりたくさん長くなった. 映画の色を考慮した時冬封切りよりは夏封切りがもっと生んだ結果を作った思うが結局製作コスト上昇は不可避な状況になってしまった.

▲以前ブロックバスターたちが 100億近いお金を使って興行に失敗した作品が多かったことは事実だが初めて 125-130億予算にこの位キャスティングで娯楽映画を作ることはして見るに値するという考えをした. しかし実際にセッティングをして中国問題を整理しながら見たら一定部門試行錯誤は不可避だった. 映画が撮影されるうちに市場自体もよほどダウンサイジングになった, 何より観客たちの目の高さがもう ‘トランスフォーマー’ 水準に合わせられている状況でクォリティー的にあきらめることができない地点たちができたし撮影期間が増えながら製作コストもオーバーされた. 果して韓国映画市場からこれ位規模の映画を受け出すことができること人家に対する悩みたちができるしかなかったがキム・ジウン監督がこんな俳優たちを連れてジャンル的実験ができる機会を作ることやっぱり易しくない事だから決心して強行した. もちろん結果をおいて話したら多くの意見たちが出ることもできるが過程上において判断すればむしろあまり惜しんだという気がする. 本当に腰巻しめくくりながら, 身で済まして泣いて頼みながら, 最小限の費用で解決しようと努力したから.

映画を見れば作った人々のその同じ悪戦苦闘が目に見えたりする.(笑い)

▲自負心がすごかった. 良いことを超えて科するという気がするほど. ところで後半に行くほどその自負心が熱情に変わっていたよ. また経験しにくいエネルギーだった思う. 甚だしくは監督OKをしても撮影チームがもう一度行こうと話すゾングドヨッウだから.(笑い) 今思えばあまりラッキーしたプロジェクトだったことなの. 中間に負われることができる可能性も多かったがあまりにも多い人々が期待して耐えてくれた映画だ. 広報過程で俳優たち参加度が高かったことも一方の戦争を経験しながら積もった粘っこい同志愛が形成されたからだ. それで本気に真剣に悩んだ. 1,2編で分けて封切りすること. 率直にその苦労をしながら取った場面たちが用捨過程で大量で首になって行くからあまり切ないのだ.(笑い) するが ‘ノムノムノム’がストーリーの豊かな映画ではないからエピソードを切った時画面をもっと見せてくれるという意味以上を得ることは大変だという考えであきらめた. それで個人的には DVDがあまり期待される.

‘化け物’がクリーチャームービーの外被を口はまだジャンルを巧みに変容するとか拗ったように ‘ノムノムノム’ やはり広報過程からウエスタンムービーに紹介されたが結果物はその同じジャンルの変容とホンゾングの跡たちをうかがうことができる.

▲それでも同じな娯楽物だから打った時トチングする部分たち, 胸を打つ部分ではちょっと違ったりする. ‘化け物が’ 家族映画の性格が強かったら ‘ノムノムノム’はアクションアドベンチャームービーの快感が大きい映画だから. もちろん映画のリズムに乗ることができなければどの瞬間とてもルージュするように感じることもできる映画だが.

#. キャラクター映画の魅力

韓国映画では珍しい書こうぞトップ映画だった. 最近スターパワーに対する懐疑的な視覚が広まるしているが三人の俳優を集めておいたら観客たちの好奇心や期待感が増幅されて日程のチケットパワーを形成した側面があると思う. 映画の中でも三人の俳優の魅力をいかしてくれるベースたちが充分に敷かれながら俳優たちに対するペンドムが加速化された. 多方面に良いシナジーを成したキャスティングだ.

▲スター性とチケットパワーを同時に担保にした人はソン・ガンホさんだけで残り二人の俳優は彼らが持ったスター性位チケットパワーを担保にする見る数なかったので二人をどんなに水面の上スターに作るのかがカギだった. すなわち自分の身に迎える映画の中キャラクターを通じて一番輝くことができる瞬間を作ってくれることなのにキム・ジウン監督はその部分で本当に卓越な人だ. またキム・ジウン監督だから三人の俳優とコミュニケーションで大きい問題なしにひいて行くことができたと思う. だから ‘ノムノムノム’は二人の俳優がこの前スターとして刻印されたその姿を確認させてくれる過程だった思う. 彼らも自分たちに 10代ファンが帰って来たという事実に感動食べる.(笑い)

‘ノムノムノム’を置いてマニア的ブロックバスターと言うのは表現を書くことができそうだ. 興行パターンに照らして以前映画たちと違うおもしろい地点たちが目立つ. ‘王の男’のように多層的解釈の可能な映画ではないことにも意外に繰り返し観覧が多い. あれほど特定観客たちには強い中毒性を発揮するというのにこれらをウエスタンジャンルに対するマニア層で見るにも困る. 率直にこんな反応が出るつもりと言う予測はする事ができなかった.

