ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「様(あなた)は遠いところに」  イズンイック監督インタビューより

今度映画を通じて男女間の愛を超越したもっと大きい愛を話したかったし, 20世紀を亡親男性たちを救援する '女性性'に対して言いたかったと言った.

次は封切りを控えて三清洞で会ったイズンイック監督との一問一答.

"周辺に良い映画的同志らが多い. 私は先頭に立って作業をするだけだ. そして私が抑何心情が多い. それでその抑何心情を映画で張り上げる(笑い)."





-あなたの作品を見てからは胸が本当に暖かくなる.
暮してみると毎日向い合う人々にも 無関心な場合が多いのに,
あなたの作品には人間と人間の間に必ずなければならないと考えられる価値たち, 例えば友情, 義理, ゾングガッはものなどがよくとけていてそうするようだ. しかしそんな価値たちを時代劇に大部分盛り出している. 昔の人々の間にそんな価値たちがもっと生きていると思うか?

"西洋文化の中 'クール'一文化がある. 実はクールするというゴッヌン卑怯だ またはシニカルだという話だ. 血の熱い人々がどんなに
クールすることができるか. 私は 'ホット'一人で, クールする振りをしながらする人々をコルボギ嫌いで負担だ. そのため 'オールド'という話を聞いたりするのに, クールする文化がこのごろに入って来た文化人のようだ. 昔の人々がもうちょっと相手に計算なしに献身的だったようだ."

-女性話をしながらベトナム戦を素材で選んだ理由が知りたい.

"ベトナム戦を必ず扱って見たかった. ベトナム戦争 当時町内兄さんたちとおじさんたちが参戦することを見たし, またその時町内に TVと扇風機たちがたくさん入って来た. その TVを通じてヘビー級チャンピオン戦も報告したが, 多分その時が私の自意識の始まる時期ではなかったか思われる. そして男たちの視覚ではない女の視覚でベトナム戦を描きたかった. 21世紀はタルイデオルギー時代で, こちらあちらの方を去ってタルイデオルギーの観点で戦争を眺めたかった.
そうしようとするなら こちらあちらの方でもない女性の立場でその戦争を眺めなければならなかった."

-今度映画を話しながらスエという俳優話なしでは語られない.
'スンイ'というキャラクターを自分にぴったりな服を着たように演技している.

"シナリオを書く時からスエという俳優を念頭に置いて作業した.
映画 '家族'でスエが持っている可能性を見た. スエは本当 '白紙'のように学ぶ. 塗れば原色そのまま出る. 今度撮影をしながらも具体的なディレクションは与えなかった. そのまま 'こんなこんな心情なの'という言葉で簡単に説明した. 学ぶ心情を表現して感情を感じることは観客ではなければならないと思ったからだ. スエは難しがりながらもそんなものなどをよく表現してくれた."

-映画を見れば戍という人物は現実にない女という気がする. ご主人に会うという一念一つで戦場に跳びこむこともすごいのに, その中で結局奇蹟を作り出す.

"すべての男を救援する女だ. ご主人上記をのみならず, 悪しく暮して来たサングマンまでも変える女だ. 現実にそんな女がいると信じることが希望だ. 現実がゲタンスロウォそんな女を尋ねることができないだけであって存在していると信じている."

-あなたの説明を聞いていようとするとスンイはすべての男性たちの
ロマンみたいでもあったのに.

"私の完璧な女性像だと言える. メスとお母さんの心を同時に持っている女だ. 私はすべての男性の初恋はお母さんと思うのにスンイはそんな女だ. もう初めて女性映画を作ったから 3回は作らなければならないようだ. 私も今度映画を作りながら女性性に対してたくさん学んだ. 順序が以外に他の女達話をすると女性性に対してもっとよく分かることができるようだ."

-映画という作業がとても大変な作業なのに, たまに現場で見るあなたの表情は本当にこの事を楽しんでいるという感じがする.

"苦痛は避けずに楽しまなければならないと思う. 苦痛を避ける人には観客を感動させる濃いペーソスが出ることができないと思う. また自分自身が大変だと楽しさを感じる人間だ. 難しいとおもしろいでしょう, 易しいことは楽しさがない(笑い)."

-'千万監督'というニックネームが時々負担になるようだ. 毎作品が出る度にその名前が挙論になる.

"大衆の流れを速断することは傲慢のようだ. 株式が予想どおりなれば株式ではない. 布地だけは私が作るのではなくて観客が作るのだ. それで実はそんな名前に負担を感じるとか大きく気を使わない. むしろ越えなければならない山があるというのがもっと意欲を呼ぶ."

-製作コストを刀のように守ることに有名だが, 撮影してみるともっと
ヨックシムナは瞬間があるようだ.

"私の欲心より重要なのが約束だ. 製作コストは約束で, 約束が芸術より重要だ. 製作コストを守ることは約束を守るためだ."

-せっかく今度夏 韓国期待作たちが零れ落ち始まり観客立場
では楽しみがわく. 最近には 'ノムノムノム'と '様(あなた)は遠い所に'がよく比較されている. 二つの作品が競争しながら得るシナジー效果も大きいようだ. しかし一刻ではそんな競争構図が嫌だったよ.

"どうしてけんか見物が一番面白くないか. お互いに全然違った作品だから比べる味もあって. そして観客たちのために劇場を建てておいたら, 映画作る人々は観客たちの欲求を満たせば良い. 観客たちが好きでシンナーすればそれになったのではないか."
jyl@joynews24.com
by kazem2 | 2008-07-14 11:41 | Movie