ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソン・ガンホは誤解されている

ソン・ガンホ, 世の中は彼に対して間違って理解している

彼が手探りしながら ‘梨盃盃裏切りなの…’(‘ナンバー3’, 1997)と言う 瞬間忠武路に変な気流が生じ始めたし タイガーマスクを(‘反則王’,2000)脱ぐ瞬間韓国映画界の興行版図が変わった. それから 10余年, ソン・ガンホ(41)は興行を保証するクレジットになったし,
当代最高の俳優を象徴する名前になった. パク・チャンヌク,
キム・ジウン, このウィンドウ洞, ボン・ジュンホなどきら星みたいな
監督たちと常に一緒に 置かれるガンホも韓国映画その誰も享受することができなかった事だ.




反則王’はキム・ジウン監督と二番目出会いだったが 初単独ズヨンザックイオッドン位俳優として一番さびしくて 大変に撮った映画だ. 1991年演劇舞台に足を入れた以後  6~7年間 ‘大学路ご飯’を食べた時代は “映画は初めから眼中にもなかったし 暮らすのが急で生きて行くこと以外に どんな夢も見にくい時代”だった. 今は劇界も事情がたくさん変わったが  90年代初盤劇界に入門したソン・ガンホは  2年が経っては 初ギャランティーを受けることができた. 二十五歳の時 2ヶ月間練習して 2ヶ月間公演して 4ケ月分の補修で 35万ウォンを取った. 演技で初め ‘金儲け’をした経験だった. 演劇 ‘飛言所’を見たこのウィンドウ洞監督に目立った後 ‘みどり魚’までは 昼には映画現場, 夜には演劇舞台を行き交った. それほど取ったことがホン・サンス監督の ‘豚が井におぼれた日’(1996)とチャン・ソンウ監督の
‘悪い映画’(1997)だった. ‘豚…’では主人公が酒席で会う多くの友達中一人に登場して ‘悪い映画’ではすれちがうカメラに行旅路宿人でちょっと顔を出す.
その後 ‘静かな家族’(1998) ‘シュリ’(1998) ‘共同警備区域JSA’(1999)で人気をあつめたソン・ガンホは ‘反則王’で遂に単独主演の席を クェチァンジだけスクリーンを 一人きり責任を負わなければならない演技は戦闘みたいだった. その大変な旅程の中で二番目であるきれいな娘を得たし, キム・ジウン監督と会った三番目作品 ‘ノムノムノム’の封切りを控えて九歳になった娘は試写会でパパの映画を見た. “おもしろい”と言ったし十三歳の長男は ‘ノムノムノム’と ‘化け物’ ‘反則王’を一番好むと言う.
一つ二つのカット出にくかった端役で出発して 印象的な助演を経って主演俳優に成長した何年, そして ‘最高’の席を守ったその後何年間多いことがあった. 相変わらずなのは誰か ‘啄木鳥笑い声’と表現した特有の笑いと サラムゾッよ見えるまねだった. 友情出演と声出演を除いた 17番目長編映画である ‘ノムノムノム’の封切りを控えて彼に会った.

◆世の中はソン・ガンホに対して間違って理解している

京畿道坡州セット場で次期作 ‘コウモリ’を撮影中のパク・チャンヌク監督はソン・ガンホの 俳優ではを問う質問にカメラに見つめた目をはなさないで心もち短く言った. “世の中はそれに対して思い違いをしているようだ. ソン・ガンホこそ冷情で知的で粹な演技をする”. 朴監督は
ソン・ガンホと ‘共同警備区域JSA’と ‘復讐は私の物’に引き続き三番目で呼吸を合わせている. キム・ジウン監督の坪は長かった.

“ある役目, 状況でも生きている演技をする. 叔母ヶ撮影監督の言葉通りソン・ガンホは 今取っている状況がまるで実際と思うようだ.
瞬間的な沒入と 集中力が映画をぴちぴち生きているようにする.
すべての行為を情感ある人で見せてくれる. それがすごい. 完璧に呼吸調節をして 刀のように正確に表現する. 接着剤のようにぱっくりくっつく演技だ.”

ある撮影の前シナリオに表情や感情, ジェスチャーを指示するトールをいちいちつけて練習する. それではソン・ガンホはどうかな.
“シナリオは一度コムコムが見るが何回も読まない.
無心にしてカメラの前に立つ. 撮影入って行けば本能的に応じて,
もう頭の中に計算がすべてなっているようだ.”