▲私もそうだ. 実際劇場に行って見れば繰り返し観覧観客が半分以上を占める. 21回見たというメールも受けた. 指摘したようにウエスタンジャンルに対するマニア層が形成されたことで見ることは難しいが普遍妥当するように広がる概念というより特定階層に強い中毒性を発揮するようだ. 率直にこの映画を製作して男たちがもっと好きな映画だと思ったが 7-80%が女性観客たちだ. チャンイや桃源におびただしい憐愍を感じながら演技する俳優の動作一つ一つに即刻な反応を見せるのがまるでアイドルスターに見える反応とそっくりだ.(笑い) 監督様もあんまり俳優水準の待遇を受けているしそのファンが滲んで私に来るほどだからこれは確かに考えて見る地点だ. 実はこれ位の反応なら布地だけは行かなければならない雰囲気なのにどうしてだめだったろうか悩みされる瞬間も来る. 周辺に見なかった人も密かに多いのにこの位数値になったと言うのが不思議でもあって. 今後もうちょっと細密な分析が必要だが映画が繰り返し観覧するようにするコードを持っているというの, すごく重要なようだ. またその同じマニア層が持続するだけで ‘ノムノムノム’ シリーズ化に対する可能性も充分する気がして,.

‘ノムノムノム’というの自体がもうブランド化になった. 多様な媒体を通じて拡大, 変容, 再生産されながら実利ある広報效果はお負けで得ていたし.(笑い)

▲そうだ. 放送はもちろん社会的に波長されたパピノムのように多様なコンテンツで生活の中に侵透しているということは確かに意味を付与するに値する. 映画が持つようになる ‘ノムノムノム’だけのブランド效果で見られる.

#. 10代を動かす.

‘ノムノムノム’は既存大作映画たちが見せてくれた興行パターン公式とも差別化を成す. 特に中壮年層ではない 10代が映画興行の新しい伏兵になってくれたということはよほどおもしろい地点だ.

▲休みシーズンとタイミングがちょっと食い違いながら封切り初与える積極的に劇場を尋ねたマニア観客たちが多数だった. 以後映画に対する多くの賛否論難が起ってひととき観客反応が冷ややかになったりしたがすぐすぐ休みを迎えた十代たちが侵透しながら底力が落ちないで興行速度が維持された. 最近には長年層観客の動きも見える.

映画で 10代達が応じて吸収した部分が何だったのか韓国映画界でも綿密に分析して見る必要がある,

▲そうだ. この映画自体をキャラクターで受け入れたということが彼らを動かした力ではないか? 彼らがコンテンツを消費する部分たちと ‘ノムノムノム’のどんな過程たちが触れ合っていアンアッナという考えをするのだ. 映画をストーリー中心に見る 20代達は批判的な視覚を立て通すことができる側面があるが映画をキャラクターに付いて行った人々にはとても一味違って面白い映画になったのだ.

私もキャラクター映画として ‘ノムノムノム’が持ったトレンディな強点たちが奏效したと思う. 今はキャラクター全盛時代で言っても過言ではない. リアルバラエティーが大勢である芸能プログラムでキャラクター構築を通じて楽しさを作り上げることは一番トレンディな方式だ. ‘ノムノムノム’が芸能プログラムで多角度でパロディーになってリサイクルされることができたこともそのためだ. またこのような構造に一番素早く応じる人々がすぐ 10代でもあって.

▲10代達がコンテンツを接して消化する行動が以前方式とは確かに違う. ストーリーに抜けたらどうして良い奴が良いやつだというふうの論議をしなければならないのにむしろ良い奴は格好よい変な奴は可愛いという式の反応が出る. 映画を消費する時もストーリーよりは自分が好むキャラクターを先に付いて行っていたよ.

映画社側でも 10代達にこんな類型の反応と波及力を発揮下吏と言うのは予想ができなくなかったか.

▲率直に 10代男の子たちは好むと思った. しかしアクションのため派手で好きなことは極めて一部でむしろ 10代女達の反応が熱い. 俳優たちは勿論で監督様まで毒毒しいジウンと言うキャラクターに穿鑿することを見てすごいと感じた. 映画終わって監督様写真出れば熱狂的な歓呼と拍手が湧き起こって出る. 次にはキム・ジウン監督連れて映画を撮らなければならないが瞬間悩みに陷ったりした.(笑い)

-キム・ジウン監督様実際演技お上手ではないか.

▲キム・ジウン監督のみならずボン・ジュンホ監督も演技お上手だ. しかしこのふたつを演技者にキャスティングしたらアート映画になるでしょうに. それなら演出は私が?(笑い)

ある映画が出るか全然予測不可能で好奇心を刺激したりする.(笑い)

▲ハハ. とにかく映画や俳優監督に対する観客たちの反応はもちろん映画人たちがバルンソンと言う会社に持つようになった信頼感みたいなことを思えば映画というのがお金だけの問題ではないという気がする. 伝達しようとするものなどが 100% 伝達したと言うことはできないが他の形態で存在価値を認めてくださったという点では確かに満足な部分があるプロジェクトだ.

ゾウンヤング helloey@newsen.com


記事情報提供及び報道資料 newsen@newsen.com
[2008-08-18 09:04:05]
by kazem2 | 2008-08-18 10:52 | Movie