ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ビョンホン ノーカットインタビューより

ノーカットインタビュー 'ノムノムノム' イ・ビョンホン "ファンのために私は山のように常にその席にある"

青白くて暗い表情で目標のためには殺人も何気なくやらかす冷血した. 一方目を覆うビツックビツック鋭く下ろされた髪の毛のように狂気じみた酷くて悪辣な姿が薄気味悪い.

俳優イ・ビョンホン(38)が映画 ‘(監督キム・ジウン・製作バルンソン, 映画社以下 ‘ノムノムノム’)で引き受けたキャラクターだ.





切られた指に目はいっぱい毒気を抱いて, つぼにはまらなければ随時に刀と鉄砲を取り出す映画の中 ‘パク・チャンイ’のイメージは一様な歯牙を現わして明るく笑う姿が魅力的なイ・ビョンホンにはちょっと不慣れな姿だ.

"目に力を入れた演技したが今は目解こうと努力中"

“普段にも目に力が入って行くようで目解こうと努力の中です(笑い). 新人俳優たちは表情を作ろうとするが私は悪漢表情をわざわざ作ろうとしないです. 感情が仮面表情が付いて来るものと決まっています.”

映画始終極悪無道した感情を取って演技を広げて見ると今も事物を眺める時目に力が入っているようだという彼の言葉が理解ができる.

顔に傷を出した設定は直接的に関与しなかったがヘアスタイルに対しては自分がアイディアを出した. さまざまな写真を持って扮装チームに会ったが扮装チームが持って来た写真と似ていたということ. 悪辣なキャラクターを表現するのに人々が思っている姿が似ているようで面白かったという記憶を思い浮かんだ.

"留学全感じのように海外で長年の期間過ごしながら撮影"

イサングハンノム ‘ユンテで’(ソン・ガンホ)とゾッウンノム ‘迫到院’(チョン・ウソン)より悪者 ‘パク・チャンイ’ キャスティングが一番遅れた. ここにイ・ビョンホンが初悪役挑戦にためらったという話が広がった.

しかしイ・ビョンホンはきっぱりと不正だった. 日本のトップ俳優KimuraTakuyaと一緒に出演した出るという中紅監督の ‘I come with The Rain’と撮影が重なって作品併行が大変だか心配で差し置いたことであって, 悪役なのでためらったことは絶対いやだそうだ.

“悪者配役をおいて葛藤はしました. 実は悪役である悪者役目は多くの俳優に開かれていました. この配役を引き受けてどうなるかという結果より本当に私が何がしたいのか思って決断を出したんです. そうしてからは ‘ノムノムノム’ 撮影と重ならないようにしてくれと言ってしたが…, 人仕事というのがそのようにならないでしょう?”

そのおかげさまで長い間海外で滞留して撮影を甘受するために彼の顔は真っ黒でやつれた. チェコプラハでハリウッド進出映画 ‘I come with The Rain’と ‘G.I Joe’(スチーブンソモス監督)を撮影するために 1年近く海外で暮すようにした

母と妹(李ウンヒ)がおかずを持って来て励ましてくれたエピソードも伝えた.

“家族と長く離れて暮らしたのは初めてです. 一人でご飯こしらえて食べて過ごしながら留学全感じだったです. 私が運を人生の経験で思うようにどうして少し早く留学経験をして見なかったか後悔が入りますね. 暮し経験が初めには不思議で面白かったが徐々に面倒になるからこれで横で取りそらえてくれる人がいなくちゃねという気がして….”

この間誕生日だったイ・ビョンホンは長い間会うことができなかった友達とお酒を飲んで懐抱も解いて, ファンと共に楽しい時間を過ごしたと言う.

彼に会うために所属社事務室に無鉄砲に尋ねて来る日本ファンも多い.

ファンの人気が恐ろしくないかと言うと彼は “ありがたくて瞬間瞬間感動を感じる”と “不安感を感じるには多くの時間を過ごした. ファンが私という人より俳優として魅力を感じなければならないと思う. 私は山のように常にその席にあるから上って来たければ上って来ていつでも下がっても良いとファンに話す”と良い作品で素敵な俳優に残りたいという風の代わりをした.
mimi@cbs.co.kr
[ 2008-07-22 11:48:36 ]
by kazem2 | 2008-07-22 12:53 | ragazzo