ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三清洞カフェでのインタビューⅥ

ハリウッドで羽ばたき, 演技に近道はないです
[フォーカス新聞社 2008-07-02 21:24:57]

■ 映画 ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ’ イ・ビョンホン

大変だった撮影, カンヌレッドカーペット踏む瞬間すっきりした

悪者は孤独なやつ? 踊る場面が一番印象的

“‘ノムノムノム’は商業映画ながらも作品の色を締めていかす独特の映画です.”
カンヌ映画祭を通じて韓国映画の位相を高めた俳優イ・ビョンホンが
グローバルスターに向けた力強い羽ばたきを始める.
キム・ジウン監督の新作 ‘良いやつ, 悪者, 変なやつ(ノムノムノム)’から ‘悪者’ チャンイを演技したイ・ビョンホンは映画封切り
(17日)が切迫したにもかかわらず 忙しい中にも物静かな表情で
インタビューに臨んだ.





‘悪者’ チャンイは鬼みたいな実力を誇るマゾックペ親分で物質よりは名誉を重要に思うキャラクター. ‘悪者’ 以外に他の修飾語を付けることができると問ったら ‘孤独なやつ’ ないし ‘寂しいやつ’と返事する.

“‘良いやつ’と ‘変なやつ’とは違いチャンイは連中とともに暮らします. しかし彼らよりもっとさびしい存在で描かれます. 最高になるために命を出して荒く走る男であるせいです. 演技して見ると
なんとなく可哀想だという気がしますね.”

馬に乗る演技をする前に足が折れるなど ‘ノムノムノム’はいろいろな苦労があって完成した映画だ. それほど記憶に残る場面も多い.

その中でも地図を引き抜きなさいと糸を引いた日本 岡っ引きをとり除いた後 ‘Moonlight Serenade’に合わせてダンスをする
場面が印象的だ. “人々は自分が死なないと思う”と言うせりふの中にチャンイの哲学が盛られているということを悟った.

“映画の初撮影分だったです. 岡っ引きを殺して彼の財産を見回しながら部下たちにつっけんどんに指示を下す場面です. その短い場面にチャンイの多様な色がすっかり盛られていますね. 無慈悲, 物欲, ミョングイェヨック, 自尊心言葉です. この部分を取るやいなやチャンイに確かに近付いたという感じがしました.”

イ・ビョンホンは ‘ノムノムノム’が去る 5月カンヌ国際映画祭非競争部門に招請されながらレッドカーペットを踏む光栄を享受した. カンヌ舞台は 2005年キム・ジウン監督の ‘甘い人生’に引き続き二回目だ.

“俳優が映画を撮ろうとすれば苦労をたくさんするんじゃないか?
カンヌレッドカーペットを踏む瞬間その記憶がきれいに消されます.
記者たち, 関係者たち, ファンに手を振って俳優になってよかったという考えをするようになります. 本当にぴりっとします(笑い).”

彼は ‘ノムノムノム’を含めた多数の作品を撮影してほとんど 1年以上を外国で送った. エネルギーが枯渇する頃, 先月中旬頃やっと韓国に入って来て短いが甘ったるい休息を行った

“外国でアパートを借りたが TVが良くなくて映画が見られなかったのです. 映画が好きだからまともに見るためにわざわざ見なかったんです. 韓国へ来るやいなや DVDを求めてしっかり見ました. 元々休む時映画見るのを好きですよ.”

カンヌを通じて外国舞台でも認められたイ・ビョンホンは新作 ‘私は雨降って一緒に行く(I come with the rain)’と ‘(G.I.Joe)’でそれぞれ香港暗黒街親分 ‘ス・ドンポ’と忍者 ‘ストームシャドー’を引き受けてハリウッドにも入城する.
俳優としては夢の舞台に立つわけだがチォッスルから満腹なつもりはない. もっと大きい舞台に出て名声が上がることは要領や運ではない実力で成さなければならないというのが彼の演技哲学だ.

“ストームシャドーは深い演技が必要ない単純なキャラクターです.
どうしてこんな役を引き受けただろうかといぶかしがるファンもいらっしゃるが初ボタンを雄大に挟むのは虚荒された欲心だと思います.
ゆっくり行っても確かにしますよ. 演技には近道がないでしょう?”

■ ‘ノムノムノム’の魅力ポイントです?

“‘ノムノムノム’の魅力ポイントは老若男女が楽しめる映画でしょう!”

人々は本土のウエスタンムービーが動的だと思うがいざのぞき見ればむしろ反対です. ‘荒野の決闘’ 場面を思い浮かんで見てください.
オリジナルウエスタンムービーがいくら静寂なのか共感が街ですか?

東洋のウエスタンムービーである ‘ノムノムノム’はよほど動的です. 映画を見ると終始 ‘疾走’という単語が浮び上がるゾングドラだから. ここに 1930年代満洲を歩き回った多様な民族が登場してふんだんな見どころを提供します. 活劇が好きな青少年たちにぴったりですよ.

西部映画に郷愁をおさめた 30~50代も好きに値します.
ウエスタンムービーの喉の渇きを満たしてくれるチォングギョックシン, 追撃シーンなどヌンヨギッゴリが多いんですよ. ソン・ガンホ, チョ・ウソンと私が出演した初映画という点を期待する方々も多いですね.
一言ですべての年齢帯が面白く楽しむことができる愉快な映画人のつもりです(笑い).

♡私はこのインタビューが一番好きですね
何回もインタビューを受けて ちょっと慣れてきた頃だったのでしょうか
あのムーンライトセレナーデに合せてダンスをするのですね^^
そしてチャンイのことを「寂しい奴」「孤独な奴」と言っています
私には 「気品と哲学」のニオイがしました
今までのレビューからいうと とてつもない「悪」らしいですが
ジウン監督とビョンホンの作品「チャンイ」をみるのももうすぐです
♡またまた衣装が変わっています
by kazem2 | 2008-07-03 17:33 | Movie