ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

俳優 イ・ビョンホン 三清洞カフェインタビューⅠ

♡ポスター撮影現場(今までに何回も見た映像です)
2008-06-30 17:10

彼に去る 1年が新しい挑戦の時期だったら 'ノムノムノム'から始まるこれからの 1年は収獲をおさめる時期だ. 'G.I.JOE'のチェッコプラハ撮影を終えた 3週の前まで 1年の大部分を海外で過ごした
イ・ビョンホンと 30日三清洞の一カフェーで対座した.
韓国映画史上最高である 170億余ウォンの製作コストをかかった 'ノムノムノム'はイ・ビョンホンには '甘ったるい人生'に引き続きキム・ジウン監督を経験した 2番目映画だ. 韓国映画でめったに捜しにくい西部映画ジャンルのうえ彼の引き受けた役は初めて引き受けて見る悪役. ここにソン・ガンホ, チョン・ウソンみたいな名うての俳優たちと一緒に呼吸を合わせることやっぱり易しくない経験だった.





期待と負担になることが交差しそうな 'ノムノムノム'に対して彼は "楽しいように取ったから観客たちも楽しみがわくように見ること"と自信した.

イ・ビョンホンは "重要なことは映画を見た人々が感じる満足感の大きさ"と言いながら "苦労をたくさんしながらも楽しいように撮影した映画人位観客たちも面白く楽しむことができると信じる"と言った.

◇ "キム・ジウンに対する信頼が出演決めた理由" = 'ノムノムノム'は 1930年代満洲原野を背景で列車強盗犯泰で(ソン・ガンホ), 悪辣な馬賊窓が(イ・ビョンホン), 冷徹なチォングザブが桃源(チョン・ウソン)が宝物をおいてする追撃戦を盛る.

テグと桃源はそれぞれ '変なやつ', '善良なやつ'であり彼の演技するチァングイは '悪者'だ. イ・ビョンホンとしてはその間経験して見られなかった悪役だったことが出演のためらうようにしたきっかけになった.

イ・ビョンホンは "して見られなかった演技なので悩みはなったがキャラクター設定でキム・ジウン監督が持つ長所に対する信頼が大きかった"と "現場で監督と充分に相談してキャラクターを捕えて連れ行ったし足つきや目つき一つ一つチャンイの姿で変えた後には特別な設定なしに現場の感じどおり演技した"と説明した.
彼はチャンイの毒毒しい目つきで一年の間を過ごして行って自分のトレードマークである善良な目つきが消えなかっただろうか心配になると言った.

彼は "撮影が終わった後にも一年の間は 'この前の善良な目つきが消えて毒毒しい目つきだけ残った'と言う話をたくさん聞いた"と "こんなにしていてこれからは悪役さえ入って来たらどうするが, 数少ない長所中の一つの先限目つきが消えてしまったことではないのかと心配したりした"と謙遜な冗談を投げた.

◇ 殺人的スケジュール…楽しい撮影場 = 'ノムノムノム'は '私は雨降って一緒に行く'と似ている時期に撮影された. '私は雨降って一緒に行く'の撮影が遅くなったのが理由だった. 'ノムノムノム'の撮影地が中国西部のドンファングだったから '私は雨降って一緒に行く'の撮影地である香港までは飛行機を 2~3番(回)は乗り換えなければならなかった. イ・ビョンホンは撮影期間 6番(回)をこんなに行ったり来たりして忙しいスケジュールを消化しなければならなかった.

イ・ビョンホンは "体力的に限界に至るほどに手に余った"と言いながらも "'ノムノムノム'の撮影場では映画外的難しさがあんまり多くて俳優・スタッフたちキリは楽しくうまく行った"と言った.

"初めには俳優たちの間に気力の戦いがいると思ったが実際に現場に来て見たら私たちどうしあまりよく団結するようになるはずです. 黄砂も避けなければならなかったし空が正常していながらも急に雨風が零れ落ちる天気にも適応しなければならなかったんですよ. 時間が経つほど皆元気に撮影が無事に終わったらと思う考えだけしたんです."

撮影中大変だったことは天気だけではなかった. 馬に乗って演技をすることも難しいのにあちこちに設置された爆弾を避けて追撃戦を広げなければならなかったし同時に火薬を爆発させて鉄砲をうつ延期をしなければならなかった. 撮影の中でチョン・ウソンは馬から落ちて腕が折れたりした.
"爆弾が爆発すれば瞬間走った言葉がひょろひょろするんですよ. そんな時は力の限り言葉鞍にくっついているしかないです. 私が臆病で必ず鞍をつかんだおかげさまで負傷を避けることができたようですね.

◇ "韓国映画現場特有の認定懐かしくて" =='私は雨降って一緒に行く'と 'G.I.JOE'までイ・ビョンホンは韓国とハリウッドの現場をほとんど同時に経験した珍しい経験をした.

彼は "長所も多いがすぎるほど合理的な方式のため韓国の本当にあふれる現場が懐かしかったりした"と言った. "時間に対する強迫観念が度が外れてむしろ息苦しい感じがした"と言う説明がつながった.

彼は "私の時間の内に決まった予算で取ることは良いが合理的なことが度が外れて非人間的に感じられるほどだった"と "'ノムノムノム'は韓国映画市場が良くないから俳優たちが出演料の一部をランニングギャランティーで返してもらったりしたがこんな点がすぐ韓国映画特有のクンクンハムのようだ"と説明した.
彼は "シエナミラーやチェニングテイタムみたいな俳優たちは先に近付いて嬉しく抱えこんでくれて腕組みもするほどに物腰がやさしい性格なので親しくなりにくくなかった"と "のように働いた俳優たちと親しくなることはしたが韓国俳優たちのように心を打ち明けるほどに親しくなることは易しくなかった"と付け加えた.

"初めてハリウッドへ行った時には友達の家に遊びに行った子供のようになんだか分からなく気が引けたが自由に働くと良い演技が出ることができるという考えをしました. 'これがまさに私の舞台だ'と絶えず心を引き締めたんでしょう"

bkkim@yna.co.kr
この写真は今晩12:00までUPしています
今日のビョンホンです♡
ケンチャナョ!眼差しは前にもまして 素敵です♡
by kazem2 | 2008-06-30 14:30 | ragazzo