ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「ノムノムノム」を観た感想Ⅱ

▲ "いたわしいやつだけ生き残る"と言ったが事実は一やつもっと生きる.
c。 映画ホームページガルムリ

久しぶりに 派手なアクションが尋ねて来た. 雄大壮厳なスケールと目をはなすことができない 緊張感, そして三人の俳優の生きているキャラクターが絶妙に 一団となって韓国版ウエスタンムービーの復活信号弾を飛ばした. 一応内容さえ見ればおもしろい.

満洲原野を走る カメラのロングショットはその間 暴力ではなければメロウに限定された韓国映画が 久しぶりに凉しい原野に出て解放されたような カタルシスを感じるに十分で, 走る列車場面は三人のやつらの出会いが 普通ではないことを見せてくれている.

♡本家「The Good,the Bad&The Ugly」



実は この映画以前に封切りした <ワンスアポイナタイム>でも似ている 時代的背景を土台に製作されたが, その映画はパク・ヨンウの演技変身に失敗しながら 興行も低調だった. しかし今度 <ノムノムノム>は一流級アクター三人の名医キャラクター演技が絶頂に至ったという評価を受けるに十分だ.

がっちりしているキャラクターが映画を導く. しかし比重があまりにも多くて

ソン・ガンホのユンテグは 小盗人だが常識が通じて 融通性を発揮する. イ・ビョンホンのパク・チャンイは 請負殺人集団の親分で 目つきとカルソムシが 相手を圧倒するようにするが ただ一人にだけは被害意識を持っている 人間的な悪党だ. そしてチョン・ウソンの迫到院は懸賞金を狙う 人間狩人だが 次第どおりは法の執行者役をする.

補助物で計算すれば迫到院(チョン・ウソン)が一番の上で 小盗人ユンテで(ソン・ガンホ)と 請負肉である人パク・チャンイ(イ・ビョンホン)を追う立場で, チャンイはユンテグにあった 痛い過去をいつか返してくれるために 機会だけ狙っているし, いざ二人のやつらに追い回される世話である ユンテグは何の考えもなく 自分に与えられた事に充実なだけだ.

ソン・ガンホのための映画, ソン・ガンホがいかした映画

この映画の魅力は 断然ソン・ガンホのオリボリした キャラクターだ. 彼は <ナンバー3>や <密陽> などで見せてくれた 人間的ながら少しは足りないような 姿の絶頂を見せてくれる. 残り二人のやつらは少し重い. そして人間的ではなくて 負担で, そこにチョン・ウソンはその間の演技にアクションを少し加えたし, イ・ビョンホンも 今までの重みある演技に もうちょっと毒毒しくなっただけだ.

厳密に言って ソン・ガンホのオーバーアクションが この映画の大きい流れで, それらを支えるのが あげく俳優たちと助演たちだと言っても過言ではなさそうだ. あれほどソン・ガンホは 今まで堪えたコミックアクションの真髄を遺憾無く発揮している.

問題はストーリーの不在だ.
指導した章を偶然に手に入れる設定や, その指導を宝物指導と思わなければならない すべての人々の知りたい事は どうしてもこの映画を導く同人だと言うには 少し微弱な面がある.

"何かちょっと抜けたようではない?"

この映画の 主な背景になることは 独立運動だ. 1030年代国を失って 満洲原野に基盤を磨いて 生きて行った朝鮮人たちと失った祖国を取り戻すための 独立闘士たちの活動が 前提になっている.
それで日本銀行長から 奪ったその指導が日本, 朝鮮皆には非常に重要な品物になるのだ.

しかしこの映画は 指導の上包みを ?魚譜で 私は後の虚しくなる感じを受けるようにする. その過程は言えなく 面白いが瞬間瞬間楽しさに露出した観客たちの 期待感を満足させてくれるには疎かだった.

"結局それや?"

2時間 20分の長い時間始終観客たちは期待する.

"何か大きいのが一部屋裂けるね".

それでその指導の存在が 分かりたくて, その過程で見せてくれる緊張感が もっと緊張される. しかしこの映画は 終りまで '三人のやつ'にだけ充実する. それが反転なら反転だろう.

もうちょっと批判しようとすると この映画は第2の <デ−ウォ> のような反応を見せるようだ. 興行に大きく成功するはずだ という前提を敷いているし, 封切り初日から前売り暴酒につながりながら 韓国人なら誰も好きなソン・ガンホ, イ・ビョンホン, チョン・ウソンが登場する今年最高の 韓国映画だから汚職 "面白いです" "派手すぎて胸がすっきりします"という反応だけ見えなければならないような 負担全部持つようにする.

"ストーリーがしまりがない", "画面は派手なのに内容は良くないね"と誰か一言すればなぜか "韓国最高の三人の俳優が私ほどのアクションを見せてくれるのに 何は違う言葉か"というけんつくを覚悟しなければならないような雰囲気が 感知されるからだ.

数千発の議銃声と 満洲原野を走る数百匹の馬, そして最高の俳優たちが見せてくれる 最高の演技力にすっかりはまって 二時間がどんなに通り過ぎるか どうかさえ某を位に面白いのに, 終わった後出る時はなんだか寂しい感じを受けるそんな映画だ.

oh my news 2008-07-17 14:27
by kazem2 | 2008-07-17 15:09 | Movie