ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Newsenの洪庭園記者のインタビューより

“嫉妬心がちょっとあります”

人間的なのでもっと ‘素敵なやつ’ 俳優イ・ビョンホン(38). 人々は
俳優イ・ビョンホン(38)は不足なしの幸せな竝びだけ分かる.
しかし彼は仲間俳優チョン・ウソンの余裕を, ソン・ガンホの鋭い延期を羨んだりするジルトゼングだ. またハリウッド映画にもぞくぞく出演しておいて韓国で映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’(以下, ノムノムノム)大当りしてほしいヨックシムゼングだ. もう頂上の席にありながらも常に最高を夢見るイ・ビョンホン. 彼はそんな点で ‘ノムノムノム’で引き受けた ‘悪者’ チャンイに似ている.




しかし創意のように劣等感に捕らわれた人物ではない.
イ・ビョンホンは最高になるため, 夢をつかむためにチャンイが指導した章に命をかけて走ることのように俳優の頂点を向けて走ってまた走るだけだ.
チェッコプラハで二番目ハリウッド作 G.I. Joeの撮影を終えて帰国してから 1週間余ぶりにキム・ジウン監督の ‘ノムノムノム’ インタビューのために対座したイ・ビョンホン. プラハでよりもっと乾いた姿だった. インタビューする途中にも扁桃腺に良いという薬を首に振り撤いた.
“時差ぼけができなかった中にソウル到着するやいなやその間会う事ができなかった友達と知人たちに会ってお酒を飲んで懐抱解くためにやせたようです. 寝ることも寝る事ができなかったんですよ.
疲れて片道ができたようです.”

彼は去る 1年間も本のハリウッド映画と ‘ノムノムノム’ 撮影で韓国にとどまった時間より海外に泊まった時間がもっと多かった.
帰国後解けた緊張と累積した疲れのせいでコンディションがよくなかった. イ・ビョンホンの柔らかい低音もこの日だけはしきりに割れた.
インタビューするために取り揃えて着た服よりインタビュー終わらせた後楽に着替えたトレーニングの服がもっと魅力的だったイ・ビョンホン. インタビュー途中 身を掻いたり いたずらな顔をする彼は純粋な子供みたいだった. 1,000万ドルのほほ笑みと眼差しに純純性と悪魔性を同時に持った二つの顔の男イ・ビョンホンに “あなたはどんなやつなのか”と問った.

#自尊心強いキム・ジウン監督, 一ヶ月間 私を誘う
忠武路で自尊心強いことで有名なキム・ジウン監督が一ヶ月間
イ・ビョンホンを狂った. ‘ノムノムノム’ チャンイ役に彼をキャスティングするためだ. 作品選択に愼重を期することに有名なイ・ビョンホンはチャンイ役にためらった. その理由はいろいろに明確だったが
キム・ジウン監督のペルソナらしく監督に対する信頼一つで出演を決めた.

“ためらった理由は映画自体に理由がイッダギより一応映画 I Come With The Rain: とスケジュールが重なるようだったからだったです. 悪役を初めてするのに ‘よくすることができるか?’と言う負担もあったしキム・ジウン監督がソン・ガンホ先輩と 6年前から冗談言っている途中企画された映画として ためらった部分もあります.
ガンホ兄さんが主人公をする映画なのに私の入って行く席があると言うのかと考えをしたんです. 三人の人が主人公というガール後で分かったが. ‘これをしなければならなくて巻かなければならなくて’ 悩んでいる途中決定的に監督に対する信頼のため出演決心をしました.
その人(キム・ジウン監督)にそんな姿も珍しいです.
短くない時間の間 日出演させるために説得する姿が普段ようではなくて印象的だったです. ‘得ることが確かにあるから続こうとおっしゃるのだろう’だと思って結局キム・ジウン監督様に移ったのです.”

#貴様(?) 中仮装(家長) ‘悪者’はキム・ジウン監督, 私は寒いやつ
イ・ビョンホンはキム・ジウン監督に対する信頼感を現わして彼を一言で “毒毒しい監督”と表現した. 現場で完璧な映画を作るために毒毒しいうえ俳優たちをいじめる(?) あくどい監督だった.
イ・ビョンホンは彼を ‘貴様’ 中一番悪いやつだと言ったりした.

“彼の映画を見れば分かります. ‘甘い人生’もそうで. 酷さがなければどんなにそんな場面, 作品が出ますか? 毒毒しい面があるがジウン監督様とよく相談しました. 独特の性格だが意外に多い人々とよく話し合う性格ですよ. 肝が小さくて気難しくてよく臍を曲げるようだが多くの人とよく交わります. 二人がくすくす笑うこと好きで空想して冗談言うのを好きです. 他の人々が見れば ‘ふたつがどんなにあのように寒い冗談をくすくす笑いながらできるか’, ‘何をしているか’ するほどによく遊びます. 映画と全然関係ない寒い冗談を一日中していてからどの瞬間 ‘私たち何をしていることなの?’ してお互いに顔見て笑います. 監督様のセンスがおびただしいですね. 無表情でじっといている途中一言 ぱん と投げればすごく笑わせてぼけをしてくださいます. 私も結構ボケとつっこみをします. お互いに なんでやねん と言い合っています. (笑い)”

#映画のためにうまれて初めて馬乗り, しかし中毒される
イ・ビョンホンは ‘ノムノムノム’ の中で習歩(走る速度がとても早くて馬足が日付で見える姿)で馬に乗るのをして満洲荒野を歩き回る.
今度 映画を通じて馬に乗るのをうまれて初めて学んだ彼は 危険千万な落馬も経験して駆け足と習歩を学んだし 手網を一手で取って
おびただしい速力で疾走して鉄砲までうった. 身代わりを一度も使わないまま直接アックションシーンを消化した彼は毎度熱情的に撮影に臨んだ.

