ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プレーヤーとビョンホンの契約について

ソウル高裁刑事合意7部(部長判事宋霊泉)は芸能企画社プレーヤーエンターテイメントの価値を脹らました疑い(公認会計士法違反など)に起訴された公認会計士金某さん(40)と所属会計法人に対する抗訴審で罰金刑の原審を壊して無罪を宣告したと 4日明らかにした.
裁判府は判決文で "金さんなどが作成した評価見てからは俳優イ・ビョンホンに支給する手数料を 0%で '家庭'一場合に対する意見技術であるだけ"と言いながら "本家庭判断が虚偽と思いにくい"と判示した.
裁判府はまた "イ・ビョンホンファンクラブ事業の未来収益価値評価においてプレーヤーとイ・ビョンホンが契約した内容にははじめから日本ファンクラブ関連収入に対する配分約定はなかった"と説明した.
金さんなどは 2005年 7月ファントムエンターテイメントから引受対象であるコスタック上場企業プレーヤーの価値を評価する職務を委任受けて評価しながら所属芸能人であるイ・ビョンホンのファンクラブ加入費収入の中でイ・ビョンホンに支給する手数料を 80%ではない 0%に算定して会社価値 22億ウォン相当を脹らました疑いに起訴された.
1審裁判府は演技者手数料が 80%にも 0%であるのように虚偽に算定したと金さんと所属会計法人にそれぞれ罰金 2000万ウォンを宣告した.
kem@newsis.com 2008-07-04 06:02
by kazem2 | 2008-07-04 08:04 | News