ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

三清洞カフェ ビョンホンインタビューⅦ-4

ヤヌスみたいな俳優イ・ビョンホンの 1人4色 �自然人イ・ビョンホンの 「たこ」みたいな孤独と傷

アジア経済記事送信 2008-07-04 08:01

「アジア経済新聞苦境席記者」"生きる個人的な生を現わしてはいけないと思います. 俳優が神秘的でいるのは大変な時代だがどの位の領域でも守らなければ観客が作品の中の私のキャラクターに沒入しにくいようです."
イ・ビョンホンを作品外でよく見にくいわけだ. たまに行われる言論媒体とのインタビューでも彼は自分の私生活をよく現わさない. 本音もよく仄めかさない. 一時間のインタビューが終わっても俳優イ・ビョンホンの考えは大まかに見当が可能だが, 自然人イ・ビョンホンはどんな人なのかさっぱり感じ取れない. ただインタビューの間で映る少しの返事を通じて見当をつけるだけだ.

♡KBS「日曜ベスト」で「セリが帰ってきた」が放映された日



韓流スターになった後 鼻が高くなったという視線に対してはどんなつもりだろうか先に知りたかった. 彼は "自分が初心を失わないようにたくさん努力する人と思うが たまにこの前の私は陰も形もないという気がする時がある"と運をテッダ.カンヌでタキシードを着てレッドカーペットを踏んで起立拍手を受けることは映画デビューした時には想像することができない事です. その時は韓流というのが生じたりするなんて思いもよらなかった. あの時の心情でこんな状況に近づいたら多分こんこんと泣いたと思うんです. ところでがそれをあまりにも当たり前のように楽しんでいるこのを見たら 私がたくさん鼻が高くなったなと言う気がしました. 易しくはないがそんな考えをしきりにつぶしてしまおうと思います."

人々はイ・ビョンホンがいつも大きい成功のみを享受して暮したと思えるが彼は必ずそんなことだけではないと言う. 映画デビュー超 '4連続惨敗'という失敗も経験したしお父さんを去って送って個人的なスランプも経験した. 常に初心を維持しようと労力することも過去の自分を忘れないためだ. たびたびではないがたまに中学校, 高等学校同窓たちに会ってお酒を飲んだりするほどに自然人イ・ビョンホンの姿も維持する.

スターの道は常に派手でばかりしたことはない. さびしくて疲れてだるい時も多い. しかし彼は "絶対的なさびしさや孤独をあまり大きく感じない"と言う. "他人達は私の生活を一日でものぞき見ればどんなにあのようにさびしい生活をするかと思うがこれから生活になってしまってほとんど感じることができません. 日常になってしまって感じにくいかけるかもしれないですね."

そんな理由のためか 'ノムノムノム' 広報のためのインタビューでも
イ・ビョンホンはデビュー以後ずっと入って来た結婚に対する質問を何度も受けた. 彼はまだ自分を青春スターで見ると聞き返してうんざりするように不思議に思う. 独身主義者ではないが目にとまる人に会う事ができなかったということが彼の相変わらずの返事だ.
対話がよく通じながら自然な美しさがある女, 尻のきれいな女が理想型という言葉はたぶん十数年間続いて来た古臭い質問に彼が出す自分ばかりの模範答案であるでしょう.

さびしさの「たこ」は芸能人だから経験しなければならない心の「たこ」とともにイ・ビョンホンの両胸に席を取っている. "記事に付いたアックプルを見て芸能人の心を理解するようだというものを言う記者粉記事もありました. それで私がそれは他のことと言いました. 多分私たちが感じることの 10分の 1もならないんですって. 記者は全国民に顔が知られていないでしょう. 受け入れられるのが違います. それでもアックプルをわざわざ捜してみるのではないです. 見にくいでしょう."

さびしさと傷を話す自然人イ・ビョンホンの言葉と '甘い人生' 'ノムノムノム'の俳優イ・ビョンホンが重なるのは無駄な連想だけではないだろう. 映画 '年寄りのための国はない' '名将' 'ユノ' などを最近印象深く見たという彼は "どうしても暗い映画や芸術映画が好きになるようだ"と "しきりに限り方へかたよってはいけないのに"と言いながら笑った.
しかし 'ノムノムノム'を含んで彼の次期作は大部分大衆的な作品だ. 長年の海外撮影あげく彼が国内に帰って来て新しく挑戦する作品はカン・ジェギュ監督が製作する 200億ウォン規模のドラマ 'アイリス'だ.

普段イ・ビョンホンと懇意な間柄であるカン・ジェギュ監督と太原エンターテイメントの情態院代表, 'オールイン'のツェワンギュ作家が集まって磁石のように彼を引き寄せた. 川監督と鄭代表が 1年間イ・ビョンホンを説得した結果だ. イ・ビョンホンはまたすべてのことを留守にして新しい何かを満たすために待っている. 'ノムノムノム'で 'アイリス'まで
ヤヌスのように千変万化したイ・ビョンホンの姿に注目するしかない理由がここにある.
             
by kazem2 | 2008-07-04 09:01 | Movie