ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Movie week インタビュー イ・ビョンホン

真摯な熱情を解くことは悪いやつイ・ビョンホン
♡Movie week korea 3人の画像をクリックすると記事がでます
イ・ビョンホンの顔活溌な骨格が顔の緊張を作る. 海外撮影場を手まめに行き交った跡が銅色で積もったから, <甘い人生> の時よりもっと強靭な機運が発散されている. ほほ笑みをすれば雰囲気は 180度変わる. 強さと親切さが格好よく均衡を成す顔は今まで積んで来た外剛内柔(外剛内柔) イメージそのままだ. まあまあの程では崩れない見かけ中にどの ‘良い, 悪い, 変な’ ものなどがどんな割合で隠れているか易しく判断が立たない.

♡男VS男 YTN News





気迷いの時間イ・ビョンホンは 、<甘い人生> 時キム・ジウン監督と分けた ‘甘ったるい’ 瞬間を忘れることができない. “ディテールを通じてキャラクターを構築して行く” 監督に完全に惚れた. <甘い人生>が終わってメロウを一緒に作業する想像図 (ひとり) ちょっとやって見た. しかしキム・ジウン監督の突き出したジャンルはウエスタンだった. 心配を急きまくってする性格である彼はもう主演が決まった映画の中間合流が大丈夫か, 何月の間続けるロケ撮影及び乗馬アクションを手におえることができるかこっそり恐ろしかった. ちょっとためらったが結局は ‘イエス’だった. キム・ジウン監督を信じる事にした.

酷く笑わせる悪役チャンイが外貌に対するディテールは期待以上だった. 現場へ来れば髪の毛を付けた後スモーキー化粧をすることに常に一時間がかかった. 俳優としては, 強い男と甘ったるい男を主に行き交った彼に ‘絶対悪役’という宿題が生じた. 普通はキャラクターの心理を把握するのが先にだったが <ノムノムノム>のチャンイはそんな必要がなかった.

“チャンイは何か深い事情があって悪人になったのではなく元々悪いやつだ. とても外向的な悪人だと言えるか. ところが <ノムノムノム>は楽しいように走りながら笑って楽しむ映画だからキャラクターに深く掘り下げれば映画に性格とかなわない. この映画は悪い奴が映画中で悪いことをしていたって観客たちがくすくす笑ってみなければならない映画だ.”

そんなにして, 事前準備が徹底的なのに有名だったイ・ビョンホンの方式に少しの割れ目が生じた.

“撮影する状況の中で私が持って行かなければならない感情をあらかじめ研究しないで現場でそのままぶつかり次第にして見ながら私も監督も期待することができなかった表現が作られた. 予想できない生物の感情表現がキャラクターを形成して行くのに大きい助けになった.”

イ・ビョンホンはモニタリングをしてずっと新しい表現法を再発見した. まだ見つけることができなかった自分を悟る瞬間でもあった. 死闘の真ん中でも笑わせることができるキム・ジウン監督のユーモアスタイルがイ・ビョンホンの閉まった心を開いた. ‘悪い奴がなく素敵なやつ’という言葉も当たるが, それより ‘地一人で真摯なやつ(それで笑わせたやつ)’がもっと当たるかも知れない.

“しつこく生き残る泰で, 懸賞金が目的な冷血した桃源は皆現実的だ. ところでチャンイは生き残りにくい時代に名誉を夢見るアイデアリストだ. 自尊心一つで堪えながら物質より名誉を追い求める.”

説明を聞くほど判断がつかない. チャンイは本当に悪いのか, それはが?

事実はその男, 無謀だ自尊心一つで堪えるアイデアリストを ‘悪者’で表現したら, イ・ビョンホンは明確に ‘悪い’ 範疇だ. 去年から彼を中心に三つの映画が帰っている. まず <ノムノムノム>を及ぼしたように取ったし, 出るという中紅の合作映画 <I come with the rain>を香港で, シエナミラー相手先悪役で登場する 撮影をプラハで引き続いた.

“映画三本を一番(回)に決めながら ‘もう分からない. ぶつかって見よう. いつして見るのか’ する心だったが, 結果物と関係なく終わらせて感じたのがこんな無謀なスケジュールは本当に大変だという点だ.”(笑い)

眠れなくて参加したカンヌ国際映画祭 <ノムノムノム> 上映が終わって涙ぐむ理由も事実は疲れてからだった. これは熱情と好奇心の対価だ. ハリウッド進出に対する欲心よりは ‘以上’を実現しようとする心がもっと大きかった.

“その間選択した映画たちもだしぬけだという反応が多かった. おびただしい経験を支払いながら得た教訓は, 私が行かなければならない道ではないような作品を選択することを恐れない, これからの道を決めるのに不安に思わないのだ.”

ドラマの成功で ‘韓流スター’と言う(のは)名前を得るようになったが, 一方彼の映画たちは ‘俳優イ・ビョンホン’ウルゼバルギョンするきっかけを作っている. これからまたどんな光栄の捜査がイ・ビョンホン名前の前に付くようになるか? 自らは自分の限界を敢えて判断しないようとする. それでイ・ビョンホンはいつも勇敢だ. 洪水頃記者
by kazem2 | 2008-06-27 18:06 | ragazzo