ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記者会見より 映画の姿と色

(ソウル=連合ニュース) キム・ジヨン記者 =映画 '良いやつ, 悪者, 変なやつ'(以下 'ノムノムノム')は韓国映画が沈滞を脱することができる突破口で注目された期待作だ.
7日午後言論試写会を通じて公開された 'ノムノムノム'は風変りな素材と汗のにおい濃いアクション, 独特のジャンル, スター俳優たちの熱演が引き立ちながら雪道をぱっと引っぱった.
1930年代満洲. 清の時隠された宝物の位置を描いた地図が発見される. これを占めるため '良いやつ'と '悪者', '変なやつ', すなわち桃源(チョン・ウソン), チャンイが(イ・ビョンホン), 泰で(ソン・ガンホ)が飛びかかる.
♡News naverTV動画 (会見終了後の奴等)





各々満洲原野を号令する固守たちである三人の人は地図をおいて上になったり下になったりしてこれらの後に日本軍と独立軍がくっつきながら追って追い回されるナツメ激戦が続く.

◇あちこちの観戦ポイント ='ノムノムノム'は '静かな家族', '反則王', '長靴, 紅蓮', '甘ったるい人生' など多様なジャンルを渉鮮して評壇と観客の目を集めたキム・ジウン監督の最新作だ.
そして韓国最高のアクター中一人に数えられるソン・ガンホと韓流スターイ・ビョンホン, 花美男俳優チョン・ウソンなど '偉い俳優' 3人が団結したという点も除くことができない魅力ポイントだ.

実際でも三人の俳優は適材適所によく活用された. 特にソン・ガンホの演技は高い境地に上がっている. キム・ジウン監督がセルジオ・レオーネの監督の '夕陽の無法者(The Good, The Bad, The Ugly)'に対する呉馬主としながら "三人の人の中 '変なやつ'を主人公にすればどうかな思った"と言ったように三人の人の中ソン・ガンホの引き受けたテグが一番目立つ役目だ.
他の二人の俳優の使い道も確かだ. イ・ビョンホンは毒毒しい目つきとかなり低い物言いで悪役をこぎれいに演技し出したしチョン・ウソンは言葉を走らせて鉄砲をうつ場面で目をはなしにくい位に派手なアクションを見せてくれる.

除くことができない関心要因は製作コストだ. 純制作費は 174億ウォン. 恐ろしくお金を取るコンピューターグラフィックや大型アクション場面がない韓国映画を作るには 30億ウォンほどが入るから 6倍に近い製作コストが投入されたわけだ.
おびただしい費用と人力が投入された 'ノムノムノム'が興行に失敗すればもう暗鬱な韓国映画界の雰囲気がもっと暗くなることがそらぞらしいからこの映画に映画界内外の耳目が集中されて来た.
結果的に製作コストがどこに入ったのか観客は目で直接確認することができそうだ. 映画の姿と色は今まで韓国映画で珍しい水準だ.
導入部の列車場面を含めて 15分に達する後半部の砂漠前投資信託では目をちらつくこと惜しい位に強烈なアクションとスペクタクルが開かれる.

◇'キムチウエスタン'の登場 = 日帝強制占領期間韓国人が言葉を走らせて満洲原野を横切りながら日本帝国主義者たちを向けて鉄砲や刀を力強く振り回す場面にどんな韓国観客が背を向けることができるか.
イタリア出身レオーネの監督の映画がハリウッドのウエスタンジャンルを拗りながら 'マカロニウエスタン'と呼ばれたようにこの映画は海外言論と映画祭で付けてくれた 'キムチウエスタン'というニックネームに
不足さがない. 適切な時出る軽快な音楽は映画が終わった後にも耳にくるくる回わる.
主人公三人の人は盗賊に設定されていて政治色は最大限減ったが "三面が海である我が国の人が広闊な満洲原野を歩き回る民族的ファンタジーも成すことができないかと思った"と言うキム・ジウン監督の言葉のように国内観客の心を動かすことができるコードが鮮明だ.
"私たちもこんな映画を撮ることができるね"という感歎を導き出した映画は常に成功して来た. 国内最初のブロックバスター 'シュリ'や特別な発想の怪獣映画 '化け物', おびただしい物量の CGが投入された 'デ−-ウォー' などがそうだ.
'ノムノムノム'の一味違うことはこの三つの映画より大きい. 韓国映画の過去と現在, 未来に対する欲望が一所に盛られた 'ノムノムノム'に対して観客はどんな評価を下すか注目される.

17日封切り. 15歳以上観覧可.
cherora@yna.co.kr 2008-07-08 18:43
by kazem2 | 2008-07-08 19:14 | Movie