劇中 ‘良いやつ’ チョン・ウソンの銃撃を避けて こっけいな姿で逃げるサマックシンで ソン・ガンホはすごく軽快なスラップスティック・コメディを見せてくれるのに, これやっぱり ‘レッディー, アクション!’ 前まではどんな動作で出るか監督も, ソン・ガンホ自分も分からなかった.
カメラが回れば本能が応じるだけだ. 一方このウィンドウ洞監督の
‘密陽’や今 撮影衆人 ‘コウモリ’は助詞するが違わないで シナリオどおり演技した作品. ‘緻密に計算されて設定された演技’だったと
説明した. “決まった縁起論があるのではなくて監督ごとに作品ごとに全然違った方式の表現をしなければならない”と “関係と空間によって変わるメソッド演技が重要だ”とソン・ガンホは言った.

◆キム・ジウン, パク・チャンヌク, このウィンドウ洞, ボン・ジュンホ…みんな私の中にある

この間会った 一映画祭作者は “ソン・ガンホは有名監督とだけ作業をしてとうてい私たちには順番が帰って来ない”と泣き言を言った.
あれほど彼と作品を 2編以上ずつ限り 監督たちは韓国を代表する作家たちだ. パク・チャンヌク, キム・ジウン監督とは 3編をしたし このウィンドウ洞, ボン・ジュンホ監督とは 2編をした. ソン・ガンホは
“有名監督とだけするという 世間の視線は誤解”と言いながら
“シナリオと配役, 時期などを考慮して 作品を選択することであって
監督の名望のみを計算することではない, 新人級監督とも作業を何回した”と言った. 実際ソン・ガンホが出演した ‘孝子洞理髪師’や ‘南極日記’ ‘優雅な世界’ などは監督デビュー作や 2番目作品だった.

“監督ごとに世界とスタイルが他のところ, 彼らの世界がすべて
私の中にあるようだ. ジャンル的な 変奏が与えるキム・ジウン監督の妙な魅力, パク・チャンヌク監督の創意的で 芸術家的な気質と元気な冷笑, 緻密で精巧なドラマを通じて 社会を眺めるボン・ジュンホ監督の視線, このウィンドウ洞監督の美しさに対する感覚などと 私の中の世界が少しずつ似つつあるようだ.”

ソン・ガンホは監督の話が出る度に必ず ‘キム・ジウン, パク・チャンヌク, ボン・ジュンホ, このウィンドウ洞’ 順に言いながら ‘イロハ’順序だと付け加える. キム・ジウン, このウィンドウ洞監督はお酒があまり好きではない. それで大作を一番よくする監督はパク・チャンヌク, ボン・ジュンホだ. パク・チャンヌク監督はワインが好きだが ソン・ガンホはあまり好まないから一酒席でも他の主類, 各本をおいて飲む.

◆つまらない自然人, 一番おもしろい俳優

数年間最高の興行パワーと演技力を持った俳優に評価を受ける気持ちはどうかな.

“何より ものすごくヘングウンアグナという考えが先にします.
去る 10年間最高の待遇も受けて 最高から愛されたんです. しかし本当にソン・ガンホばかりの力や? ないよ 良い人々にたくさん会ったからです. 中2の時から演技を夢見たが 一度も映画をして見るという考えなかったです. 映画という媒体が 偶然に私に来たのです. 演技に対する熱情と新しさに対する喉の渇きが ここまで私を導いて来ました.”

彼は日常や 家族に対する話をする時なら 癖のように “つまらないでしょう, ”と言う. 運動もしなくて, 旅行も嫌やがったら “つまらないパパ, つまらない夫”というのだ. 早く結婚したが演劇俳優と映画組・端役時代を経りながら 恋愛も本当につまらないようにして新婚旅行さえ行けなかったというソン・ガンホは 常に家族にすまないことを示したりする. 日常での何気なさが もしかしたらスクリーンの彼に無限なエネルギーを付与するかも知れない.

ソン・ガンホの演技はいつも 生 に内在した本質的な喜劇性と悲劇性, そのふたつがもたらすアイロニーを見せてくれる. 素敵な外貌の俳優は多いが, ソン・ガンホのようにすべてのジャンルで, すべての場面で 生 と現実を換気する 魅惑的な演技を見せてくれる俳優は珍しい. カメラに応じる彼の本能が 自らを裏切らない限り, ソン・ガンホの ‘全盛時代’は終りがなさそうだ. 21世紀の韓国映画社はソン・ガンホという目次に相当なページを割くことが明らかだ.

(suk@heraldm.com) 2008-07-16 17:06
by kazem2 | 2008-07-16 18:28 | Movie