ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

微笑みよりは演技で認められたい①

洪庭園の俳優探険

“ほほ笑みより演技が千万不ものになるように望みます.”

俳優イ・ビョンホン(38)は易しく愛に陷ることができないだろう. 私たちが思うよりもっと鋭敏で愼重のうえ纎細だからだ
20世紀末青春スターで 21世紀初ハリウッドスターにジャンプしたイ・ビョンホン. 鋭敏, 愼重さが今のイ・ビョンホンを作った. しかしそれらは短所でも作用した. 彼はもうちょっとずいぶん前に試みたら良かった試行錯誤を最近では経験したということを悟った. ‘ロマンチストキャラクターの代名詞’だったイ・ビョンホンは映画 ‘甘い人生’を始まりに ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’(以下, ノムノムノム), 最近二篇のハリウッド作品に至るまで幼い頃石橋も叩いて見て引き受けた役目たちを息忙しくやりこなした.







“‘ノムノムノム’のためらったのは映画自らの理由より一応 ‘私は雨降って一緒に行く’(I Come With The Rain: 出るという中紅)とスケジュールが重なるようだったからだったです. 悪役を初めてするのに ‘よくすることができるか?’と言う負担もあったしキム・ジウン監督様がソン・ガンホ先輩と 6年前からしゃべている途中企画された映画としてためらった部分もあります. 強豪兄さんが主人公をする映画なのに私の入って行く席がイッウルカと言う考えをしたんです. 三人の人が主人公というガール後で分かったが. 悩んでいる途中決定的にキム・ジウン監督に対する信頼のため出演を決心しました. その人(キム・ジウン監督)にそんな姿も珍しいです. 短くない時間(ひと月) 間日出演させるために説得する姿が普段ようではなくて印象的だったです. ‘得ることが確かにあるから続こうとおっしゃるのだろう’だと思って結局ジウン監督様に移ったのです.”

実は韓国で 17年間よく知られて固定されたイ・ビョンホン(彼は自分を材料と言った)がよく分からない外国監督は彼をどんなにピョヒョンハルカと言うのか知りたい事がハリウッド進出を決心するようになった最大のきっかけだった. 特に ‘G.I. Joe’をすると言ったら周りで憂慮の視線たちも多かったが彼は我が国の監督とは違う考え方を持った監督に自分を任せて見たかった. それが個人的な発展に助けされることができるんと言う確信が聞いた. ‘柄’変化を追い求めようとしたイ・ビョンホンは ‘私は雨降って一緒に行く’ ‘G.I. 組’ 二つの便宜ハリウッド作品にぞくぞく出演して韓流スターという井を蹴飛ばしてハリウッドスターというタイトルを引っつかむ日報直進だ.

イ・ビョンホンは 1991年ドラマ ‘アスファルト我が郷土’でデビューして 17年の間演技だけして来た. キム・ジウン監督に会う前までイ・ビョンホンはドラマ ‘美しい日々’を通じて得た暖かい室長(イ・ミンチョル) イメージに過ぎなかった. ‘甘い人生’を経験する前まで彼のほほ笑みは変身の障害物になったし善良なもうだが量産していた. 彼は俳優だ前にスターが先にだった. デビューするやいなや 90年代青春スターで全盛期を享受したし韓流スターを経って今はハリウッド俳優で全盛期を享受している. 17年間スタインつもりだ. しかしスターの専有物である CFは切ってからながい. CF 渉外が潮がさすように入って来るけれども俳優に対する欲心のためになおざりにして来た. 彼の夢見る全盛期はスターとしてではなく俳優としての全盛期だ. 観客と疏通してほしいし彼らの反応を営養分してもっと良い俳優で地に根付いて空で真っ直ぐに伸びゆいてほしい.

彼はソン・ガンホの鋭く表現する演技力とチョン・ウソンの余裕を羨んだがイ・ビョンホンには千万火のほほ笑みとすべてのものを吸いこむことのように純粋な目がある. 千万火のほほ笑みは時には彼の変身をのろくした.

“‘美しい日々’ 終わったテツムだったことです. ‘百万ドルの美しいほほ笑み’と呼ばれた時 CFがたくさん入って来たんです. その時はほほ笑みが作品する度に邪魔になったんです. 微笑帯びた私がイ・ビョンホンだけで補であって作品の中キャラクターでは見えなかったというのですよ. 当時そんな指摘を受けました. ‘甘い人生’がそうなのを覚めるようにした大事な作品です.”

彼は何気なく擦れるように言ったがほほ笑みは変身が生命だった俳優としておびただしい障害物だったことが間違いなかった. キム・ジウン監督は ‘甘い人生’で始めて ‘ノムノムノム’までイ・ビョンホンの口元でほほ笑みが消えるようにした. 千万火の微笑代わりに千万火とも変えることができない広くなった演技スペクトラムを得た. 題目のように ‘甘い人生’は彼に甘い人生を持って来てくれた. この作品を通じてハリウッドに進出したしカンヌ国際映画祭のレッドカーペットも初めて踏んだ.

田舍先生(我が心のオルガン)も, 純情派純粋青年(その年夏)も, 殺人を躊躇しない悪いやつ(ノムノムノム)もイ・ビョンホンはこれから某も似合う. 彼が童話されにくい役目なんかないことのように見える. ハリウッド進出作 ‘私は雨降って一緒に行く’でも悪役を引き受けた彼は ‘G.I.JOE’ ストームシャドー役, ドラマ ‘アイリス’までしばらく男性的な魅力で観客の魂を漏らすでしょう.

洪庭園 man@newsen.com / ファングジンファン jordanh@newsen.com
by kazem2 | 2008-07-29 08:21 | ragazzo