“馬に乗るのを初めて学ぶ時は恐ろしかったです. ところがしきりに乗るほど中毒されるんですよ. 仮面の時 適当な緊張感があるのにまた乗りたい気がするようになります. 動物だから安全さを保障することはできません. 遊び器機は安定した状態で他だから緊張感が減るが馬はどこに走るか, その日のコンディションがどうか分からない動物だからもっと緊張されます. 緊張されたらまた乗りたい気がするんですよ. 中毒になると撮影場行く度に ‘今日また走って見るか’ と思いながら行くやいなや馬を捜しました.”

#ダークサークル(?) 化粧法初めには拒否反応?
彼は ‘ノムノムノム’で映画 ‘スウィニートッド’の俳優ジョニー・デップがした悪魔化粧法すなわち, スモーキーメーキャップでチャンイの逆意悪魔性をもっと浮上させた. 目の下にダークサークルを強調して退廃的で悪辣なやつと見えるようにした. そんな扮装を初めてやって見たイ・ビョンホンにどうだったかと質問したら案外の反応が出た.

“そんな扮装… ますます行くほど良いアイディアのようだと思いました. しかし初めには ‘あまり過剰ではないか?’と言う考えに少しの拒否反応がありました. 現実性なさそうだ. 他の俳優たちの衣装と扮装たちもいろいろです. すべての助演, 端役俳優まで衣装が皆統一性ないです. 数えても同じです. 衣装チームが ‘死ぬくそを積むね’ 考えられました. ‘映画がリアリティーがなければ観客たちが沒入だめならばどうか’と言いながら心配しました. しかし実際 1930年代満洲には多様な民族が一団となって無法天下, 取り取りでそのように住んだと言うんですよ.”

#阿洲 ‘悪者’チャンイと似ている点ある?

‘ノムノムノム’は彼に貴い. その間感じて見られなかった表情と言いぐさなどを見つけたからだ. イ・ビョンホンの言葉によれば俳優たちは自分も分からなかった表情を見つける時 快感を感じる. 監督によっても誰によっても自分も分からない面を引き出した時快感を感じると言う. 特に初めて引き受けた悪役である悪いやつ創意は彼に風変りな経験を抱かれてくれ快感をたくさん感じた作品だ. 悪しいことと距離が遠いことのように見えるイ・ビョンホンにも悪漢創意に似ている点がある.

“私が良いやつ悪いやつ変なやつ, 三人のやつ性格をすべて持っているようです. 悪いことの基準は違うが 私にも悪い部分があるんです. 分かるように分からなく私の主だと思ってエゴイスチックな部分があります. 悪いやつの基準があやふやな時があるんじゃないか. チャンイは負けることを死ぬよりももっと嫌やがるキャラクターなのに
そんな部分が似ているようです.
勝負史蹟気質は嫉妬心で誘発されるんですよ. 私にも嫉妬心が多いことみたいです. 理性付き合いにおける嫉妬心, 他人が行けなくはことに対する嫉妬心皆含まれています. ガールフレンドと付き合う時はガールフレンドに何も言わなく嫉妬心を表現します. ‘どこにあったから電話を受けなかったの?’ 根ほり葉ほり聞かなくても直接的に嫉妬心を現わします.”

#私の夢は..良い俳優と言う声を聞き取り, 全盛期永遠だったら
またイ・ビョンホンによれば俳優たちは誰も白鳥みたいな存在たちだ. 1991年にデビューしてもう 17年次に入ったイ・ビョンホン.
出演作が 40編を超えた. 無名時代なしにただ一度の助演を経った後 KBS 帯ドラマ ‘日がのぼる日’の主人公などで青春スター班列に上がった彼はほとんど 17年の間 常に全盛期だった. 常に全盛期を迎えている彼に ‘まだ何かを切望しているのか’と夢に対して気になった.

“俳優が私の生になってしまって個人的な夢が まさに俳優としての夢になったことです. 成しにくい夢であることもできるが 今 俳優として享受する環境と生が 私が俳優を終える日までつながれば本当に良いというのが最大の風です. 私が相変らず映画を選択して多くの人々に ‘本当に良い俳優’という話聞いて ‘あの俳優が映画に出てくれたら良いだろう’と言う話を観客に倦まず弛まず聞くことは大変な事です.
もし今が私の全盛期ならそれを これからずっとひいて出るのはもっと大変な一日ことです. 俳優たちは ‘お前はこの位したらなったの’と言う声を聞くんじゃないか. 何でも手始めと終りがあるのに ‘イ・ビョンホンの全盛期はいつからいつまでこそ’ こんな声が入らなかったらと思います.”

洪庭園 man@newsen.com / ファングジンファン jordanh@newsen.com 2008-07-15 08:02
by kazem2 | 2008-07-15 09:00 | Movie